shadow
サクラシメジ

さくらしめじ

ニュースNEWS

LIVE

さくらしめじ毎年恒例忘年会ライブ開催!!

さくらしめじが、12月29日(水)に東京・大手町三井ホールにて、年末恒例となってる忘年会ライブ「きのこりあんの集い Vol.6」を開催した。

田中雅功(たなか・がく)と髙田彪我(たかだ・ひょうが)からなるフォークデュオのさくらしめじは、2014年6月14日に“ガク&ヒョーガ”として結成し、同年11月24日に現在のユニット名が決定。2015年12月29日にキャリア初のワンマンライブ『森のきのこの音楽会~さんきゅう2015、うぇるかむ2016~』を開催。翌年からはライブタイトルをファンの呼称である<きのこりあん>を冠にした『きのこりあんの集い』に変え、年末恒例の忘年会ライブとして定着。2019年末のオンラインライブを挟み、6年連続6回目となる今年も昼夜2公演を行い、ホールからライブハウスまで、ループぺダルの導入に演劇との融合など、多彩な表現スタイルに挑んだ2021年を充実した表情で締めくくった。

開演時間となり、場内SEとして流されていた二人で制作したオリジナルのイヤーエンドソング「年越しそば」のロックバージョンのヴォリュームが一際大きくなると、実家で過ごす年末を思わせるパジャマ風の衣装を着たさくらしめじが登場。大きな拍手に迎えられた二人はフロア中央に設置されたステージに上がり、東西南北ならぬ花鳥風月で分けられた360度の客席を見渡し、「今日はみんな元気だね。最後まで一緒に楽しんでいきましょう」と挨拶。爽やかで甘酸っぱい妄想ラブソング「えそらごと」で第1部を始め、7月に配信リリースしたダンサブルなギターロック「わがままでいたい」で情熱的にアコギをかき鳴らすと会場の熱気は一気に上昇した。

2曲を歌い終えたところでギターを置き、ステージ上のコタツに入って和やかなトークを繰り広げた後は、公式LINEで事前に募集したリクエスト曲が書かれた紙が入ったボックスからランダムで引いた楽曲を披露する<リクエストコーナー>に突入。1部ではまず、きのこりあんへの感謝と覚悟を込めたR&Bバラード「お返しの約束」とライブでお馴染みの「てぃーけーじー」を披露。「てぃーけーじー」はスタッフからリクエストで、まさかの2倍速バージョンでのパフォーマンスとなり、間奏ではまさかのフリースタイルのラップバトルも勃発。彪我が息を切らしながら、「……いや、ダメだって。これはいけないよ」と不満をあらわにすると、雅功は「じゃあ、普通にやろう。みんなも聞きたいよね」と提案。ふたりの弾き語りによる二度目の「てぃーけーじー」が実現すると、観客はクラップを鳴らし、お馴染みのフリを一緒に踊り、会場は一体となって大きな盛り上りを見せた。

再びコタツに戻ると、ゲームコーナーとして、<イントロクイズ対決>を実施。1部では4対1で彪我が圧勝すると、負けた雅功はコタツでふて寝して見せた。そして、全5問の解答の中から、レミオロメン「粉雪」に加え、「6年前に初めて二人で人前でカバーした曲」だというスピッツ「チェリー」の即興カバーにチャレンジ。スタッフが用意した譜面を見ながら、さくらしめじらしい歌声とハーモニーを響かせて観客を喜ばせた。

さらに、昨年に引き続き、「ヒットソングメドレー」も敢行。TikTokの総再生回数が1億回を超えたmeiyo「なにをやってもうまくいかない」から、恋愛リアリティーショウ「恋とオオカミには騙されない」の主題歌としてあいみょんが書き下ろした「桜が降る夜は」、藤井風のCMソング「きらり」と続け、TikTokで大ブームを巻き起こしたザ・キッド・ラロイ&ジャスティン・ビーバー「ステイ」のギターインストを挟み、アニメ「BEASTERS」の第二期OP主題歌であるYOASOBI「怪物」へ。そして最後はギターを置いて。「TikTok流行語大賞2021」にノミネートされた「シル・ヴ・プレジデント」で観客と一緒に指ダンスを踊り、SNSでヒットしたZ世代に人気の楽曲で楽しませた。

再びリクエストに応えて、「ゆめがさめたら」「せきがえのかみさま」と学生時代を思い起こす楽曲が続いたこともあり、ピュアな初恋ソング「ひだりむね」を含めて、1部は偶然にも淡い恋心を綴ったラブソング集とも言えるセットリストが完成した。ここで、毎年恒例となっている“書き収め”のコーナーへ。1部のお題は<今年を総括したひと言>で、NHK連続テレビ小説に主演し、同世代の俳優に刺激を受けたという彪我は<「大人とは何か」を感じた1年>と記し、小説の連載やライブのシナリオを手がけた雅功は<ストーリーで溢れた二〇二一>と発表。ラストナンバーを前に、雅功は「まだ声は出せないので、もどかしい日々が続いていますけど、音楽は心で繋がり合えると思ってます。次の曲はみんなで、心で歌いましょう」と呼びかけ、これまでに数々のワンマンライブでエンディグを飾ってきた「みちくさこうしんきょく」を明るく朗らかに歌い上げると、オーディエンスは声の代わりに手をあげて大きく揺らしながら心の中で合唱。会場は温かく幸せなムードに包まれるなかで、雅功は「来年はどうなるかわかりませんが、きっとみんなで歌える日がくると信じて、今年を締め括り、また新たな一歩を歩み出したいと思います」と決意を表明して、笑顔で手を振りながらステージを後にした。

第2部ではオープニングナンバー「えそらごと」に続き、シンガーソングライターのひらめと共作した女性目線の片想いソング「ストーリーズ」を披露。二人ともファルセットを駆使し、ひらめのコーラスパートも再現する中で、彪我がふいに雅功に近づいていき、仲良く1本のマイクで歌う微笑ましいシーンもあった。

最初のMCでは、1部ではスタッフのいたずらから生まれた忘年会ライブ恒例の「急須の中身はなんだろな?」が行われたが、2部では雅功が「お正月が近いので、ちょっと早いけどお年玉を用意しました」と語り、客席の椅子の座面の裏側にこっそりと仕込んでいたサイン入りのグッズキーホルダーを2名にプレゼント。<リクエストコーナー>では、まず、彪我が「リクエスト企画をすると必ず上位に入る、さくらしめじの歴史に残る曲」だという失恋ソング「きみでした」や二人で初めて作った思い出深い楽曲である「おもいでくれよん」を切々と歌い上げた。

そして、2部の<ゲームコーナー>は、「最近やたらと顔が丸くなったと言われる」という彪我と、絶賛ダイエット中の雅功が、歩数計を手首と足首につけて「Bun! Bun! BuuuN!」を熱唱。一足先に二十歳の誕生日を迎えている彪我が顔が丸くなったと言われることに対して、「お酒を飲み始めたからかな?」とこぼすと、雅功は「今、ナチュラルにお酒を飲んでる話をしたことがショックだったな。当然のことのようにいうのが!」と憤慨。「ぜってー負けねえ!」と意気込んだが、小刻みに手足を動かしながらこたつの周りを全力で走り回った結果は、18歩という僅差で彪我の勝利で終了。コタツに突っ伏して束の間の休息をとり、深呼吸をした後で、忘年会はいよいよ終盤へと向かっていた。

後半の<リクエストコーナー>では、夏の花火大会を舞台にした「ふうせんはなび」の歌詞を即興で変更。<夏休み>を<冬休み>、<8月>を<12月>に変えただけでなく、<浴衣>を<ダッフルコート>に変えて歌うと、きのこりあんからは驚きと祝福の拍手が沸き起こった。「最初の頃は指がつってしまって最後まで弾けなくて、ハンドクラッシャーと呼んでいた」という「かぜだより」も美しいコードを鳴らし、見事に弾き切り、アーティストとしての確かな変化と成長を見せつけた。

そして、<あのころの僕ら/誰にも負けない>と懐かしむ「だるまさんがころんだ」と、<僕らは最高さ>と声を重ねる「合言葉」という、時代が変わっても変わることのない大切な絆や友情を感じせる楽曲を続けた後の“書き初め”では<来年の目標>を発表。彪我は、野太い声を出して、<「俺らとは何か」を感じさせる1年>と発表。「僕らではなく、俺ら/自分を押さえつけず、もっともっと我を出していきたい」と宣言。雅功は<ちゃんと知ってもらう>と掲げ、「中学生のイメージで止まってる人には進んでるんだぞって言いたいし、名前しか知らないという人にはライブの僕らを知ってほしい。世に知ってもらいたい!」と声を上げた。最後に。四方に動き回れるようにマイクを外し、生声のギターの弾き語りで「みちくさこうしんきょく」を高らかと歌い上げると、雅功は「いつか、もっともっとみんなの近くで、もっとみんなと声を出して笑えるライブをしていきたいです。その日に向かって、これからも歌を届けていきます」と決意を表明。二人で「良いお年を!」と声を上げて、2021年の歌い収めである忘年会を締め括った。

なお、この日のMCでは、「さくらしめじ田中雅功生誕ライブ 20歳になったので、たくさんお祝いしてください。」の開催を発表。2022年4月には「春しめじのお花し 二冊目」を開催することもアナウンスされた。また、髙田彪我は12/31(金)放送の「第72回NHK紅白歌合戦」内で行われる、連続テレビ小説「おかえりモネ」スペシャル企画に出演することも決定している。

【セットリスト】
・1部
M1.えそらごと
M2.わがままでいたい
M3.お返しの約束
M4.てぃーけーじー
M5.ヒットソングメドレー
M6.ゆめがさめたら
M7.せきがえのかみさま
M8.ひだりむね
M9みちくさこうしんきょく

・2部
M1.えそらごと
M2.ストーリーズ
M3.きみでした
M4.おもいでくれよん
M5.ヒットソングメドレー
M6.ふうせんはなび
M7.かぜだより
M8.だるまさんがころんだ
M9.合言葉
M10.みちくさこうしんきょく

★解禁情報★
田中雅功ソロライブ「さくらしめじ田中雅功生誕ライブ 20歳になったので、たくさんお祝いしてください。」開催決定!
「さくらしめじ田中雅功生誕ライブ 20歳になったので、たくさんお祝いしてください。」
■日時:2022年1月24日(月) 
開場17:45/ 開演18:30
■会場:渋谷REX(東京)
■席種・料金:スタンディング(立ち位置指定) ¥6,000円(税込)

「春しめじのお花し 二冊目」来年2022年4月2日(土)・3日(日)
渋谷プレジャープレジャーにて開催決定!
  • はてなブックマーク

LIVE

さくらしめじ憧れの地USEN STUDIO COASTにて開催!

さくらしめじが、11月28日(日)に東京・USEN STUDIO COASTにて、
さくらしめじ秋のツアー「さくらしめじの秋ツアー〜シイノトモシビ〜」の最終公演を行った。

田中雅功(たなか・がく)と髙田彪我(たかだ・ひょうが)からなる新世代フォークデュオのさくらしめじは、2014年6月14日に“ガク&ヒョウガ”として結成し、同年11月24日に現在のユニット名が決定。音楽活動のみに留まらず、俳優や小説家としても幅広い活躍をみせている彼らは、今年の春には音楽ライブと演劇を融合したワンマンライブ『春しめじのお花し』を中野サンプラザで行い、夏にはロックをテーマにしたワンマンライブ「さくらしめじのゼップでロッ菌! 2021」をZepp Diver Cityで開催。10月から本ツアーを開始し、「シイノトモシビ」=「四位の灯火」というサブタイトル通り、名古屋、福岡、大阪、東京と四つの都市(位置)で灯火を点け、各地で2公演が行われた。

さくらしめじとしては、憧れのSTUDIO COASTで最初で最後となるワンマンライブのファイナルとなる夜公演。開演時間になると、二人はオープニングSEが流れる中でステージに上がり、ループペダルを踏んでアコギのボディを叩き、リフを弾いて、その場でトラックを製作。この秋から本格的に導入したアコギ2本とルーパーというスタイルで、7月に配信リリースした「わがままでいたい」をクールに歌い、硬質なムードでライブの幕を開けた。しかし、一転して、2曲目の「しめじ体操」ではアコギを置いて、センターステージへと元気よく駆け降り、観客全員を巻き込んだ旗揚げゲームを展開。演奏後には、ポケットに潜ませていた桜吹雪を撒き散らし、「菌カツ!」で背中合わせて弾き語りながら拳を上げて煽り、フロアの熱気をあげた。

メインステージに戻ると、彪我はルーパーについて丁寧に解説。「てぃーけーじー」ではルーパーを使ったトラックで歌いながら、卵かけご飯のイメージで黄色に統一されたペンライトをぐるぐると回し、<T・K・G>の人文字を作って盛り上がった。みんなで一緒に遊べる、ライブならではの楽しさと音楽的な進化の融合を実現させた彼らは、MCで本ツアー中に彪我が二十歳のバースデーを迎えたことを報告。雅功からの誕生日プレゼントであるグラスでビールを飲んだことも明かし、まだ19歳の雅功は「二十歳の男の歌声を堪能していってください」とアピールした。

ライブの中盤では楽曲の登場人物の年齢や性別が異なるラブソングを連発。永野芽郁主演のドラマ「こえ声」の主題歌「ひだりむね」では初恋のようなピュアな胸の高鳴りを表現。泉里香主演のドラマ「高嶺のハナさん」の主題歌で、「ポケットからキュンです」のひらめが手がけた女性目線の片想いソング「ストーリーズ」はピンクのピンスポットに照らされて甘く切なく歌い、シンガーソングライターのコレサワが提供した「届けそこねたラブソング」は突然、音が出なくなるハプニングにも動じず、急遽、センターステージでの弾き語りの生歌に変更して対応する逞しさをみせた。さらに、男性視点の大人の失恋ソング「別れた後に僕が思うこと」では言い訳ばかりで回りくどい、情けなくもリアルな心情を吐露。アコギとルーパーというスタイルからフューチャーベースのようなオケが加わり、最後は再び歌声のみになるというダイナミックなサウンドスケープを作り上げていた。

観客が一丸となってタオルやサイリウムを回したレゲエチューン「Bun!Bun!BuuuN!」からは後半戦へと突入。彪我作のラウドなミクスチャーロック「たけのこミサイル」では、リア充カップルに嫉妬のミサイルを発射。そして、観客のペンライトの色を紫に統一し、新曲で80’s歌謡のフレイバーを湛えたシティポップ「Iroto-Ridori」を初披露。これまでにないキラキラ感と色彩を湛えた歌声で新しい風を送ると、「あやまリズム」ではキャッチーなメロディにのせて<ごめーん>と声を重ね、激しくアコギをかき鳴らす雅功作の「でぃすとーしょん」では反抗期の苛立ちをギターと歌声に思い切りぶつけた。

MCでは、彪我が2022年1月を持って閉館するSTUDIO COASTにステージに立てたことへの感謝を述べ、「今、最高にハッピーです。本当に幸せ者だなと感じています。僕にとってライブは、幸せを感じにきているのと同じな気がします」と語った。「風とあるがままに今を歩こう」で前を向いて進み続ける姿勢を力強い姿勢を示すと、「My Sunshine」のイントロで雅功が「みなさんにとっての光が僕たちであれるように、これからも歌い続けます。一緒に未来の光を灯していきましょう」と呼びかけ、フロアが眩い光と多幸感に包まれる中でエンディングを迎えた。

アンコールでは、昨年の自粛期間中にファンとともにリモートで作り上げた「会いに行こう」をセンターステージで歌唱。アンプやマイクを通さずに、生声の弾き語りで観客一人一人の顔を見ながら真っ直ぐに届け、「みちくさこうしんきょく」では心の中での<ラララ>の大合唱が巻き起こった。終演後には彪我が「改めて、STUDIO COASTでライブするという夢が叶ったんだなと実感した時間でした。もっともっと更なる夢を目指す僕たちについてきてくれますか!」と声を上げるとフロアは温かい拍手で包まれて大団円を迎えた。

なお、さくらしめじは年末恒例のライブ「きのこりあんの集い Vol.6」の開催が決定しており、2021年11月28日(日)21:00よりじめじめ倶楽部会員限定での先行受付もスタートした。

【セットリスト】
1部
M1.わがままでいたい
M2.しめじ体操
M3.菌カツ!
M4.てぃーけーじー
M5.しりとり
M6.だるまさんがころんだ
M7.ストーリーズ
M8.別れた後に僕が思うこと
M9. Bun !Bun!BuuuN!
M10.たけのこミサイル
M11.Iroto-Ridori
M12.スタートダッシュ
M13.でぃすとーしょん
M14.風とあるがままに今を歩こう
M15. My Sunshine
EN1.きのうのゆめ
EN2.みちくさこうしんきょく

2部
M1.わがままでいたい
M2.しめじ体操
M3.菌カツ!
M4.てぃーけーじー
M5.ひだりむね
M6. ストーリーズ
M7.届けそこねたラブソング
M8.別れた後に僕が思うこと
M9. Bun !Bun!BuuuN!
M10.たけのこミサイル
M11.Iroto-Ridori
M12.あやまリズム
M13.でぃすとーしょん
M14.風とあるがままに今を歩こう
M15. My Sunshine
EN1.会いにい行こう
EN2.みちくさこうしんきょく


さくらしめじの忘年会ライブ「きのこりあんの集い Vol.6」の開催決定!
【じめじめ倶楽部会員限定先行受付(抽選)】
2021年11月28日(日)21:00よりスタート!
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top