shadow
サクラシメジ

さくらしめじ

メディアMEDIA

INFORMATION

スターダストファンクラブサイト「STARDUST WEB」では、
いつも応援してくださっている皆様に感謝の気持ちを込めて「WINTER PROJECT 2019-2020」を開催中!!
ぜひチェックしてください。

開催期間は【2020/01/31(金)】まで!

詳細はこちら>>
WP1920

ニュースNEWS

LIVE

「さくらしめじ5周年企画第3弾!スペシャルライブ」 マイナビBLITZ赤坂にて開催!!

今春に卒業を控える高校3年生のフォークデュオ・さくらしめじが、11月24日(日)にマイナビBLITZ赤坂にて、昼夜2公演のワンマンライブ「さくらしめじ5周年企画第3弾!スペシャルライブ」を開催した。

さくらしめじは、2014年6月14日に “ガク&ヒョウガ”として結成。同年11月24日にユニット名とCDリリースが発表され、“さくらしめじ ”としての活動を開始した。そして、アニバーサリーイヤーとなった2019年に突入し、<GO! GO! きの5ー!>と題した5周年企画を実施。第1弾として、7月から9月にかけて全国18箇所のライブハウスを回るツアー「ドッ!菌!青春!18本ツアー」を開催し、急遽決まった追加公演もソールドアウトするほどの大盛況となった。同時に第2弾企画としてライブアルバム「木もれ陽の中の春風キャンプin日比谷野外大音楽堂」を初のデジタル配信限定でリリース。命名記念日当日に開催された本公演は第3弾企画で、自身2度目となるマイナビBLITZ赤坂を舞台に、昼の部はバンドセット、夜の部は二人の弾き語りという異なったスタイルで2公演で全34曲を披露した。

「改めましてさくらしめじと申します。大・大・大祝祭!ドドン!とお祝いしてくれYO!」というタイトルが付けられた【昼の会】は、バンドメンバーに続き、田中雅功(がく)と髙田彪我(ひょうが)の二人が全力疾走でステージに登場。二人を模した鯛が踊る大漁旗をバックに、ドラマ「こえ恋」の主題歌に起用された「ひだりむね」で勢いよくライブをスタートさせ、「はじまるきせつ」「My Sunshine」とアップテンポのナンバーを次々と披露。MCで髙田が「この日がユニット名が決まったおめでたい日なんです。そんなおめでたい日にもっとおめでたい話をしたいじゃないですか」と話し始め、2020年3月4日に2ndアルバムをリリースすることを発表。さらに、新ビジュアルもお披露目し、1月からはリリース記念イベントを開催することもアナウンスすると、満員のきのこりあん(さくらしめじのファンの総称)からは大歓声が沸き起こった。

ライブ前半でのいきなりのサプライズ発表に続き、HY の名嘉俊(Dr)が書き下ろした新曲で、バラエテイ番組「ソクラテスのため息〜滝沢カレンのわかるまで教えてください〜」のエンディングテーマ「合言葉」では、髙田が「この日のために練習してきた」という三線を初披露。「きみでした」や「かぜいろのめろでぃー」では切ない歌声をしっとりと聴かせ、新曲「しめじ体操」ではギターを置いた二人のレクチャーに合わせて、みんなでオリジナルの体操で体を動かした。さらに、「Bun!Bun!BuuuN!」ではタオル回しで大騒ぎをし、再び「てぃーけーじー」では観客が一体となって踊り、「おめでとう」「ありがとう」のコール&レスポンスも展開。田中が作詞したロックナンバー「でぃすとーしょん」では、二人がエレキギターを弾いてフロアのテンションをあげるなど、フォークデュオという枠を飛び越えた多彩な面を見せつけた。

またMCでは、田中が「僕らがさくらしめじという名前をもらった日。記念日とは違った第2の誕生日です」と語り、髙田に「あなたにとってのさくらしめじとは?」と振ると、高田は「僕にとってのさくらしめじは人生です」と返答。一方の田中は「親であり、兄弟であり、息子でもある。僕らはさくらしめじによって作ってくれたし、ともに成長してきたし、僕らが生み出していくものでもあるから。家族みたいな存在ですね」と答え、「僕たち二人にとって、さくらしめじはこれから先もずっとあり続けるもの。掛け替えのない、離れがたいものなんです。さくらしめじは、僕たちだけじゃなくて、みなさんも含まれています。これからもどうぞよろしくお願いします!」と二人揃って深くお辞儀をすると、フロアは温かく優しい拍手で包まれた。

ライブの終盤では「スタートダッシュ」「同じ雲の下」とスケール感の大きいダイナミックなナンバーを高らかと歌い上げ、最後は「ケセラセラララ」の大合唱が響き渡る場内に二人のメッセージ入りの銀テープが放たれた。アンコールでは、グッズT シャツに着替えて「えそらごと」を歌い、髙田が「これから先、いろんなステージに立てるようなアーティストになりたいね」と意気込みを伝えると、田中は「おす! 頑張ります!!!」と即答。続けて、「10年先、20年先、50年先、もっともっとみなさんと一緒に歌っていきたい」と呼びかけ、初期からライブではラストナンバーとして歌い続けてきた「みちくさこうしんきょく」を大合唱し、昼の会は幕を閉じた。

「森のきのこの音楽会〜歌とギターとさくらしめじ。そして、きのこりあんを添えて〜」と題した<夜の会>はメンバー二人だけの弾き語りライブという構成。セットもガラリと変わり、さくらしめじのファーストワンマンを彷彿とさせるような森の世界が広がる。開演5分前には森の中から蝶々が飛び始め、暗転したステージに二人が登壇。言葉にできない不安や孤独という感情に寄り添う「同じ雲の下」をアカペラで歌い出し、<一人じゃない>というフレーズで声を重ねた。自然とクラップが沸き起こった「まよなかぴくにっく」の後には、髙田が「僕、髙田彪我と田中雅功、そして、きのこりあん、みんなでさくらしめじです!」と挨拶。続く、「てぃーけーじー」では、髙田はアコギを置いて、ハンドマイクで観客と一緒にダンスをして、フロアを4分割した<まぜまぜ>のコール&レスポンスも実現。「ケセラセラララ」では、みんなで声を出して歌い、「ドッ!菌!青春!18本ツアー」の移動中の遊びがきっかけで生まれたという新曲「しりとり」は入場時に配布された用紙を使って、しりとりを楽しんだ。

ライブの中盤ではシンガーソングライターのコレサワ提供の「届けそこねたラブソング」やフォークバラード「またたび」、前回のツアーに向けて二人で作った「青春の唄」を眩しい光の中で熱唱。MCでは、“さくらしめじ ”という名前がサプライズで発表された5 年前のライブに触れ、田中が「あの日は一生忘れられないね」と語ると、髙田は「1日中泣いてましたね。それくらい嬉しかったんです」と振り返った。そして、髙田が「どっちがさくらでも、どっちがしめじでもなく、ふたりでさくらしめじです」と改めて表明し、田中が「名前だけでも覚えて帰ってください」と笑わせ、「僕たちにとってはさくらしめじは、かけがえのないものです。そして、僕たちが歌えているのはきのこりあんのみんながいるからです」と観客に向けて語りかけ、これからは自分たちが引っ張っていくんだという強い意志を込めた「お返しの約束」に感謝の気持ちを込めて歌い上げた。

そして、「いーでぃーえむ」では“枝豆ダンス”、髙田がフードを被ってエレキギターを弾きまくった「ねこの16ビート」では“ねこダンス”で会場の一体感が増加。ここで髙田が「さくらしめじとは何かを考えたときに、みんなの心の中に居続けたいと思った」と語ると、田中は「今、僕たちがあなたたちの心の中に胞子を撒いてます」と続け、全員で右手を掲げ、「We Are さくらしめじ !」と宣言。そして、アップテンポのフォークロック「えそらごと」で大きな手拍子が湧き上がり、最後に紙吹雪が舞う中で、日々を悩みながらも生きる人たちへ背中を押すメッセージソング「合言葉」を歌い上げて本編は終了した。

アンコールでは、本人たちへのサプライズとして、鯛の着ぐるみを着たスタッフが登場。ふたりに卒業証書が入った筒を渡し、スタッフ一同からの「祝い状」に続き、2020年3月30日にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でワンマンライブ「世界イチHAPPYな卒業式やりまーす!(仮)」の開催を発表。田中は「うわ! すげー。やべー」と声を上げ、髙田は「マジですか。嬉しいな」と喜びを噛み締めながら、「さくらしめじはサプライズから始まって、サプライズに追われ続けるんですね」と言うと会場から笑いが起こった。田中は何度も「みなさんがあって僕らはさくらしめじです。みなさんがいないとダメだし、本当に感謝してます」と繰り返し、「もっとずっとみなさんと楽しんでいきたい」とコメント。髙田が「自分たちもレベルアップしていくべき点がいっぱいあるね。頑張って行こう!」と田中に拳を突き出すと、田中は照れながらも拳を重ねて、これからの成長を約束。最後の曲「さんきゅう」で、歌で感謝を伝えたふたりは「みんなと一緒に歌えることが、音楽を通して心が通じ合うことが、僕にとっての幸せです! これからも歌を歌う楽しみを伝えていきたいです」と意気込み、ソールドアウトした満員の会場に向かって深々と礼をすると、5周年を祝うように金テープが会場中に舞い、お祝いと感謝の気持ちに満ちたお祭りは大団円を迎えた。

なお、さくらしめじは、5周年第4弾企画として、2020年3月4日に3ndアルバム「改めまして、さくらしめじと申します。」をリリース。1月26日(日)よりリリース記念イベントを開始。また、第5弾企画として、3月30日(月)にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのワンマンライブ「世界イチHAPPYな卒業式やりまーす!(仮)」を行うことが決定している。


【昼の会 setlist】
M1.ひだりむね
M2.はじまるきせつ
M3.My Sunshine
M4.123
M5.菌カツ!
M6.あやまリズム
M7.合言葉
M8.きみでした
M9.かぜいろのめろでぃー
M10.しめじ体操
M11.Bun!Bun!BuuuN!
M12.てぃーけーじー
M13.でぃすとーしょん
M14.スタートダッシュ
M15.同じ雲の下
M16.ケセラセラララ

Enc1えそらごと
Enc2みちくさこうしんきょく

【夜の会 setlist】

M1.同じ雲の下
M2.まよなかぴくにっく
M3.てぃーけーじー
M4.ケセラセラララ
M5.しりとり
M6.届けそこねたラブソング
M7.またたび
M8.青春の唄
M9.お返しの約束
M10.My Sunshine
M11.いーでぃーえむ
M12..ねこの16ビート
M13.えそらごと
M14.ひだりむね
M15.合言葉

En1さんきゅう



【最新リリース情報】
さくらしめじ 2nd ALBUM「改めまして、さくらしめじと申します。」
2020年3月4日(水)発売

「祝5周年!盤」
品番:ZXRC-2056 価格:¥3,200(税込)
収録内容:13曲予定。
封入特典あり(詳細は後日発表)。
全国のCDショップやオンラインショップにてご予約/ご購入いただけます。

「しめじのライブにレッツラ5!イベント会場限定盤」
品番:ZXRC-2057 価格:¥2,800(税込)
収録内容:11曲予定。
リリース記念イベントなどのイベント会場限定販売。

「ちょっぴり5ージャス!野音DVD付きWIZY限定盤」
品番:ZXRC-2058 価格:¥5,555(税込)
商品仕様:トールサイズ デジパック仕様
収録内容:11曲 +「木もれ陽の中の春風キャンプ in 日比谷野外大音楽堂」ライブ映像収録予定。
WIZY限定販売。詳細は後日発表。


【公演情報】
さくらしめじ祝5周年企画第5弾!「世界イチHAPPYな卒業式やりまーす!(仮)」
■日時:2020年3月30日(月) 
開場17:30 / 開演18:30
■会場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
■席種・料金:指定席/お子様ファミリー席 各6,500円(税込)
  • はてなブックマーク

EVENT

さくらしめじ「#君のことばに救われた」十代限定スペシャルイベント!

さくらしめじが11月16日、東京・ピースオブケイク イベントスペースで開催された「#君のことばに救われた」十代限定スペシャルイベントに登壇した。

TOKYO MX「ぶっちゃけTEENS 君のことばプロジェクト」と、メディアプラットフォームの「note」がコラボした「#君のことばに救われた」をテーマにした投稿コンテスト。さくらしめじは、投稿の背中を押す「ことばのコーチ」に就任しており、同じく「ことばのコーチ」のラッパーの晋平太さんとの特別コラボによるイベントが実現。コピーライターの阿部広太郎さんの司会のもと、前半を『思いを「ことば」にしてみよう』、後半を『思いを「ラップ」にしてみよう』と題して進行した。

「不満や不安と夢や希望。さくらしめじのふたりにとって、今、どちらの方が大きく感じますか?」という問い掛けに対して、田中雅功は、「大きさで言ったら夢や希望とか、ポジティブな方が大きいです。けれど、不安や不満、目の前に現れる頻度はそっちの方が多くて、大きな目標はあるものの、ネガティブな気持ちに目が行きがちだなと思ってます」と返答。理路整然と話す雅功に対して、晋平太さんが「高校3年生のセリフじゃないでしょ、タイガー・ウッズか!」とツッコミをすると、会場は笑顔に包まれる。

続いて髙田彪我は、緊張してますという前置きの後に「夢として大きなステージでやりたいという夢はあるんですけど、いざ、大きなステージを目の前にすると、今の段階では出来ないことも結構あって、これからちゃんとできるのかなという不安もあったりしますね」と素直な気持ちを吐露する。

続いて全国ライブハウスツアー『ドッ!菌!青春18本ツアー』でさくらしめじが行ってきた「青春解決!あなたのお悩みは?」の特別篇として、お客さんの悩みに答えるコーナーへ。

「今好きな人がいるんですけど、まわりの人にやめとけと言われます。どうしたらいいですか?」「学校の友達と普段接する時に、素の自分で接することができなくて、これを言ったら傷つけちゃうかなとか、壁が出来ちゃってる気がして…どうすればいいでしょう?」どちらの質問にも、決めつけで答えることはせず、相手の目を見ながら、一緒に考えていこうと伝える姿に、さくらしめじの一人に向き合う優しさと、一人にさせない思いの強さが垣間見えた。

さくらしめじと同世代のお客さんとのやりとりで温度が高まったところで後半へ。「ラップというのは、ストーリーを語る道具だと思ってください。誰のストーリーを語るかというと、それは自分です。進学でも、就職でも、自分をさらけ出さないといけない瞬間がくる。その時にいきなりラップをしよう、ということではなくて、自分から心を開く方法をみんなに伝えることができたらと思ってます」という晋平太さんの言葉から、ラップのワークショップがスタート。

自分という「主人公」を意識しながら、学校か家族なのか自分の「舞台」を選んで、伝えたい「テーマ」を決めてみよう、という晋平太さんの掛け声から、雅功と彪我も、お客さんも、各々の思いを書き留める時間へ。

「正解はないからね、自分が書きたいことを書けばいい」と、会場をまわりながら、質問がある一人ひとりに声を掛けていく晋平太さん。しばらくした後に「できました」と小さく声を上げた雅功からラップの発表がはじまった。

会場の真ん中に立つ雅功。トラックが鳴る。晋平太さんが掛け声を出す。
「3、2、1、ゴー!」

僕には理想の大人がある
理想の大人像がある
人に自分の思いをしっかり伝えられる大人
考えや思いがちゃんとある大人
これからどうしたいのか
どうすればいいのか
ちゃんとわかってる大人
今の自分は?
子どもの僕は
夢はある 理想の大人像もある
でもそれじゃダメ
考えや思いがわからなくなる時がある
ちょっとした壁や問題に止まっちゃう
それはなんで?
思いや考えのストックがないから
自分の知らない気持ちがある
じゃあどうすればいい?
みんなの話を聞く
みんなの表情を見る
みんなの反応を見る
そして僕は考えや思いを深くする
みんなと一緒に僕は理想の大人になる

自然と巻き起こる拍手。「緊張した…!」とはにかむ雅功。「今のラップを聞いて、やってみるという人はいない?」と晋平太さん。みんながあたりを見回す中で、一人の女の子がすっと手を挙げる。前に立ち、緊張しながらも、大学への進学をテーマにしたラップを発表。一人の勇気が、もう一人の勇気を呼んでいく。ここから次から次へとラップの発表が繋がっていく。

家族にありがとうと言いたいのにいざという時に素直になれないという思い。カメラマンになる夢があり、いつか彪我の一番輝く瞬間を切り取りたいという思い。学校生活を送る上での友人関係の悩みがあるという思い。ラップをしながら感極まってこぼす涙も、会場が一体となって受け止めていく。あっという間にイベント終了の時刻が近づき、最後に彪我がラップを披露した。

僕は本当の自分についてよく考えることがある
自分ってなんだろう?
夜寝る前に抱きまくらを抱いて
よく一人で考えていることがある
国語の授業で「自分の性格は他人の意見でつくられる」
っていう文章を見たけど
実際学校に行ってみて友達と話してみても
僕は たとえば勉強ができるだろうとか
音楽ができるだろうとか
それだけでけっこう
過大評価をされてることがよくあって
でもそれが本当の自分とは限らなくて
だから本当の自分ってなんだろうって
一人で考えたりして
先生に進路のことを相談して
「これはどう?」って言われたいことあるけど
でもそれって本当に自分のやりたいことなのかなって
よく考えることがあって
だから 日々音楽をいろいろ聴いたり
いろんな人と話したり
いろんな経験をして させてもらって
それで自分でやりたいことってなんだろうって
改めて考えた時 自分は今やってる音楽を
この先もずっとやっていきたいかな
音楽をやってる自分が
本当の自分なんじゃないかって
今はそう思っています

照れくさそうな彪我を見ながら雅功が語る。「毎日ずっと一緒にいると逆に話さないこともあって、普段は踏み込めない部分を知れた気がして嬉しかったです」そして、晋平太さんが会場にいる十代全員に言葉を贈る。

「世の中には色々なことが起こります。相手が思うこと、言うことはコントロールできない。自分のことをまず好きでいること、相手に何を言われようが、そっちのパワーに負けないで。自分のいいところを見つけてあげてください」

集合写真を撮り終えて、さくらしめじがお客さんを振り向いて思いを伝える。「こんなに近い距離でイベントをする機会がなかったし、僕たちも勇気をみなさんからいただきました」この場にいる一人ひとりが、打ち明ける思いに心を打たれ、テーマの通り「君のことばに救われた」イベントを締めくくった。

なお、5周年企画第3弾として、11月24日(日)に自身2度目となるマイナビ赤坂BLITZにて、スペシャルライブ【昼の会】【夜の会】を開催し、続いて第4弾「アルバムのリリース」と、第5弾「世界イチHAPPYな卒業式」も待ち構えている。この日の決意のこもったふたりの「ことば」がどんな未来をつくるのか楽しみでならない。

※参考 投稿コンテスト「#君のことばに救われた」(12/31 応募締切)
https://note.mu/info/n/n705899500a1b

■さくらしめじ5周年特設サイト
https://sakurashimeji5.com

■さくらしめじ オフィシャルサイト
http://sakurashimeji.com/
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top