shadow
サクラシメジ

さくらしめじ

ニュースNEWS

LIVE

さくらしめじ憧れの地USEN STUDIO COASTにて開催!

さくらしめじが、11月28日(日)に東京・USEN STUDIO COASTにて、
さくらしめじ秋のツアー「さくらしめじの秋ツアー〜シイノトモシビ〜」の最終公演を行った。

田中雅功(たなか・がく)と髙田彪我(たかだ・ひょうが)からなる新世代フォークデュオのさくらしめじは、2014年6月14日に“ガク&ヒョウガ”として結成し、同年11月24日に現在のユニット名が決定。音楽活動のみに留まらず、俳優や小説家としても幅広い活躍をみせている彼らは、今年の春には音楽ライブと演劇を融合したワンマンライブ『春しめじのお花し』を中野サンプラザで行い、夏にはロックをテーマにしたワンマンライブ「さくらしめじのゼップでロッ菌! 2021」をZepp Diver Cityで開催。10月から本ツアーを開始し、「シイノトモシビ」=「四位の灯火」というサブタイトル通り、名古屋、福岡、大阪、東京と四つの都市(位置)で灯火を点け、各地で2公演が行われた。

さくらしめじとしては、憧れのSTUDIO COASTで最初で最後となるワンマンライブのファイナルとなる夜公演。開演時間になると、二人はオープニングSEが流れる中でステージに上がり、ループペダルを踏んでアコギのボディを叩き、リフを弾いて、その場でトラックを製作。この秋から本格的に導入したアコギ2本とルーパーというスタイルで、7月に配信リリースした「わがままでいたい」をクールに歌い、硬質なムードでライブの幕を開けた。しかし、一転して、2曲目の「しめじ体操」ではアコギを置いて、センターステージへと元気よく駆け降り、観客全員を巻き込んだ旗揚げゲームを展開。演奏後には、ポケットに潜ませていた桜吹雪を撒き散らし、「菌カツ!」で背中合わせて弾き語りながら拳を上げて煽り、フロアの熱気をあげた。

メインステージに戻ると、彪我はルーパーについて丁寧に解説。「てぃーけーじー」ではルーパーを使ったトラックで歌いながら、卵かけご飯のイメージで黄色に統一されたペンライトをぐるぐると回し、<T・K・G>の人文字を作って盛り上がった。みんなで一緒に遊べる、ライブならではの楽しさと音楽的な進化の融合を実現させた彼らは、MCで本ツアー中に彪我が二十歳のバースデーを迎えたことを報告。雅功からの誕生日プレゼントであるグラスでビールを飲んだことも明かし、まだ19歳の雅功は「二十歳の男の歌声を堪能していってください」とアピールした。

ライブの中盤では楽曲の登場人物の年齢や性別が異なるラブソングを連発。永野芽郁主演のドラマ「こえ声」の主題歌「ひだりむね」では初恋のようなピュアな胸の高鳴りを表現。泉里香主演のドラマ「高嶺のハナさん」の主題歌で、「ポケットからキュンです」のひらめが手がけた女性目線の片想いソング「ストーリーズ」はピンクのピンスポットに照らされて甘く切なく歌い、シンガーソングライターのコレサワが提供した「届けそこねたラブソング」は突然、音が出なくなるハプニングにも動じず、急遽、センターステージでの弾き語りの生歌に変更して対応する逞しさをみせた。さらに、男性視点の大人の失恋ソング「別れた後に僕が思うこと」では言い訳ばかりで回りくどい、情けなくもリアルな心情を吐露。アコギとルーパーというスタイルからフューチャーベースのようなオケが加わり、最後は再び歌声のみになるというダイナミックなサウンドスケープを作り上げていた。

観客が一丸となってタオルやサイリウムを回したレゲエチューン「Bun!Bun!BuuuN!」からは後半戦へと突入。彪我作のラウドなミクスチャーロック「たけのこミサイル」では、リア充カップルに嫉妬のミサイルを発射。そして、観客のペンライトの色を紫に統一し、新曲で80’s歌謡のフレイバーを湛えたシティポップ「Iroto-Ridori」を初披露。これまでにないキラキラ感と色彩を湛えた歌声で新しい風を送ると、「あやまリズム」ではキャッチーなメロディにのせて<ごめーん>と声を重ね、激しくアコギをかき鳴らす雅功作の「でぃすとーしょん」では反抗期の苛立ちをギターと歌声に思い切りぶつけた。

MCでは、彪我が2022年1月を持って閉館するSTUDIO COASTにステージに立てたことへの感謝を述べ、「今、最高にハッピーです。本当に幸せ者だなと感じています。僕にとってライブは、幸せを感じにきているのと同じな気がします」と語った。「風とあるがままに今を歩こう」で前を向いて進み続ける姿勢を力強い姿勢を示すと、「My Sunshine」のイントロで雅功が「みなさんにとっての光が僕たちであれるように、これからも歌い続けます。一緒に未来の光を灯していきましょう」と呼びかけ、フロアが眩い光と多幸感に包まれる中でエンディングを迎えた。

アンコールでは、昨年の自粛期間中にファンとともにリモートで作り上げた「会いに行こう」をセンターステージで歌唱。アンプやマイクを通さずに、生声の弾き語りで観客一人一人の顔を見ながら真っ直ぐに届け、「みちくさこうしんきょく」では心の中での<ラララ>の大合唱が巻き起こった。終演後には彪我が「改めて、STUDIO COASTでライブするという夢が叶ったんだなと実感した時間でした。もっともっと更なる夢を目指す僕たちについてきてくれますか!」と声を上げるとフロアは温かい拍手で包まれて大団円を迎えた。

なお、さくらしめじは年末恒例のライブ「きのこりあんの集い Vol.6」の開催が決定しており、2021年11月28日(日)21:00よりじめじめ倶楽部会員限定での先行受付もスタートした。

【セットリスト】
1部
M1.わがままでいたい
M2.しめじ体操
M3.菌カツ!
M4.てぃーけーじー
M5.しりとり
M6.だるまさんがころんだ
M7.ストーリーズ
M8.別れた後に僕が思うこと
M9. Bun !Bun!BuuuN!
M10.たけのこミサイル
M11.Iroto-Ridori
M12.スタートダッシュ
M13.でぃすとーしょん
M14.風とあるがままに今を歩こう
M15. My Sunshine
EN1.きのうのゆめ
EN2.みちくさこうしんきょく

2部
M1.わがままでいたい
M2.しめじ体操
M3.菌カツ!
M4.てぃーけーじー
M5.ひだりむね
M6. ストーリーズ
M7.届けそこねたラブソング
M8.別れた後に僕が思うこと
M9. Bun !Bun!BuuuN!
M10.たけのこミサイル
M11.Iroto-Ridori
M12.あやまリズム
M13.でぃすとーしょん
M14.風とあるがままに今を歩こう
M15. My Sunshine
EN1.会いにい行こう
EN2.みちくさこうしんきょく


さくらしめじの忘年会ライブ「きのこりあんの集い Vol.6」の開催決定!
【じめじめ倶楽部会員限定先行受付(抽選)】
2021年11月28日(日)21:00よりスタート!
  • はてなブックマーク

LIVE

さくらしめじ、まるりとりゅうがツーマンライブ開催! 4人の「自分らしい歌声」でファンの背中を押す!!

フォークデュオのさくらしめじが、10月27日(水)に東京・shibuya duo MUSICEXCHANGEで男女ユニットのまるりとりゅうがを迎えたツーマンライブ「まるりとりゅうがとさくらとしめじ」を開催した。

音楽活動だけにとどまらず、俳優や小説家としても活動するさくらしめじと、共感度の高いラブソングで同世代からの支持を得ている、まるりとりゅうが。音楽番組での共演をきっかけに出会い、デュオという共通点のみならず、さまざまな音楽ジャンルに挑戦し、SNSを通して積極的に発信をしている2組による競演が巨大なジャックオーランタンが飾られたステージで繰り広げられ、アーカイブ視聴なしの生配信も行われた。

4人揃ってのオープニングトークを経て、先陣を切ったまるりとりゅうがは、まるりの語りかけるようなアカペラでライブをスタートさせた。まず、アニメ「恋と呼ぶには気持ち悪い」のEDテーマ「リナリア」で、複雑に揺れ動く心情を繊細に丁寧に表現。続いてドラマ「ねぇ、先生知らないの?」のオープニング主題歌「サニー」では、雰囲気を一変。“好き”という気持ちが満ち満ちていくようなアップテンポのナンバーで、観客からは自然とクラップが沸き起こった。りゅうがは1曲ごとにアコースティックギターとエレキギターを持ち替えながら、男女デュオならではの深みのあるハーモニーでドラマチックなラブスートリーを彩っていき、「聞き飽きちゃうくらいの愛を伝えてほしいの」では、まるりの指導による簡単な振り付けに加え、ステージ上のおばけかぼちゃとの小芝居も展開してフロアを沸かせた。そして、各配信チャートで 1 位を獲得したデビュー曲「気まぐれな時雨」、こすっても剥がれないシールに忘れられない恋の思い出を重ねた「シール」とエモーショナルな失恋ソングを続け、最後に、りゅうがが「自分らしくいられる時が一番、人は輝いているんじゃないかなと僕は思ってて。皆さんにも自分らしくいて欲しいなという願いを込めた曲です」と語り、エールソング「らしく。」で、観客の背中を押すようなパワフルな歌声を響かせた。

一方、全国ツアー「さくらしめじの秋のツアー〜シイノトモシビ〜」を開催中のさくらしめじは、「てぃーけーじー」で明るく元気よくライブの口火を切った。田中雅功(たなか・がく)が「立って一緒に遊ぼう」と呼びかけてフロアを総立ちにさせると、髙田彪我(たかだ・ひょうが)と共に「T・K・G」の人文字を作って楽しませ、「ねこの16ビート」でも観客と一丸となってネコダンスを踊り、フロアの熱気をあげた。MCでは、「さくらしめじはぼっちの味方で、陰キャなんです」と告白して笑いを誘い、7月に配信リリースされた新曲「わがままでいたい」ではループマシーンを使用。彪我がアコギのボディとネックを叩き、ストロークでリズムを刻み、4種類のリズムをループで走らせた上で弾き語りをするといった、現在開催中の秋ツアーから挑戦し始めた新たな演奏スタイルを披露。自分の未来は自分で作っていくという決意を歌った後、アコーティックR&B「別れた後に僕が思うこと」で失恋した男性の心情を抑制されたトーンで吐露し、子供時代の思い出を詰め込んだ「だるまさんがころんだ」では場内を温かく優しいムードで満たした。このあと、彪我が10月23日で二十歳の誕生日を迎えた話題となり、初めてビールを飲んだエピソードを展開。雅功が来年1月に二十歳となった暁には、りゅうがに飲みに連れて行ってもらう約束をしたこととも明かした。
ライブ終盤はアコギをエレキギターに持ち替え、リア充への嫉妬をぶちまける彪我作の「たけのこミサイル」と雅功が反抗期に作った「でぃすとーしょん」という激しいロックナンバーを放ち、ラストの「しめじ体操」ではエレキギターを置き、観客と一緒に体を思い切り動かしてライブを終えた。

ここで、雅功が「せっかくのツーマンなので、一緒に歌いたい」と語り、デュオ2組のコラボレーションが実現。さくらしめじ「かぜいろのめろでぃー」では1番をさくらしめじが歌い、2番をまるりとりゅうがが担当。まるりとりゅうがのウェディングソング「はじまりの唄」では、まるりと雅功が見つめあって歌うと、りゅうがと彪我もカップルとなって声を重ねるなど、新鮮な組み合わせによるハーモニーを響かせた。そして、ラストに今やスタンダードな合唱曲となった絢香×コブクロの「WINDING ROAD」でアカペラ4声による深みのあるハーモニーや、それぞれの歌声の個性を思い切りぶつけ合うフェイクなどをたっぷりと聴かせる充実のステージとなった。4人はそれぞれ「楽しかった」「またやりたい」と笑顔で口にしながらステージをおり、「自分らしい歌声」を重ね合ったツーマンライブはお開きとなった。
 
なお、さくらしめじは現在、全国ツアー「さくらしめじの秋ツアー〜シイノトモシビ〜」を開催中。11月10日(水)〜11日(木)の福岡公演、 11月18日(木)〜19日(金)の大阪公演を経て、11月28日(日)に昼夜二部開催の東京・USEN STUDIO COASTでファイナルを迎える。また、この日のMCで、毎年年末の恒例となってる「きのこりあんの集い Vol.6 」を12月29日に大手町三井ホールで開催することも発表した。


【セットリスト】
★まるりとりゅうが★
M1.リナリア
M2.サニー
M3. 聞き飽きちゃうくらいの愛を伝えてほしいの
M4. 気まぐれな時雨
M5.シール
M6.らしく。

★さくらしめじ★
M1.てぃーけーじー
M2.ねこの16ビート
M3.わがままでいたい
M4.別れた後に僕が思うこと
M5.だるまさんがころんだ
M6.たけのこミサイル
M7.でぃすとーしょん
M8.しめじ体操

★セッション曲★
M1.かぜいろのめろでぃー
M2.はじまりの唄
M3.WINDING ROAD


解禁情報!
有観客ワンマンライブ「きのこりあんの集い Vol.6」開催決定!
■日時:2021年12月29日(水) 
■会場:大手町三井ホール
  • はてなブックマーク

ディスコグラフィーDISCOGRAPHY

※ディスコグラフィーは準備中です。

pagetop

page top