STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
モリサキ ウィン

森崎ウィン

メディアMEDIA

MOVIE

●「蜜蜂と遠雷」
原作:恩田陸
監督・脚本:石川慶
配給:東宝
2019年 秋 公開
※マサル・C・レヴィ=アナトール 役

●「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
監督:御法川修
配給:REGENTS
2018年11月16日(金)公開
※キミツ 役

●「クジラの島の忘れもの」
監督:牧野裕二
配給:エムエフピクチャーズ
2018年5月12日(土) 公開
※グエン・コア 役

●「レディ・プレイヤー1」
監督:スティーブン・スピルバーグ
配給:ワーナーブラザース映画
2018年4月20日(金) 日本公開
※トシロウ / ダイトウ 役
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

●日本・ミャンマー合作映画「My Country My Home」
監督:Kyi Phyu Shin
2018年3月中旬(ミャンマー国内公開予定)
※木村アウン 役

TV

2018/11/19(月)
23:20~24:20
「激レアさんを連れてきた。」
テレビ朝日系

2018/11/3(土)
19:30~22:00
「コントの日」
NHK

2018/10/24(水)
22:00~23:07
「水曜日のダウンタウン」
TBS系

2018/10/06(土)
18:30~23:50
「オールスター感謝祭」
TBS系

2018/09/30(日)
24:30~25:25
「Love music」
フジテレビ系

2018/09/29(土)
16:30~17:30
「ウタズキ」
フジテレビ系

2018/09/21(金)
19:00~21:55
「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」
フジテレビ系

2018/09/02(日)
19:57~21:54
「ニチファミ!『逃走中~上野アメ横妖怪伝説』」
フジテレビ系

2018/8/30(木)・9/6(木)
21:00~21:54
「ハゲタカ」
第7話・第8話
※天宮光一役
テレビ朝日系

STAGE

●舞台『HOME ~魔女とブリキの勇者たち~』
※立松修司役
【日程】2015年11月18日(水)~23日(月) ※全8ステージ
【劇場】草月ホール
【脚本・演出】
作/演出:笠原哲平(TEAM-ODAC)
原案: 清水翔太「HOME」

●舞台「グラファー」
【日程】2015年10月14日(水)~18日(日) ※全9回公演
【劇場】キーノート・シアター
【脚本・演出・振付】後藤健流
【CAST】森崎ウィン/本川翔太/清水ひとみ/藤本かえで/後藤紗亜弥/音河亜里奈/石田達成/後藤健流 他(敬称略)

DVD

●映画「クジラの島の忘れもの」DVD
発売日:2018/11/07(水)
発売元:クジラの島の忘れもの製作委員会
販売元:TCエンタテインメント
ご購入はコチラ>>>

●映画「レディ・プレイヤー1」ブルーレイ&DVD
発売日:2018/08/22(水)
※7月25日からはデジタルセル先行配信

【数量限定生産】プレミアム・エディション
<4K ULTRA HD&3D&2D&特典ブルーレイセット>
(7,000セット限定)(品番1000725881) 9,990円

・ブルーレイ&DVDセット
(2枚組)(品番1000726044) 3,990円

・【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット
(2枚組/ブックレット付)(品番1000726043) 4,990円

・【初回仕様】3D&2Dブルーレイセット
(2枚組/ブックレット付)(品番1000725882) 6,990円

ご購入はコチラ>>>

BOOK

森崎ウィン 1st visual & interview book「Win-Win」
【商品詳細】
発売日:2018年6月20日(水)
判型:A5変形(タテ208mm×ヨコ150mm)
ページ数:144ページ
ご購入はコチラ>>>

CM

2018/10~
SUZUKI「SWIFT」(ミャンマー)

2018/09~
Myanmar POST(ミャンマー)

SUNTORY Thailand
「BRAND'S」(ミャンマー)

サトゲー日清
「Wah-Lah ヌードル」(ミャンマー)

2018/05~
FUJIFILM(ミャンマー)

WEB

2018/12/07(金)より配信
「東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜」
Amazon Prime Video
#2「同居人はハリウッドスター?」
※ゲスト出演



2018/04/27(金)
「ミスシャーロック」(1話)
Huluオリジナルドラマ
※相沢役
視聴はこちら

ニュースNEWS

MOVIE

森崎ウィン「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 in 横浜」トークイベント!

森崎ウィンが、8/19(日) 横浜美術館で行われた「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018 in 横浜」のトークイベントに出席した。

今年20周年を迎えた、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF & ASIA)は、8月17日(金)から19日(日)の期間、横浜美術館でSSFF & ASIA 2018 in YOKOHAMAを 開催。8月19日(金)は、日本最大級のダンスフェスティバル Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018との3回目となるコラボレーションイベントを実施。ダンスをテーマに厳選した世界各国のショートフィルム(全4作品)を上映するとともに、SSFF & ASIA代表の別所哲也さんと森崎ウィンによるトークイベントが行われた。

今回上映されたショートフィルム作品で、特に気になった作品を問われると、『チビっこポールのダンスパーティー(Shrimp)』(フランス/2014)をあげ、「“Shrimp”は、直訳すると“エビ”ですが、和訳では“チビ”になっていて、僕も弟のことチビって呼んでいたので。今は僕より身長高いんですけど…(笑)弟に「チビ」って言って怒られたこととか、初めてデートに行く瞬間のこととか、思い出されることが多くて、微笑ましくて、自分と置き換えられる作品でした。」と、一番共感できる作品として感想を語った。

今年6月に森崎は、「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」にて、VR部門「VR SHORTS」の受賞プレゼンターとして登場。森崎は、VRをモチーフにした作品『レディ・プレイヤー1』に出演したことからプレゼンターに抜擢。「僕が携わった一つの作品から、次に繋がっていくのが初めての経験で、映画に出たから終わりではなく、人と人との繋がりが広がっていくのを実感できました。」と、喜びを語った。

25歳でハリウッドへと渡った別所哲也さん同様、森崎も25歳でハリウッド作品の撮影に挑戦。25歳で見たハリウッドの世界は、「夢のような場所で地に足がつかないような状態でした。普段だったら自分と向き合いながらできていたことが、新しいことに追われて、自分を見直す余裕がなくて、悔しかった部分もたくさんありました。」と思いを明かし、主演俳優の姿を見て、「もし俺がその立ち位置だったらできないことも多くて…悔しくなってきて、絶対また戻ってやろう、って考えました」と、決意を語った。
また、単身で長期撮影に挑んだことから、「オフの日は、車を一台借りていたので、5時間かけて海に行ったりしていました。一人だったので寂しかったです…(笑)」と、撮影当時のエピソードを振り返った。

ハリウッド作品への出演が決定し、PrizmaXメンバーの反応について問われると「男子校みたいなものなので、“悔しい”って思いも伝わってきましたし、心の底から「おめでとう」って言ってくれていたのも感じたので、切磋琢磨できる環境でした。」とコメント。

8月20日に28歳になる森崎は、3年計画を立てていると言い、ハリウッドの先輩でもある別所さんから「とにかく立ち止まるな。自分が求められているものだと思って、どんどん飛び込め。」とアドバイスをもらうと、熱心に頷いた。イベント中、25歳でハリウッドに渡った、という共通点に加え、手相も一緒、ということが発覚。百握りとも呼ばれる「ますかけ線」という、珍しい手相の持ち主で、「どこかでDNAが繋がってるのかな?!」「自分以外で初めてお会いしました!」と、会場中をどよめかせた。

会場からの質問に答えるコーナーでは、「表現者として一番達成感を感じたことは?」の問いに「裏声を出せたとき」と答え、PrizmaXではヴォーカルを担当していることから、「ファルセットが出せたときの達成感は、今でも覚えています。」と感慨深く話した。
「二人が共演するならどんな役柄で共演したい?」と言う問いには、「普段はできないことができるのが醍醐味。別所さんの上司の役だとか、よーいスタート!で切り替えてやってみたい。」と、共演に向けて熱く語った。

最後に、「28歳になる前の出会いに感謝して、28歳としてもう少し落ち着きのある、魅力的なダンディな男になれるようにこれからも日々精進して参ります。これからも応援よろしくお願い致します。」と28歳の抱負を語り、イベントを締めくくった。

PrizmaXとして、俳優として、森崎ウィンの活動に、是非ご期待ください!


■森崎ウィン 公式Instagram
https://www.instagram.com/win_morisaki_official

■森崎ウィン 出演情報
映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
2018年11月16日公開
※キミツ役

ドラマ「ハゲタカ」
2018年8月30日、9月6日
※天宮光一役

★PrizmaXオフィシャルサイト ⇒http://www.prizmax.tokyo/
★PrizmaXオフィシャルTwitter ⇒ @prizmax_staff
★PrizmaXオフィシャルLINE ⇒ @prizmax
★PrizmaXオフィシャルFacebook ⇒https://www.facebook.com/PrizmaX.official.win.daiki.yuuki.tsubasa/
  • はてなブックマーク

MOVIE

森崎ウィン 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」アワードセレモニーに登場!

森崎ウィンが、6/17(日)都内で行われた「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018」のアワードセレモニーに、受賞プレゼンターとして出演した。

同映画祭は、1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 2001年に「ショートショート フィ
ルムフェスティバル(SSFF)」と改称し、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定された。
その後、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」が20
04年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催している。

映画祭20周年の節目となる今年は、6/4(月)〜6/24(日)まで、世界130以上の国と地域から集まった過去最高1万本の作品から選りすぐりの約250作品を東京8
会場で上映。国内の映画祭として初となるVR部門や、学生部門・ノンフィクション部門を新設し、日本初公開となる第90回アカデミー賞短編実写部門の受賞作品を揃えるなど、世界から注目を集めている。

今年より国内の映画祭として初めて設立されたVR部門、「VR SHORTS」の受賞プレゼンターとして登場した森崎は、現在公開中のスティーヴン・スピルバーグ監督最新
作、ハリウッド映画「レディ・プレイヤー1」に唯一の日本人キャストとして出演。物語は、広大な仮想現実(VR)世界を舞台にした作品となっている。

同作でVR撮影を体験した森崎は、「360度となると気が抜けず、全て見られている状態。でもそれが面白いポイントになっていると思います。」とコメント。

撮影で印象に残っていることを聞かれ、「僕にとって初めてのハリウッド作品で、セットの豪華さをはじめ、いろいろなところでスケールの大きさを感じました。何よりもケータリングがすごかったです。イギリスで撮影をしたのですが、クラフトサービスは専用のトレーラーでした。ハリウッドに来たな、と思いました(笑)。」と振り返った。

さらに、「「レディ・プレイヤー1」を初めて観たときに、これが今僕たちが生きているリアルな世界に来るんだと思ってワクワクが止まらなかったです。本当に楽しくて、今後もVRに期待しています。」とVRの魅力を語っていた。

■森崎ウィン公式Instagram
https://www.instagram.com/win_morisaki_official

★PrizmaXオフィシャルサイト ⇒http://www.prizmax.tokyo/
★PrizmaXオフィシャルTwitter ⇒ @prizmax_staff
★PrizmaXオフィシャルLINE ⇒ @prizmax
★PrizmaXオフィシャルFacebook ⇒https://www.facebook.com/PrizmaX.official.win.tim.daiki.yuuki.tsubasa/
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2009年

07月

「ごくせん THE MOVIE」(東宝)
2010年

02月

「パレード」(ショウゲート)

05月

「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」(ワーナー・ブラザーズ映画)

08月

「劇場版 怪談レストラン」(東映)
2011年

10月

「天国からのエール」(アスミック・エース)
2012年

08月

「闇金ウシジマくん」(S・D・P)
2014年

08月

「シェリー」※主演
2016年

01月

「鬼談百景『追い越し』」(日本出版販売)
2018年

02月

日本ミャンマー合作映画「My Country My Home」

04月

「レディ・プレイヤー1」(ワーナー・ブラザーズ映画)

05月

「クジラの島の忘れもの」(エフエムピクチャーズ)

11月

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(REGENTS) 

TV

2008年

04月

「みんなのうた」(NHK)
※『CRYSTAL CHILDREN』(CRYSTALS)O.A
(~05月)

06月

「東京少女 恋より大切なこと」(BS-i)

07月

「学校じゃ教えられない!」(NTV)
(2008年07〜09月)
2009年

03月

「ごくせん卒業スペシャル'09」(NTV)

08月

「イケメンデルの法則」(KTV)
(08,11月)

10月

「仮面ライダーダブル」(7・8話)(EX)

12月

「激モテ!セブンティーン学園」(BS-TBS)
2012年

09月

「ゴーストママ走査線 僕とママの不思議な100日」(第8話)(NTV)

12月

「天の方舟」(WOWOWプライム)
(12月~)
2013年

04月

「恵比寿ケチャッピュ」(TOKYO MX)
2013年

07月

「名もなき毒」(TBS)
2014年

07月

「ペネロの葬列」(1話)(TBS)
2017年

06月

「2度目の〇〇~ちょっとディープな海外旅行!~」(NHK-BSプレミアム)

07月

「Kissうぃ~ね!season 2」MC(AbemaTV)
2018年

01月

「My Dream My Life」(日本・ミャンマー国際共同制作ドラマ)

04月

「しゃべくり007」(NTV)
 
「王様のブランチ」(TBS)

05月

「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(NTV)
 
「家、ついて行ってイイですか?」(TX)
 
「ダウンタウンDX」(NTV)
 
「行列のできる法律相談所」(NTV)

06月

「全力!脱力タイムズ」(CX)
 
「ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!」(NTV)
 
「やっちまったヒストリー」(NTV)
 
「沸騰ワード10」(NTV)
 
「福ごはん」(BS-TBS)
 
「今夜くらべてみました」(NTV)
 
「ギリギリ昔話」(CX)

07月

「1Hセンス」(CX)
 
「有田ジェネレーション SP」(TBS)
 
「くりぃむクイズ ミラクル9」(EX)
 
「有田ジェネレーション」(TBS)
 
「にじいろジーン」(CX)
 
「踊る!さんま御殿!!」(NTV)
2018年
「ダウンタウンなう」(CX)
 
「7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート」(TBS)
 
「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(CX)
 
「東京らふストーリー」(EX)
 
「#そのつぶやき、くわしく教えてくれませんか?」(TX)

STAGE

2007年
「POWER BOXX」vol.1~4
(~2008年)
2010年

08月

「EBiDAN」

11月

「EBiDAN THE LIVE」

12月

「EBiDAN」
2012年

03月

「EBiDAN THE LIVE 春の陣 ~お披露目!新ユニット旋風の乱~」

04月

「3次元の彼女~Z(ゼータ)~」

05月

「EBiDAN THE LIVE 風林火山 応-WESTの乱」

07月

「露出狂」
(~08月)
2013年

01月

「恋するブロードウェイ♪ vol.2」
(~02月)

05月

「大西洋レストラン」
2014年

10月

「CLUB SLAZY The 3rd invitation~Onyx~」
2015年

10月

「グラファー」
2015年

11月

「HOME~魔女とブリキの勇者たち~」

EVENT

2009年

10月

JBL2009-2010トヨタ自動車アルバルクホームゲーム ハーフタイムイベント
2010年

02月

JBL2009-2010トヨタ自動車アルバルクホームゲーム ハーフタイムイベント

CD

2008年
CRYSTALS「CRYSTAL CHILDREN」
(2008.04.23)
 
クリスタルズ feat.PrizmaX 「CRYSTAL CHILDREN〜眩い未来へ〜」
「HEART OF CRYSTAL(ピアノバラードver.)」Tim&Win(配信限定)
(2008.11.05)
2013年
PrizmaX「Mysterious Eyes/GO!」
(2013.03.27)

ALBUM

2017年
PrizmaX 「Gradually」
(2017.3.29)

DVD

2008年
「みんなでおどろう!CRYSTAL CHILDREN
(2008.11.05)
2009年
「ミテルだけ for Lady」
(2009.11.25)
2012年
「天国からのエール」
(2012.05.02)
2013年
「闇金ウシジマくん」DVD
(2013.02.08)
 
映画「闇金ウシジマくん」Blu-ray
(2013.02.27)
 
連続ドラマW「天の方舟」DVD
(2013.09.03)
2015年
映画「シェリー」DVD
(2015.04.25)

MAGAZINE

2017年

08月

洋楽専門雑誌「INROCK」(コラム掲載)
(~2018年3月)

CM

2012年

03月

カルピス株式会社「カルピスウォーター」

06月

(株)NTTdocomo ドコモthanksキャンペーン「とある留学生と、私。」

PV

2009年
FUNKY MONKEY BABYS「明日へ」
(2009.11.18)
2012年
ソナーポケット「月火水木金土日。~君に贈る歌~」
(2012.04.25)
2018年
alcott「LOVE LETTERS」(第一話-告白-) 
(2018.3.15)

WEB

2016年

12月

「東京女子図鑑」(Amazonプライム・ビデオ)
2018年

04月

「ミスシャーロック」(1話)(Huluオリジナルドラマ)※相沢役

pagetop

page top