STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
カタギリハイリ

片桐はいり

メディアMEDIA

INFORMATION

「もぎりさん」(2018)
第1話 「忘れもののもぎりさん」
第2話 「うたた寝のもぎりさん」
第3話 「気にするもぎりさん」
第4話 「つなぐもぎりさん」
第5話 「もじもじのもぎりさん」
第6話 「思い出のもぎりさん」

監督:大九明子(第1〜3話) 監督:菊地健雄(第4〜6話)
企画:沢村敏 プロデューサー:平林努 
脚本:大九明子(第1〜3話) 鈴木太一(第4〜6話)
音楽:侘美秀俊  タイトルイラスト:岩田ユキ
撮影:彦坂みさき 照明:永田英則 録音:小宮元 ヘアメイク:鰕澤真由美
編集:小野寺拓也 助監督:北川帯寛
企画制作:東京テアトル Powered by CoMix Wave Films
2018 年/日本/カラー/ ©東京テアトル

「もぎりさんsession2」(2019)
第7話 「くそガキともぎりさん」
第8話 「恋のもぎりさん」
第9話 「励ますもぎりさん」
第10話 「もぎりさん、さようなら」
第11話 「もぎりさんところどころ」
第12話 「終映後のもぎりさん」

監督・脚本:鈴木太一(第7〜9話) 瀬田なつき(第10〜12話)
企画:沢村敏 プロデューサー:平林努 音楽:侘美秀俊  タイトルイラスト:岩田ユキ
撮影:彦坂みさき 照明:志村昭裕 録音:東凌太郎 スタイリスト:齋藤ますみ ヘアメイク:鰕澤真由美
編集:小野寺拓也 助監督:北川帯寛 振付:ストウミキコ 謎の監督:菊地健雄
企画制作:東京テアトル Powered by CoMix Wave Films
2019年/日本/カラー/全6話12分 ©東京テアトル

【「もぎりさん」 第1話 忘れもののもぎりさん】



■SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2019 BRANDED SHORTS「もぎりさん」 ノミネート
2019年 6月11日〜14日
公式サイト

■Choumi 調味映樂祭 「もぎりさん」特別上映
2019年 6月8日~ 6月9日 @ 台北三創生活園區 5F Clapper Theater
公式サイト
台湾語字幕「もぎりさん」第1話 忘れもののもぎりさん はこちら
hairi1

■アトレ大森 コラボ企画 ① 「サマーカーニバル」
2019年 6月28日〜 7月31日
hairi2

■アトレ大森 コラボ企画 ② 「アトレ大森×キネカ大森 35TH ANNIVERSARY」
2019年 9月1日〜30日
hairi3

■仙台短篇映画祭2019 「もぎりさん」上映イベント
2019年 9月14日 @ せんだいメディアテーク

■片桐はいりの出張もぎりショウvol.4 「もぎりさん」上映イベント
2019年 9月21日 @ シネマイクスピアリ

■秋のおすすめ映画に「もぎりさん」が付いてくる 「もぎりさん」先付け上映
2019年 9月13日〜 10月18日 @ シネマイクスピアリ

■映画館物語【Cinema's Dream】~今宵、昭和館で愛ましょう~ 「もぎりさん」上映イベント
2019年 11月9日 @ 小倉昭和館

MOVIE

「愛のまなざしを」
2021年公開

「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」
2021年3月公開

「私をくいとめて」
2020/12/18(金) 全国ロードショー
公式サイト

TV

2020/11/02(月)
21:00~
「監察医 朝顔」
フジテレビ
公式サイト
※第1話

2020/09/26(土)
19:30~
ドラマ&ドキュメント「不要不急の銀河」
NHK BSプレミアム
公式サイト
ginga

STAGE

岩井秀人(WARE)プロデュース 第4回「いきなり本読み!」
2020/10/07(水)
会場: 東京・浅草東洋館

配信情報はこちら
購入可能期間:10/07(水)19:00~11/08(日)23:59
視聴可能期間:10/21(水)18:00~11/15(日)23:59
チケット価格:1200円(税込)
公式サイト

「そして春になった」
作・演出:岩松 了
出演者:松雪泰子、ソニン、瀧内公美、片桐はいり
日程・会場:2020年12月8日(火)~12月13日(日) 本多劇場
公式サイト

EVENT

2020/11/06(金)
18:30~20:00
国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭 co-present
トークシリーズ「アジア交流ラウンジ」
ツァイ・ミンリャン × 片桐はいり

視聴申込方法:国際交流基金アジアセンターウェブサイトからお申し込みください。
Zoom ビデオウェビナーによる視聴となります(登録無料)。
主催 :国際交流基金アジアセンター、東京国際映画祭

2020/10/23(金)
18:50の回 上映後
「ファンファーレが鳴り響く」アフタートーク
K's cinema
詳細はこちら

2020/10/18(日)
「第8回蒲田映画祭」
片桐はいりトークショー&『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』上映
会場:大田区産業プラザPiO
公式サイト

RADIO

2020/11/23(月)
25:00~26:00
「TOKYO SPEAKEASY」生放送
TOKYO FM
公式サイト

WEB

「note」
もぎりよ今夜も有難う
幻冬舎 電子書籍
#1 9/25(金)
#2 9/27(日)
#3 9/29(火)
#4 10/2(金)
#5 10/4(日)

「映画館に行こう!」キャンペーン2020



telling,
https://telling.asahi.com/article/13550718

ホンマタカシTOKYO AND ME
https://www.oil-magazine.com/tokyoandme/27538/

CD

2020/12/24(木)
のん&大友良英&Sachiko M3 人によるユニット「のんとも。M」
フルアルバム「ショーがはじまるョ!」内「明日があるさ」
※コーラス参加

DVD

映画「勝手にふるえてろ」Blu-ray
発売日:2018/06/06(水)
Blu-ray価格:¥6,264(税込)
発売元:株式会社ソニー・ミュージックマーケティング
仕様:Blu-ray2枚組(本編+特典)、デジパック・三方背
特典映像:
・本編DISC収録内容<本編/本予告&ショート予告※聴覚障がい者対応日本語字幕あり>
※<初回生産限定盤のみ>副音声特典:オーディオコメンタリー収録予定
・特典DISC<メイキング映像/キャラクター動画【イチ編・ニ編】/東京国際映画祭イベント映像集/舞台挨拶、公開直前イベントなど>(予定)
封入特典:
・ポストカード4種
スターダストショッパーズで予約受付中!
--------------------

「コートダジュールNo.10」DVD&Blu-ray
発売日:2018/05/30(水)
Blu-ray BOX価格:12,000円(税抜)
DVD BOX価格:10,000円(税抜)
発売・販売元:バップ
仕様:本編約210分+特典映像
日本語字幕(本編のみ)
5枚組(本編ディスク3枚+特典ディスク1枚+サントラCD1枚)
特典映像:
・レポーターもたいの「問題だらけの現場から」
・あなごとみーこと、あの3人
・小林、大島、10話目企画プロデュース
・スペシャルゲストインタビュー
松たか子/金子ノブアキ/ベンガル/柄本時生/光石研/片桐はいり/伽奈 佐々木春樺/宮藤官九郎 伊勢志摩/もたいまさこ
封入特典:スペシャルフォトブック
先着購入者特典:オリジナルトートバッグ
※セル&レンタル同日リリース
--------------------

「富士ファミリー」DVD
発売日:2016/11/25(金)
DVD価格:3,800円(税抜)
発売・販売元:NHKエンタープライズ
仕様:全1枚(本編87分+特典映像29分)
特典映像:(1)オールアップコメント集(薬師丸ひろ子・小泉今日子ほか 全11名)、(2)脚本家・木皿泉インタビュー Special version(インタビュアー片桐はいり)、(3)お正月直前SP(10分PR)、(4)おまけ 笑子ダンス 別バージョン(ノーカット版)
封入特典:特製シナリオブック
※セル&レンタル同日リリース

「連続テレビ小説 とと姉ちゃん」DVD&Blu-ray
発売日:2016/08/26(金)
DVD BOX価格:11,400円(税抜)
Blu-ray BOX価格:11,400円(税抜)
発行・販売元:NHKエンタープライズ
仕様:全3枚(第1~6週を収録、ブックレット付き)
特典映像:出演者記者会見(高畑充希、西島秀俊、木村多江 ほか)、もうすぐ!「とと姉ちゃん」、ノンクレジットタイトルバックほか
※セル&レンタル同日リリース

ニュースNEWS

CD

片桐はいり のん&大友良英&Sachiko Mによるユニット「のんとも。M」初アルバムに参加!

片桐はいりが、のんさん、大友良英さん、Sachiko Mさんによるユニット「のんとも。M」の初アルバム『ショーがはじまるョ!』(12/24発売)に参加していることが明らかとなった。

収録曲・参加アーティストはこれから明かされていく予定だが、この度、先行してアルバム収録曲の中から「明日があるさ」のミュージックビデオを公開。同楽曲は坂本九さんの1963年にリリースされた大ヒットナンバーで、のんとも。Mのゆかり深いゲストと共にカバー。演奏を担ったのは大友良英スペシャルビックバンド。ゲストボーカルに、小泉今日子さん、尾美としのりさん、尾身美詞さん、片桐、渡辺えりさんといった豪華客演陣を迎え、楽曲の魅力にとことん向き合ったカバーとなっている。
感染症対策に追われる生活から、対策が当たり前にある前提での生活に変わってきたこの頃。いつか来る「いつも通り」のためにみんなが頑張っている今だからこそ、いつもの日常と明日への希望を歌った「明日があるさ」を届けたい。そして、少しでも笑顔を届けたい!昭和から歌い継がれる大ヒット曲「明日があるさ」を、のんとも。M にゆかり深いビッグバンド、ゲストと共に皆様に贈る、今だからこそ皆で歌いたいナンバーとなっている。

「明日があるさ」のミュージックビデオは、現在先行配信中。
ぜひチェックしてください!

■片桐はいりコメント
外出自粛要請が解除になって、はじめて隣り町のショッピングモールにでかけた時、この曲が流れていました。涙が出ました。わたしが生まれた年のヒット曲。懐かしい心強い仲間たちと声を合わせて歌いました。何度でも歌いましょう「明日があるさ」!

■「明日があるさ」ミュージックビデオ
https://youtu.be/rRqlGT_0r_Y
  • はてなブックマーク

EVENT

片桐はいり 国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭 co-present トークシリーズ「アジア交流ラウンジ」に出演!

片桐はいりが11/6(金)都内で行われた、国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭 co-present トークシリーズ「アジア交流ラウンジ」に出演した。

「アジア交流ラウンジ」は、現在開催中の第33回東京国際映画祭のプログラムとして、アジア各国・地域を代表する映画監督と、第一線で活躍する日本の映画人とのオンライン・トークイベント。今回の取り組みは、世界的に活躍する是枝裕和監督が発案し、検討会議メンバーとともに企画。国を越えた人の移動が制限され、映画の製作、上映、そして映画人同士の交流や協働のあり方が従来と全く異なる状況にあるなか、アジアの映画人たちは今、何を思うのか、何処を目指すのかを語り合う。

片桐は、マレーシアのクチン生まれで1977年に台湾に移住、ヴェネチア国際映画祭審査員大賞、ベルリン国際映画祭テディ賞審査員特別賞を受賞したほか、アート界でも注目されているツァイ・ミンリャン監督と共にイベントに出演。

片桐は、「たまたまユーロ・スペースで面白そうな台湾映画をやっているということでツァイ監督のデビュー作『青春神話』を拝見したのが初めてでした。その時にとても衝撃を受けまして、その後も観続けているほどのファンです。私は映画館が大好きで、近所の映画館でもぎりもやっています。その映画館で“はいりさんの好きな作品を名画座で2本立てでやってみたら”と言ってもらった時に、ツァイ監督の作品を選んで上映しましたらお客様がたくさん入ってくださって。その後、『郊遊<ピクニック>』で来日された際にトークイベントで呼んでいただいた時に初めてツァイ監督とお会いしました。最初にお話しをいただいた時に恐れ多くてお断りしようと思ってのですが、『郊遊<ピクニック>』で商業映画を引退されると聞いたので“引退しないでください!”ということを言おうと思ってお引き受けしました。“チケットがもっと売れたら考えると”とおっしゃってくださって、それで今日を迎え、『日子(英題:Days)』を観られてとても嬉しかったです。この作品はセリフどころか字幕もなくて(笑)、言葉で理解できるものではなく、感性で受け取っていただける作品。ストーリー性もあって、私はとても楽しみました。こういったタイプの作品を観たことない方もいらっしゃると思いますが、ツァイ監督は常にそういったものを探っていらっしゃるので、観たことのないものを観るという衝撃があると思います。」と笑顔で話した。

その後、ツァイ監督へベルリン国際映画祭テディ賞審査員特別賞受賞作品『Days』の話題に。片桐は、「コロナで自粛期間があって、“映画館がやっていない、お家にいなさい”という時間がありました。私も世の中も休んでいた中で自分の感覚が変わったのか、ツァイ監督の作品がとても心地よくて。お魚やお野菜を洗ったり、マッサージをしている場面が淡々とあるのがとても幸せに感じて、ずっと観ることができました。そんな気持ちになったのは、コロナがあったことでの時間の変化かもしれません。」と語った。

この日は、視聴者からの質問に答える一幕も。“コロナの影響でオンラインで映画を観るなど、観る環境が変わったことについてどう思うか?”という質問に片桐は、「コロナで映画館がやっていない時に考えたことは、“映画館に行こう!”と言っている人間が言うと誤解されてしまうかもしれませんが、今までは次から次へと新作映画、特集上映があって、私にはtoo muchだったということ。映画は1回観たら終わりということではなく、何回も何回も味わうような映画を観たいと思っていた時に、『Days』を観て感動しました。」と語った。

そして最後に、「ツァイ監督がアートフィルム、美術館で上映する映画があったらいいという話を聞きながら、台湾に旅行した時に、古いものを上手く利用して外国人にも文化を面白く見せてくれている印象を感じたことを思いました。日本でも“こういった建物必要ですか?”と思うようなことだったり、古い映画館がなくなっていくことだったり、すごくジレンマを感じています。」と自論を展開。さらに、「コロナが収まって東京に来てくださることを願っています。ありがとうございました。」と監督へメッセージを送った。
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2000年
「ケイゾク」
2001年
「連弾」
2002年
「恋に唄えば♪」
2004年
「キューティーハニー」
2004年
「恋の門」
2004年
「サヨナラCOLOR」
2005年
「フィメイル-太陽の見える場所まで-」
2006年
「ダメジン」

03月

「かもめ食堂」
2007年

06月

「図鑑に載ってない虫」(日活)
2008年

02月

「歓喜の歌」

04月

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

06月

「那須少年記」
(※栃木県内で先行上映)
2009年

03月

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」(東映)

05月

オムニバス映画「非女子図鑑」
『男の証明(あかし)』(主演)

11月

「なくもんか」(東宝)

12月

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(東宝)
2010年

08月

「怪談レストラン」(東映)
2011年

05月

「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」(ギャガ)
2013年

10月

「R100」(ワーナー・ブラザーズ映画)
2014年

05月

「薔薇色のブー子」(東宝映像事業部)

10月

「小野寺の弟・小野寺の姉」(ショウゲート)
2015年

01月

「繕い裁つ人」(ギャガ)

04月

「ジヌよさらば~かむろば村へ~」(キノフィルムズ)
2016年

03月

「アーロと少年」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)

07月

「シン・ゴジラ」(東宝)
2017年

01月

「僕らのごはんは明日で待ってる」(アスミック・エース)
 
「沈黙-サイレンス-」(KADOKAWA)

06月

「いつまた、君と~何日君再来~」(ショウゲート)

12月

「勝手にふるえてろ」(ファントム・フィルム)
2018年

11月

「体操しようよ」
2019年

10月

「蜜蜂と遠雷」

TV

2000年
「永遠の仔」(NTV)
2000年
「リミット」(NTV)
2000年
「億万長者と結婚する方法」(NTV)
2001年
「金田一少年の事件簿」(NTV)
2001年
「レッツゴー!永田町」(NTV)
2001年
「ブラックジャックIII」(TBS)
2001年
「はぐれ刑事純情派」(ANB)
2002年
「私立探偵・濱マイク」(第7・11話)(NTV)
2002年
「水戸黄門」(TBS)
2003年
「ぼくの魔法使い」(第6・10・11話)(NTV)
2003年
「すいか」(第4・9・10話)(NTV)
2004年
「光とともに」(最終話)(NTV)
2005年
「ママ!アイラブユー」(TBS)
2006年
「弁護士のくず」(第3話)(TBS)
2006年
「時効警察」(第2話)(ANB)
2006年
「介護エトワール」(NHK)
2007年

02月

「きらきら研修医」(第5話)(TBS)

04月

「セクシーボイス アンド ロボ」(NTV)
(~06月)

07月

「おじいさん先生 熱闘篇」(第4話)(NTV)

08月

「去年ルノアールで」(第6話)(TX)
2008年

02月

金曜ドラマ「エジソンの母」(第5話)(TBS)

04月

「おせん」(第1話)(NTV)

04月

金曜ドラマ「Around40~注文の多いオンナたち~」(~06月)(TBS)
2009年

04月

道徳ドラマ「時々迷々」(NHK教育)
(04月~)

10月

「ママさんバレーでつかまえて」(NHK総合)
(~12月)

12月

「ライアーゲーム シーズン2」(第5話)~(CX)
(~2010.01月)
2010年

05月

ドラマ24「TROUBLE MAN トラブルマン」(第8話~)(TX)
(~07月)

08月

日曜劇場「GM~踊れドクター」(第5話)(TBS)
2011年

02月

「プロポーズ兄弟 ~生まれ順別 男が結婚する方法~」(CX)

03月

「さよならぼくたちのようちえん」(NTV)

04月

「タンゴ-TANGO- 長塚圭史×森山未來」(WOWOW)
※2010/11/10公演、東京・Bunkamuraシアターコクーンの模様を放送

10月

「僕とスターの99日」(CX)
(~12月)
2012年

01月

「ハングリー!」(CX)
(~03月)
2013年

04月

連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK)
(~09月)

10月

「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(NTV)
(~12月)
2014年

10月

「昨夜のカレー、明日のパン」(NHK BSプレミアム)
(~11月)
2014年

11月

「脇役目線~主客逆転!教訓体感アニメ~」(ストーリーテラー)(WOWOWプライム)
(~2015年3月)
2015年

11月

「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所~美しき標的編」(TBS)
2016年

01月

「富士ファミリー」(NHK)

04月

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK)
(~10月)
2016年

06月

土曜ドラマ「トットてれび」(第6話)(NHK)
2017年

01月

「富士ファミリー2017」(NHK)

03月

ドラマスペシャル「パンセ」(TX)

09月

「この声をきみに」(NHK)
(~11月)
2018年

03月

「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」最終話 2時間スペシャル(TBS)

07月

「オリガミの魔女と博士の四角い時間『きもだめし』」(NHK Eテレ)

12月

土曜ドラマスペシャル「炎上弁護人」(NHK)
2019年

01月

「Eテレ60 Eうた♪ココロの大冒険」(NHK Eテレ)
 
「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(TX)

07月

「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(TX)※第4話
2020年

04月

「捨ててよ、安達さん」(TX)
※第4話

INTERNET TV

2017年

11月

「コートダジュール No.10」(第1話)(Hulu版)

STAGE

1987年
はいりとひとみのこんにちは公演「かごの鳥」
演出:別所文作、竹内銃一郎
1990年
「深沢版・狸御殿」
作:三谷幸喜/演出:山田和也
(博品館劇場)
1992年
黒テント「ハザマちゃんとスミちゃん」
作・演出:山元清多
 
フラワーズカンパニー「カラマーゾフの兄弟」
作:ドストエフスキー/演出:木野花
 
竹中直人の会「市ヶ尾の坂」
作・演出:岩松了
1993年
「ヴァニティーズ」
作:ジャック・ハイフナー/演出:竹邑類
(博品館劇場)
 
メジャーリーグ「女たちの十二夜」
作:シェイクスピア/演出:鵜山仁
1994年
トム・プロジェクト「ベンチャーズの夜」
作・演出:岩松了
※3年間かけて、全国をまわる。
1995年
「ボーイング・ボーイング」
作:マルク・カモレッティ/演出:竹邑類
(新神戸オリエンタル劇場)
 
「横浜どんたく」
作:小幡欣治/演出:北村文典
(御園座)
1996年
音楽劇「狸御殿」
原作:木村恵吾/脚本:斎藤雅文/演出:宮本亜門
(新橋演舞場)
 
トム・プロジェクト「マシーン日記」
作・演出:松尾スズキ
 
日本総合悲劇協会「ドライブインカリフォルニア」
作・演出:松尾スズキ
1997年
国際交流基金アジアセンター「リア」
作:岸田理生/演出:オン・ケンセン
 
「昭和歌謡大全集」
原作:村上龍/劇化:清水邦夫/演出:蜷川幸雄
(銀座セゾン劇場)
 
CURATE246-T/#3「かごの鳥」
演出:竹内銃一郎、別所文作、堤泰之
1998年
カメレオン会議「たしあたま」
作・構成・演出:竹内銃一郎
 
「ロミオとジュリエット」
作:シェイクスピア/演出:蜷川幸雄
(彩の国さいたま芸術劇場)
1999年
国際交流基金アジアセンター「リア」
作:岸田理生/演出:オン・ケンセン
※香港、シンガポール、ジャカルタ、パース、ベルリン、コペンハーゲンを巡演。
2000年
「キレイ──神様と待ち合わせした女」
作・演出:松尾スズキ
(シアターコクーン)
 
日本総合悲劇協会「ふくすけ」
作・演出:松尾スズキ

トム・プロジェクト「王将」
作:北條秀司 演出:松尾スズキ
(ザ・スズナリ)
 
「ゴドーを待ちながら」
作:サミュエル・ベケット/演出:佐藤信
(世田谷パブリックシアター)
2001年
大人計画「マシーン日記」
作・演出:松尾スズキ
2002年
トム・プロジェクト「乙女の祈り」
作・演出:水谷龍二
 
宇宙堂オフィス3○○「詩のしの詩」
作・演出:渡辺えり
 
「ニンゲン御破算」
作・演出:松尾スズキ
(シアターコクーン)
 
日本総合悲劇協会「轟音」
作・演出:松尾スズキ
2003年
NODA・MAP「オイル」
作・演出:野田秀樹
2004年
タ・マニネ「ワニを素手でつかまえる方法」
作・演出:岩松了
 
大人計画「轟天VS港カヲル」
作・演出:宮藤官九郎
 
日本総合悲劇協会「ドライブインカリフォルニア」
作・演出:松尾スズキ
 
神奈川芸術文化財団「モノローグ 朗読劇」
演出:宮﨑真子
2005年
「キレイ──神様と待ち合わせした女」
作・演出:松尾スズキ
(シアターコクーン)
2006年
トム・プロジェクト「夫婦犯罪」
作・演出:水谷龍二
2007年
劇団♪ダンダンブエノ 双六公演「砂利」
作:本谷有希子/演出:倉持裕
 
グリング「Get Back!」
作・演出:青木豪
2008年
伊東四朗一座「学おじさん」
作・演出:水谷龍二
2009年
パルコ/大人計画 メカロックオペラ「R2C2」
作・演出:宮藤官九郎
2010年
カンパニーデラシネラ「異邦人」
原作:カミュ/演出:小野寺修二
 
「タンゴ──TANGO」
作:スワヴォミル・ムロジェック/演出:長塚圭史
(シアターコクーン)
2012年
劇団、本谷有希子「遭難、」
作・演出:本谷有希子
2013年
パリ日本文化会館+カンパニーデラシネラ「ゲーム」
構成・演出:小野寺修二
 
神戸アートビレッジセンター+カンパニーデラシネラ「カルメン」
原作:メリメ/構成・演出:小野寺修二
 
カンパニーデラシネラ「異邦人」
原作:カミュ/構成・演出:小野寺修二
 
「小野寺の弟・小野寺の姉」
作・演出:西田征史
2014年
現代能楽集Ⅶ「花子について」
作・演出:倉持裕
(世田谷パブリックシアター)
 
佐渡薪能「サイコ」
構成・演出:小野寺修二
 
Dance New Air「赤い靴」
構成・演出:小野寺修二
2015年
日本総合悲劇協会「不倫探偵──最期の過ち」
作・演出:天久聖一、松尾スズキ
 
おどるマンガ「鳥獣戯画」
振付・構成・演出:スズキ拓朗
2016年
「夜ことふとる女 みたび」-平田俊子 meets 片桐はいり-
演出協力:小野寺修二
 
「あの大鴉、さえも」
作:竹内銃一郎/演出:小野寺修二
2017年
「お勢登場」
作・演出:倉持裕
2018年
サンプル「自慢の息子」
作・演出:松井周
2019年
M&Oplays プロデュース「二度目の夏」
作・演出:岩松了
2020年
「未練の幽霊と怪物」の上演の幽霊
作・演出:岡田利規

RADIO

2017年
「百円の新世界」(NHK FM)

MAGAZINE

 
「もぎりよ今夜も有難う」(キネマ旬報)
※隔号(毎月下旬号)連載
 
「毎日新聞 月刊生活情報紙ここち」
※『片桐はいりの観察ノート』連載
 
「広告」
※『片桐はいりの愛弟子はいります!』連載
 
「日本経済新聞」土曜別刷
※『日経プラスワン』内、ほぼ月イチ連載『なやみのとびら』

BOOK

2006年
「わたしのマトカ」
(2006.03.22)
2007年
「グアテマラの弟」
(2007.06.27)
2010年
「もぎりよ今夜も有難う」
(2010.08.12)

PV

2009年
メロライド「ココニアル」
(2009.11.04)

DVD

2009年
「片桐はいり4倍速」
(2009.07.17)

pagetop

page top