shadow
ミルク

M!LK

メディアMEDIA

SCHEDULE

ボーカルダンスユニット『M!LK』として活動中!
公式サイト:http://sd-milk.com
公式Twitter:https://twitter.com/milk_info
公式ブログ:http://ameblo.jp/sd-milk/

ニュースNEWS

BOOK

M!LK、SUPER★DRAGONが 初表紙で“ENTERTAINMENT”を表現! 『EBiDAN』第14号、表紙&詳細解禁!!

スターダストプロモーションが手掛ける、何事にも全力な"スタダ系男子"集団・EBiDAN(恵比寿学園男子部)のオフィシャルブック『EBiDAN』。その最新号となる『EBiDAN vol.14』の表紙と裏表紙のビジュアル、そして内容の詳細が明らかに!

 今号は“ENTERTAINMENT!”をテーマに、EBiDANのネクストジェネレーション2組が初めて表紙に登場する。通常版の表紙を飾るのはモノトーンの衣装に身を包んだM!LK! 映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(9月6日公開)への出演や、初主演舞台『里見八犬伝』が控える佐野勇斗、初主演映画『初恋ロスタイム』(9月20日公開)が待機する板垣瑞生など、個々の活動も注目を集める変幻自在の7人組だ。M!LKのエンターテインメントの要であるパフォーマンスをフィーチャーした、普段よりもクールでセクシーな表情を見せる撮り下ろしに加え、9月7日からスタートするツアー『M!LK LIVE TOUR 2019“Summer Re:fresh”〜かすかに、君だった。〜』への意気込みも語っている。

 Loppi・HMV限定版の表紙を飾るSUPER★DRAGONは、自身のジャンルレスな音楽性を体現するべく、メンバーそれぞれが音楽ジャンルに着想を得たファッションで登場! 3rdアルバム『3rd Identity』(8月14日発売)では、メンバー1人ひとりがコンセプトプロデュース&出演したMVが公開され話題になっている中、ビジュアルでも“New Mixture Style”を表現している。これまで以上にチャレンジングな内容となったアルバムの制作秘話や、8月20日に大阪城野外音楽堂、9月7日に日比谷野外大音楽堂にて開催される東西野音ワンマンライブを経て、次に目指す場所についてのインタビューも!

 裏表紙は、年末年始に東西アリーナツアー5公演を開催する超特急の3号連続スペシャル企画第1弾として、4号車・タクヤが通常版に、7号車・タカシがLoppi・HMV限定版に登場する。素顔が垣間見えるナチュラルな撮り下ろしと、近況を語ったロングインタビューをお届け! また、超特急としてのページでは、旅館でライブツアーを振り返りながらミーティングする様子を撮影。メンバー目線でライブの見どころを語るほか、オフィシャルファンクラブ・夢の青春8きっぷで募集した8号車(ファン)からのコメントも掲載される。

 ほか、DISH//は“エンターテインメント”を彩る要素としてファッションを取り上げ、メンバー同士が“初秋デート”をテーマにスタイリングし合うレアな姿が! PRIZMAXは7人体制初となったワンマンライブの裏側に密着。さくらしめじは、これまでとこれからを語った結成5周年記念インタビュー、EBiSSHとさとり少年団からなるONE N' ONLYはエンタメが生まれるステージをイメージしたペンライトアートとともに撮影。10月9日にデビューすることが発表されたBATTLE STREET改め、原因は自分にある。は、百面相で初々しいさまざまな表情を披露している。

 毎号人気となっているユニットの垣根を越えた対談企画は、『Love Camera♡』と題し、カメラ好きのEBiDANメンバーが集結。北村匠海(DISH//)と島田翼(PRIZMAX)が、自ら撮影した写真を公開&解説するほか、板垣瑞生(M!LK)と古川毅(SUPER★DRAGON)のスペシャル対談では、お互いを撮影し合ったカットを掲載。愛用のカメラについてなどカメラ談義に花を咲かせている。“ENTERTAINMENT”が盛りだくさんのEBiDANを、オフィシャルブックでチェック!!

 なお、表紙を飾るSUPER★DRAGONは8月31日に、M!LKは9月8日に発売記念イベントを実施! 詳細はSDPホームページへ!!


<<『EBiDAN vol.14』概要>>
【発売日】9月2日一般発売
※8月28日・29日『EBiDAN THE LIVE 2019』(幕張メッセ 国際展示場)にて先行販売!
【ページ数】80ページ ※綴じ込み付録:フォトカード
【定価】本体1111円+税 
【発行】SDR
【発売】SDP
http://www.stardustpictures.co.jp/book/2019/ebidan14.html


<<『EBiDAN vol.14』掲載内容>>
【通常版】表紙:M!LK/裏表紙:タクヤ(超特急)
【Loppi・HMV限定版】表紙:SUPER★DRAGON/裏表紙:タカシ(超特急)


■超特急
8号車の声も掲載!『旅館でまったりミーティング!?』

■DISH//
ファッションだってエンタメ!『FASHION SESSION』
LIVE REPORT『DISH// Spring Tour 2019 Dress Up a Burnt Whole Cake !!!!』

■PRIZMAX
新体制初ワンマンを、レポ&インタビューで振り返り!
『PRIZMAX Live Level 8 ~CIRCUS~ LIVE REPORT & AFTER TALK』

■M!LK
個性を武器に、進化し続ける!『Performance Evolution』
LIVE PHOTO『M!LK SPRING TOUR 2019 “Treasure Treasure”』

■SUPER★DRAGON
スパドラの音楽をファッションで表現『New Mixture Style』
LIVE REPORT『SUPER★DRAGON LIVE TOUR 2019 -Emotions- at Zepp Tokyo』

■さくらしめじ
5周年イヤーに突入! 2ndアルバムの発売も決定!!『もっと ずっと……』

■ONE N' ONLY
より輝きを増して高みを目指す『Sparkle』
LIVE REPORT『ONE N' ONLY~EBiSSH×SBC~Dark Knight』

■原因は自分にある。
祝デビュー! 百面相で魅せます『make comic faces』

■BATTLE BOYS & BATTLE KiDS
感動の1日をプレイバック!
LIVE REPORT「HMV presents 『BATTLE BOYS LIVE 2019 ~ DREAMS COME TRUE ~』 in 豊洲PIT」

■EBiDANカメラ男子が集結!『Love Camera♡』
北村匠海(DISH//)、島田翼(PRIZMAX)
Special Cross Talk 板垣瑞生(M!LK)×古川毅(SUPER★DRAGON)

■OTHER
・AMEZARI-RED STARS-
・スタメンKiDS/ZeBRA☆STAR/EDAMAME BEANS
・EBiDAN Region(TOKYO/OSAKA/SENDAI/NAGOYA/FUKUOKA/OKINAWA)
  • はてなブックマーク

EVENT

M!LK『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽ライブ』に出演!

7月にリリースした最新シングル「かすかに、君だった。」がオリコンウィークリーチャートで4位を獲得。佐野勇斗や板垣瑞生ら、メンバーそれぞれが俳優としても活躍中の7人組ボーカルダンスユニット・M!LKが、8月11日、六本木ヒルズアリーナで開催中の『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽ライブ』に登場した。

酷暑の毎日が続く夏の夜に、清涼感ある楽曲を熱量高く届けるドラマティックなメニューで、7人は“これぞフェス!”なステージを展開。9月のツアーに向けた新曲も初披露して、集まった2000人のみ!るきーず(M!LKファンの呼称)を文字通り熱狂させた。

毎年、夏に『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』の一環として行われている今回の野外ライブだが、M!LKが出演するのは昨年に続き二度目。まずは“水”をテーマに、爽快さと切なさをとことん突き詰めた最新曲「かすかに、君だった。」で、清涼感いっぱいにステージの幕を開ける。続いて“この7人でいることが宝物”という想いを強く刻んだ「My Treasure」で力強く団結を示し、曽野舜太が「み!るきーず、愛してます!」と満面の笑顔で放てば客席は沸騰。地に足のついたテンポで前向きな想いを届ける「ハロー!」でも、滑らかな歌い繋ぎやボーカルワーク、息の合ったパフォーマンスで観る者を問答無用に楽しませてくれる彼らだが、このメンバー編成となって実はようやく1年というのだから驚きだ。

昨年8月に新メンバーが3人加入した彼ら。昨年の『SUMMER STATION』が4人体制でのラストライブだったこともあり、MCで塩﨑太智が「去年は4人で出演させていただいて、今年は7人で出れたのが嬉しいね」と語れば、すかさず板垣も「全然気持ちが違う」と返す。ペンライトがきらめく客席を見て「色が増えてカラフルになった。特に夜は綺麗だね」とリーダーの吉田仁人が伝えてライブを再開させたのは、メンバー人気も高いミッドバラード曲「逢い」。サビでは加入メンバーの宮世琉弥もソロを取って、“めぐり逢い 時間重ね”というリリックに7人のリアルな心情が重なってゆく。

続く「愛と合図」でも吉田と曽野がハグしたり、持ち前の親しみやすいオーラで会場を和ませてゆく一方、なんと「お前ら盛り上がっていくぞ!」という板垣のシャウトからは初披露の新曲「SAY YEAH」をワイルドに投下!塩﨑を皮切りにラップもふんだんに盛り込まれたロックチューンで、3本のマイクスタンドを次々にパスする7人のパフォーマンスは、かつてないほど豪快なものだ。み!るきーずたちも吉田のレクチャー通り、ペンライトを振り上げハイスピードで回して熱狂を産み落としてゆくという、このふり幅こそ“変幻自在”をコンセプトに掲げる彼らにふさわしい。

さらに「新学期アラカルト」「テルネロファイター」等、アッパーな人気シングル曲を畳みかけて、み!るきーすたちをブチ上げるメンバーも汗だく。しかし、白い衣装を汗で肌に貼りつかせて「俺、イケメンだろ?」と板垣がキメれば、悲鳴のような歓声が湧き上がる。そんな客席を「向かってくるエネルギーがすごい!」と称賛した吉田が、「最後はかなり夏っぽい曲。寂しくなるくらい清涼感があるんで」と前置いて始まったのは王道サマーソング「TOUCH THE SUN」。眩しい太陽の陽射しを感じさせるようなナンバーのクライマックスでは、これまでになく高低差ある見事なハーモニーを板垣と山中柔太朗が放ち、最後は場内の全員で大きく手を振って、気温よりも熱い一体感の中でライブを締めくくった。

9月には全国4都市を回るZeppツアー『“Summer Re:fresh~かすかに、君だった。~”』を開催するM!LK。変化を糧に大きな進化を遂げつつある彼らの姿を、ぜひリアルタイムで確かめてほしい。


【セットリスト】
M1:かすかに、君だった。
M2:My Treasure
M3:ハロー
M4:逢い
M5:愛と合図
M6:SAY YEAH
M7:新学期アラカルト
M8:テルネロファイター
M9:TOUCH THE SUN


【ツアー情報詳細】
M!LK LIVE TOUR 2019 "Summer Re:fresh" 〜かすかに、君だった。〜
■2019年9月7日(土)【大阪】Zepp Osaka Bayside
開場16:30 / 開演17:30
■2019年9月16日(月・祝)【福岡】Zepp Osaka Fukuoka
開場16:00 / 開演17:00
■2019年9月21日(月・祝)【東京】Zepp Tokyo
《1部》開場13:00 / 開演14:00
《2部》開場17:30 / 開演18:30
■2019年9月28日(土)【愛知】Zepp Nagoya
開場16:30 / 開演17:30

ツアー特設サイト:http://milk-sp.com/#live
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top