shadow
ミルク

M!LK

メディアMEDIA

INFORMATION

スターダストファンクラブサイト「STARDUST WEB」では『WINTER PROJECT 2020-2021』を開催中!
開催期間は、2021/01/31(日)まで!ぜひチェックしてください。

▼詳細はこちら
WP2021

SCHEDULE

ボーカルダンスユニット『M!LK』として活動中!
公式サイト:http://sd-milk.com
公式Twitter:https://twitter.com/milk_info
公式ブログ:https://lineblog.me/sd_milk/

ニュースNEWS

SINGLE

M!LK 3月24日に 丑年第一弾シングルリリース決定!アーティスト写真も解禁!!

M!LKが3月24日(水)に丑年第一弾シングルをリリースすることを本日1月17日に行われた「M!LKメンバーと一緒に見よう!『SWEET CHRISTMAS ~GO GO 2021~ 』実況生放送」にて発表した。

“変幻自在のコラボレーションシングル”と銘打った本作には、年齢・ジャンルを問わないトップクリエイターによる提供楽曲が収録される。
M!LKが素材となり楽曲の世界を表現をする、という新たな試みは、楽曲ごとにイメージを変える、何者にも染まるM!LKの本領発揮が感じられる内容に。クリエイターは順次発表となっていく。

特典映像は、初回限定盤にはジャケット撮影、MV撮影風景のメイキングが収められ、FC限定盤には爆笑必至の撮り下ろしコンテンツが収録予定。
また、FC限定盤にはランダムで必ずメンバー直筆のサイン入り生写真が1枚、特典として付くということだ。
アーティスト写真も解禁され、夜のバスの中、浮かび上がる大人な表情が目を引くアーティスト写真となっている。

M!LKメンバーと一緒に見よう!『SWEET CHRISTMAS ~GO GO 2021~ 』実況生放送は1月31日23時59分までタイムシフト視聴が可能となっているので、気になった人は要チェック!

M!LKメンバーと一緒に見よう!『SWEET CHRISTMAS ~GO GO 2021~ 』実況生放送アーカイブ放送
https://live.nicovideo.jp/watch/lv329884205

商品情報
タイトル:「未定」
発売日:3月24日(水)
全形態共通特典:全12種類のトレカから1枚ランダム封入

初回限定盤
品番:ZXRC-1242
形態: CD+DVD
価格:税抜2200円/税込2420円

通常盤
品番:ZXRC-1243
形態:CD
税抜1000円/税込1100円

FC限定盤
品番: ZXRC-1244
形態: CD+DVD+サイン入り限定生写真
価格:税抜3000円/税込3300円

オフィシャルサイト
https://sd-milk.com/
  • はてなブックマーク

LIVE

M!LKのクリスマスパーティー&大忘年会を開催! M!LK YEAR(=丑年)となる2021年の春には東名阪ツアーも決定!!

M!LKが12月26日(土)に今年4度目となるオンラインライブ「SWEET CHRISTMAS ~GO GO 2021〜」を開催し、ニコニコ生放送にて生中継も行った。なお、本公演はメンバー最年少で高校3年生の曽野舜太が学業専念のため欠席。佐野勇斗、塩﨑太智、山中柔太朗、吉田仁人の4名でのパフォーマンスとなった。

シリアスな表情のハードなソロダンスで始まったクリスマス&年忘れライブは、春、夏、秋と行ってきたオンラインライブと同様に遊び心や仕掛けが満載で、コンセプチュアルな構成となっていた。メンバーは6月に開催された初のオンラインライブ「M!LK ONLINE CHU??」の衣装を身に纏い、10月に行われた「SEXY HALOWEEN〜WHO IS VAMPIRE〜」の小道具だったドラキュラのマントや赤い布、鎖や鞭などを使用。これまでのオンラインライブと地続きであることをしっかりと示し、クリスマスパーティーが幕を開けた。

オープニングナンバーは冬のラブソング「Milky Snow」。赤のジャケットに緑のシャツというクリスマスカラーの衣装に早着替えしたメンバーは、カメラ越しのオーディエンスに向けて爽やかでチャーミングな笑顔を送った。続いて、本公演のテーマソングで、シンガーソングライターの松室政哉が楽曲提供した新曲「リンガベル」を初披露。スイートなクリスマスソングを可愛くハッピーにパフォーマンスしたあと、リーダーの吉田が「1日ちょっと遅れたんですけど、M!LKのクリスマスライブ開催です」と挨拶。メインステージから白いクリスマスツリーが飾られたクリスマスステージに移り、佐野&塩﨑ペアによる「We’re Here!!!」では、ぬいぐるみを抱えながら全力の雪合戦を行い、吉田&山中ペアの「宇宙ジャンボリー」ではスペースバトルを繰り広げ、「DEAR LIFE」では、歌の変わりに余興(ゲーム)にチャレンジ。塩﨑は吉田が投げたグレープフルーツのサーベル刺しを成功させ、山中はフラフープを同時に4つまわし、佐野が見事なマジックショウを見せると、吉田は三輪車でステージを暴走して盛り上げた。

ファンに贈るクリスマスプレゼントを購入する買い物ロケ企画を挟み、ピアノバラード「last moment」はメインステージに設置された椅子に座り、ロウソクの灯りのもとで切なく歌いあげ、「It’s only LOVE」はクリスマスステージでマイクスタンドを使ってパフォーマンス。その後、メンバーは大人っぽいベージュのコートやジャケットに着替え、ミュージカル調のスイングナンバー「愛と合図」では、塩﨑と山中のラップに続き、佐野は「メリークリスマス。愛してるよ」と告白し、画面の前で釘付けとなっているみ!るきーずをキュンとさせた。

ライブの後半にはメインステージにダブルサイズのベッドが登場。12月11日に配信リリースされたばかりの新曲「君の知らない世界へ」では艶ややかで官能的な表情を見せ、「Brave Saga」や「ERA」では一転して熱いパッションとエネルギーを一気に放出し、最後に彼らが新たな始まりの一歩を踏み出した「Winding Road」をエモーショナルに歌い上げ、クリスマスパーティーは大団円を迎えた。

M!LKと2020年を振り返る大忘年会をテーマにしたアンコールでは、牛の被り物に赤いハッピを羽織ったメンバーが<2020>と書かれた大きな紙を勢いよく突き破って登場。「テルネロファイター」では大きな牛の人形の前で大暴れし、「サンキュー!N・D・K」ではステージを降りて、客席を埋めた“牛のお客さん”と交流。ここから、豪華お弁当をかけた<M!LKの年忘れカラオケ対決>へと突入し、ロンダードやバク転、コンテンポラリーダンスや激しいヘドヴァン繰り出すなど、多彩なエンターテイナーぶりを発揮した塩﨑が優勝し、「やったー!ごちそうさまです!」と声をあげた。

最後に佐野が「今年は本当に大変な年でしたけど、僕らM!LKは皆さんに少しでも笑顔やパワー、希望を届けられたでしょうか? これかも僕たちは皆さんと共に歩んでいきたいと思っています」と呼びかけ、「HOME」「桜咲く頃には」で優しく温かい歌声を届け、4人で「良いお年を!」と声を重ね、名残惜しそうに手を振ってステージを後にした。この日のライブでも何度か触れていたが、2020年は春夏秋冬と1年で全く趣向の違う配信ライブを行い、パワーアップしてきたM!LK。丑年=M!LK YEARとなる2021年はどんな活躍を見せるのか今から楽しみでならない。

なお、本公演はニコニコ生放送のニコニコプレミアム会員限定視聴で、会員登録すると全編の視聴が無料。1月9日(土)23:59までタイムシフト視聴が可能となっている。また、この日のMCで発表された通り、丑年となる2021年の春に東名阪ツアーの開催が決定。詳細は後日、オフィシャルホームページにて発表予定。

【setlist】
M1.Over The Storm(佐野ダンスソロver)
M2.上昇思考クライマー(塩﨑ダンスソロver)
M3.May(吉田ダンスソロver)
M4.MAGIC CARPET(山中ダンスソロver)
M5.Over The Storm(ダンスver)
M6.Milky Snow
M7.リンガベル
M8.We’re Here!!!

M9.宇宙ジャンボリー
M10.DEAR LIFE
M11. last moment
M12.It’s only LOVE
M13.愛と合図
M14.君の知らない世界へ
M15.Brave Saga
M16.ERA
M17.Winding Road
M18.テルネロファイター
M19.サンキュー!N・D・K
M20.HOME
M21.桜咲く頃には

【アーカイブ配信情報】
M!LK配信ライブ「SWEET CHRISTMAS 〜GO GO 2021〜」
2021年1月9日(土)23時59分までタイムシフト公開中!
・本番組は期間中であれば何度でも、生放送終了後に番組を視聴することが可能です。
・上記期間を過ぎると、視聴の途中であっても番組を見ることができなくなります。ご注意ください。
タイムシフトはコチラ→
https://live.nicovideo.jp/watch/lv328797632


【最新解禁情報】
・2021年春東名阪ツアー決定!
・本ライブを見ながらのコメンタリー番組を1月上旬に生放送(曽野欠席)
※詳細は後日追って解禁となります。
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top