STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
サカイマキ

坂井真紀

メディアMEDIA

TV

2017年10月スタート
毎週火曜
22:00~
「監獄のお姫さま」
TBS
公式サイト

2017/09/02(土)スタート
毎週土曜
20:15〜20:43
土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」
NHK総合
公式サイト

2017/07/30(日)
12:00~13:00
「ウチくる!?」
フジテレビ

DVD

「はじめまして、愛しています。」
発売日:2017/01/18(水)
価格:DVD-BOX 19,000円(税抜)
発売元:株式会社テレビ朝日
販売元:株式会社ポニーキャニオン

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
発売日:2016/12/14(水)
価格:Blu-ray通常版 4,800円(税抜)/豪華版 7,800円(税抜)
価格:DVD通常版 3,800円(税抜)/豪華版 6,800円(税抜)
発売元:アスミック・エース
販売元:東宝

「偽装の夫婦」
発売日:2016/04/06(水)
価格:Blu-ray BOX 22,000円(税抜)/DVD-BOX 17,200円(税抜)
販売元:バップ

「破裂」
発売日:2016/03/16(水)
価格: DVD-BOX 15,200円(税抜)
販売元:ポニーキャニオン

「赤めだか」
発売日:2016/03/09(水)
価格:Blu-ray 4,800円(税抜)/DVD 3,800円(税抜)
販売元:TCエンタテインメント

「永遠のぼくら sea side blue」
発売日:2015/10/21(水)
価格: DVD 3,300円 (税抜)
販売元:バップ

「かなたの子」 
発売日:2015/11/20(金)
価格:DVD2枚組7,600円(税抜)
販売元:カルチュア・パブリッシャーズ

「KANO~1931 海の向こうの甲子園~」
発売日:2015/08/05(水)
価格: Blu-ray 5,184円(税込) /DVD 4,104円(税込)
販売元:アニプレックス

「サイレント・プア」 
発売日:2015/07/24(金)
価格: DVD3枚組 11,400円 (税抜)
販売元:NHKエンタープライズ

「ごめんね青春!」
発売日:2015/06/03(水)
価格:Blu-ray BOX 24,000円 (税抜) /DVD-BOX 19,000円 (税抜)
販売元:TC エンタテインメント

「怪奇恋愛作戦」
発売日:2015/04/15(水)
価格:Blu-ray BOX 20,520円(税込)/DVD-BOX 16,416円(税込)
販売元:東宝

MAGAZINE

2017/10/07(土)
「ミセス」11月号

2017/09/28(木)
「GLOW」11月号

2017/09/07(木)
「ミセス」10月号

2017/8/28(月)
「GLOW」10月号

2017/07/28(金)
「GLOW」9月号

2017/06/28(水)
「GLOW」8月号

2017/06/12(月)
「HERS」7月号

2017/05/27(土)
「GLOW」7月号

2017/05/06(土)
「大人のおしゃれ手帖」6月号

2017/04/27(木)
「GLOW」6月号

2017/03/28(火)
「GLOW」5月号

2017/02/28(火)
「GLOW」4月号

2017/01/28(土)
「GLOW」3月号

2016/12/27(火)
「GLOW」2017年2月号

2016/11/28(月)
「GLOW」2017年1月号

OTHER

「GEKI×CINE TIME<ゲキ×シネ タイム>」
坂井真紀出演作品:「髑髏城の七人~アカドクロ」
2016年4月より「ゲキ×シネ」全14作品を映画館で、毎月1回上映予定
公式サイト

ニュースNEWS

TV

坂井真紀 ドラマ「監獄のお姫さま」出演決定!

坂井真紀が、10月スタートのドラマ「監獄のお姫さま」(TBS)に出演することが発表された。

同作は、人気脚本家・宮藤官九郎が満を持して手掛ける、女子刑務所という過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇。

罪を犯した5人の女たちと、罪を憎む1人の女刑務官という決して相容れないはずの両者の心が通じた時、ある男への復讐が始まる・・・!!しかし、そのリベンジ計画はまさかのハプニングばかり!?
罪を犯してしまった、生きることに不器用な人間たちの切なさや悲しさを、時に笑えて、時に泣ける人間ドラマとして描くとともに、「人はなぜ生きるのか?」「幸せってなんだろう?」という真面目なテーマを、面白く、明るく、そして 深く問いかける。

坂井は、詐欺と横領で服役している大門洋子を演じる。

ドラマ「監獄のお姫さま」は10月よりTBSにて毎週火曜22:00~放送。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
物語は、5人の女がある大企業のイケメン社長を誘拐するところから始まる。当初、何が目的なのか、5人はどういう関係なのか、すべてが謎に包まれたまま・・・。
しかし、次第に明らかになる社長の過去。彼は愛人を殺した殺人犯だった。社長誘拐計画は、その殺人の真相を暴き、まだ刑務所にいる前社長の娘の冤罪を晴らすためのものだったのだ。
しかし、復讐は彼女たちが計画した通りに進まない。さまざまなハプニングが起こり、そのたびにパニックに陥る5人の女。それでも、それぞれの得意分野を活かして、なんとか軌道修正を図っていくが・・・。
時はその6年前、一人の女が新しくできた女子刑務所に入所してきた日に戻る。彼女の名前は、馬場カヨ(小泉今日子)。罪状は、不貞を働いた夫を刺した殺人未遂だ。
カヨが生まれて初めて経験する女子刑務所。そこは後悔、嫉妬、羨望、罪悪感・・・さまざまな思惑が交錯する場所だった。そこで彼女が出会う一筋縄ではいかない女たち。足立明美(森下愛子)は違法薬物不法所持。勝田千夏(菅野美穂)は所得隠しと巨額の脱税。千夏は刑務所のリーダー的存在だ。大門洋子(坂井真紀)は詐欺と横領。そして江戸川しのぶ(夏帆)。しのぶの罪状は殺人だったが・・・。
5人は、それぞれにイタイ女だが、可愛くて可哀想なところもあった。
そんな彼女たちを見守る厳格な刑務官にして教官、若井ふたば(満島ひかり)。罪を憎んで生きてきたふたばは、このイタイ女たちを立ち直らせるべく、厳しくさまざまな教育を施す。しかし5人と接しているうちに、冷たく閉ざされていたふたばの心がだんだんと開かれ、人としてはダメだが魅力的な彼女たちに気持ちを奪われていく・・・。
当初は、周りに馴染めずにいたカヨだが、リーダー的存在の千夏との関わりから、だんだんと仲間意識が芽生えていく。そして誰とも交わらず、常に1人で行動しているしのぶの実情を知る。実は、しのぶは冤罪で服役しているというのだ。冤罪なんて許せない・・・カヨは、出所後4人で集まってしのぶの冤罪を晴らす復讐計画を立てる。そして、ふたばもその計画に加わることに!
6人の女たちが送る、“おばちゃん犯罪エンターテインメント”!! 果たして、女たちのリベンジ計画はうまくいくのか?
(敬称略)
  • はてなブックマーク

TV

坂井真紀 ドラマ「はじめまして、愛しています。」親子試写会・舞台挨拶!

坂井真紀出演ドラマ「はじめまして、愛しています。」親子試写会・舞台挨拶が、7/11(月)に行われ、共演者とともに坂井が登壇した。

同作は、日本に実在する特殊な養子制度を題材に“本当の家族とは何か”という普遍的なテーマを描く物語。家族の形が見えにくくなっている現代だからこそ「家族で見てほしい」いまだかつてないホームドラマをお届けする。

それは、子どものいない夫婦が、親に捨てられた見ず知らずの5歳の男の子を自分たちの子どもにしようと決断し、“本当の家族”になろうと奮闘する6カ月の物語。男の子は笑わず、しゃべらず、名前もない。一切の感情を失くした子どもに他の大人たちが苦慮する中、なぜか夫婦は彼とコミュニケーションが取れる唯一の方法を持っていた。これは奇跡か、それとも運命か…。戸籍上、本当の親子として認められるこの養子制度には、タイムリミット、試験期間、裁判による審議など、まるで「本当の親子になるためのテスト」のような難題が数々設けられている。挫折続きのピアニスト妻・梅田美奈(尾野真千子さん)と、自他ともに認めるお人好し夫・梅田信次(江口洋介さん)は、この課題をクリアしようと七転八倒。そんな、もがきながらも前進し続ける愛すべき夫婦の姿を、遊川和彦さんがユーモアたっぷりに描き出す。

坂井が演じるのは、信次の妹で、8歳の娘に過干渉な母親・不破春代。夫への興味はとうにない。おしゃべりで人に取り付くのがうまく、美奈にも母の見舞いをしばしば代行させている。親子は同じを持っているからこそ愛せるという持論を展開し、血のつながらない子どもを養子にしようとする美奈に自尊心とおごりをチラつかせる。

親子試写会後に行われた舞台挨拶ということもあり、子どもたちの声援も混じる中、坂井は、「皆さま、今日はありがとうございます。私は信ちゃんの妹の春代を演じます。お嫁に行っておりますので“不破”春代です。よろしくお願いします。」と挨拶。

物語にちなみ、愛情表現について普段から心掛けていることを聞かれると、「私は“ありがとう”という感謝の気持ちや挨拶を目を見て伝えるようにしています。目を見て伝えると愛が伝わるのではないかと思います。」と話した。

舞台挨拶は、夏祭りをイメージして作られたセットで行われ、終盤には登壇者と会場に集まった子どもたちが一緒にヨーヨー釣りを楽しむなど、和やかな雰囲気のうちに幕を閉じた。

ドラマ「はじめまして、愛しています。」は、テレビ朝日系にて7/14(木)より毎週木曜21:00~放送!ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1996年
「ユーリ」
1997年
「OL忠臣蔵 Cyu~Shin~Gura~むかつくぜぃ!~」
 
「ご存知!ふんどし頭巾」
2004年
「君のままで」(ショートフィルム)
 
「怪談新耳袋 劇場版[残煙]」
 
「歌舞伎町案内人」
2006年
「青春☆金属バット」
2007年
「探偵事務所52ndシーズン」(ネットシネマ)
 
「フリージア」
 
「プルコギ」
 
「赤い文化住宅の初子」
 
「ドルフィンブルー・フジ もういちど宙へ」
2008年
「病葉流れて」
 
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
 
「ビルと動物園」
 
「死にぞこないの青」
 
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」
※第18回 日本映画批評家大賞助演女優賞受賞
※第23回 高崎映画祭特別賞受賞
 
「ノン子36歳(家事手伝い)」
2009年
「THE CODE/暗号」
 
「私は猫ストーカー」
2010年
「人間失格」
 
「ゲゲゲの女房」
 
「スープ・オペラ」 
 
「ACACIA」
2011年
「犬とあなたの物語 いぬのえいが」
 
「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
2012年
「その夜の侍」
2013年
「その後のふたり-Paris Tokyo paysage-」
 
「中学生円山」
2015年
「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」
2016年
「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

TV

1992年
「90日間・トテナム・パブ」(CX)
1993年
「ダブルキッチン」(TBS)
 
「お茶の間」(NTV)
 
「ポケベルが鳴らなくて」(NTV)
1994年
「長男の嫁」(TBS)
 
「海が見たいと君が言って」(CX)
 
「私の運命」(TBS)
(〜1995)
1996年
「ひと夏のプロポーズ」(TBS)
1997年
「ベストパートナー」(TBS)
1998年
「世紀末の詩」(NTV)
1999年
「てっぺん」(ANB)
2001年
「ココリコミラクルタイプ」(CX)
(〜2007)
2001年
「長良川巡礼」(NHK)
2003年
「恋は戦い!」(ANB)
 
「劇団 演技者。」『いい感じに電気が消える家』(CX)
2006年
「てれび絵本」(NHK教育)
※ナレーション
2007年
「去年ルノアールで」(テレビ東京)
2008年
「エジソンの母」(TBS)
2008年
「ミチコとハッチン」(CX)
2009年
連続テレビ小説「ウェルかめ」(NHK)
(〜2010)
2010年
「八日目の蝉」(NHK)
2011年
「屋上のあるアパート」(TBS)
2012年
『向田邦子 イノセント「隣りの女」』(WOWOW)
2012年
「リセット~本当のしあわせの見つけ方~」(TBS・MBS系)
 
「イロドリヒムラ」(TBS)
2013年
第30弾特別企画「まほろ駅前番外地」(テレビ東京系列)
 
「ラストホープ」(CX)※第5話
 
ドラマ10「いつか陽のあたる場所」(NHK総合)※第6~7話
 
「猫弁と透明人間」(TBS)
 
プレミアムドラマ「人生、成り行き 天才落語家・立川談志 青春疾風録」(NHK-BS)
 
プレミアムドラマ「人生、成り行き 天才落語家・立川談志 ここにあり」(NHK-BS)
 
連続ドラマW「かなたの子」(WOWOWプライム)
2014年
ドラマ10「サイレント・プア」(NHK)
 
日曜劇場「ごめんね青春!」(TBS)
2015年
ドラマ24「怪奇恋愛作戦」(TX)
 
赤と黒のゲキジョー ドラマスペシャル「黒い看護婦」(CX)
 
土曜プレミアム『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』(CX)
 
スペシャルドラマ「永遠のぼくらsea side blue」(NTV)
 
オムニバスドラマ「恋愛あるある。」(CX)
 
「洞窟おじさん」(NHK BSプレミアム)
 
「偽装の夫婦」(NTV)
 
土曜ドラマ「破裂」(NHK総合)
 
「赤めだか」(TBS)
2016年
「はじめまして、愛しています。」(EX)

STAGE

1993年
「クックドゥードゥルドゥー田所家の人々」
演出/栗山 民也
2002年
「竹中直人の会 月光のつゝしみ」
演出/岩松 了
2004年
「髑髏城の七人アカドクロ<劇団☆新感線>」
演出/いのうえ ひでのり
2005年
「センセイの鞄」<コココロコーポレーション>
演出/久世 光彦
2006年
「トリデ~砦~<劇団ダンダンブエノ>」第5回公演
演出/山西 惇
2007年
「ゆらめき<ペンギンプルペイルパイルズ>」第12回公演
演出/倉持 裕
 
「NYLON100℃わが闇」
演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
2008年
「THE SHAMPOO HAT第22回公演 立川ドライブ」
演出/赤堀 雅秋
 
「NYLON100℃ シャープさんフラットさん」
演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
2009年
「夜の来訪者」
演出/段田 安則
 
「バンダラコンチャソロアルバム公演 相思双愛」
演出/近藤 芳正・桑原 裕子
2010年
「月影番外地その2 ジェットの窓から手を振るわ」
演出/木野 花
 
「劇団☆新感線30周年記念興行 鋼鉄番長」
演出/いのうえ ひでのり
2013年
ナイロン100℃結成20周年記念企画第三弾
ナイロン100℃ 40thSESSION 「わが闇」(再演)
演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 
パルコ劇場40周年記念公演
「大パルコ人 バカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』」
作・演出/宮藤官九郎

RADIO

2007年
東京FM「inside story」
(〜2010)

BOOK

1996年
「ぴかぴかのへそのゴマ」
(角川書店)
1998年
写真集「CUPID」
(ワニブックス)
2005年
「マンモスマモタン」ビデオブック
(主婦の友社)

PV

2006年
パク・ヨンハ
「君が最高!」

pagetop

page top