STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
ワタベアツロウ

渡部篤郎

メディアMEDIA

MOVIE

「マスカレード・ホテル」
2019/01/18(金)公開
監督:鈴木雅之
脚本:岡田道尚
公式サイト

TV

2020年1月スタート
毎週火曜
21:00~
「10の秘密」
カンテレ・フジテレビ系

2020/01/03(金)
21:00~23:45
「マスカレード・ホテル」
フジテレビ

2019年11月スタート
「連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」
WOWOWプライム

2019年7月11日スタート
毎週木曜
22:00~22:54
木曜劇場 「ルパンの娘」
フジテレビ
公式サイト

2019/07/10(水)
「ホンマでっか!?TV」
フジテレビ
公式サイト

2019/07/06(土)
「めざまし特大号」
フジテレビ
公式サイト

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」
WOWOWプライム
公式サイト

2018/12/14(金)
「大誘拐2018」
東海テレビ
公式サイト

CM

アコム
公式サイト

MAGAZINE

2019/08/08(木)
「夕刊フジ」

2019/08/05(月)
「STEPPIN'OUT!」

DVD

ドラマ「ルパンの娘」Blu-ray BOX&DVD-BOX
発売日:2019/12/25(水)
フジテレビe!ショップ
TCエンタテインメント 通販サイト

ドラマ「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」Blu-ray BOX&DVD-BOX
発売日:2019/06/21(金)

ドラマ「ハゲタカ」Blu-ray BOX&DVD-BOX
発売日:2018/12/19(水)
公式サイト

ドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」Blu-ray BOX&DVD-BOX
発売日:2018/09/12(水)
公式サイト

ドラマ「都庁爆破!」Blu-ray&DVD
発売日:2018/04/27(金)
公式サイト

ニュースNEWS

TV

渡部篤郎 「連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~」完成披露試写会!

渡部篤郎が出演する「連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~」完成披露試写会が11/7(木)に行われ、渡部が登壇した。

同作は、「犯人に告ぐ」、「検察側の罪人」といった数々の映像化作品で注目を集める雫井脩介原作のもと、本格社会派ドラマのエッセンスを活かしつつ、これまでの作品と一線を画した、女性主人公×スタイリッシュなビジネスエンターテインメントとなっている。

「私をクビに?」-父親が社長を務めるアウトドア用品メーカー、フォーンの幹部として働いていた鹿子小穂(松下奈緒さん)は愕然とした。ものづくりへの信念を引き継いで仕事に励んでいたが、突然の解雇。背景には“あるヘッドハンター”を介して招聘された人物の策略が…。
そんな中、小穂の前に「ヘッドハンター」を名乗る渡会花緒里(内田有紀さん)が現われ、くしくも彼女が働くヘッドハンディング会社・フォルテフロースで働くことに。そして、ボスの並木剛(小手伸也さん)に連れられて初仕事に行くと、そこには競合の剛腕ヘッドハンター戸ヶ里政樹(渡部篤郎)が…。駆け引き、裏切り、騙し合いを繰り広げながら、小穂は一癖も二癖もある経営者らクライアントやキャンディデイト(ヘッドハンティングの候補者)と対峙し、「人の人生を預かる仕事」にやりがいを見いだしていくが…。その一方、フォーンの経営に暗雲が漂い始めていた。その裏にいるのは…。

第1話上映前に行われた舞台挨拶に登壇した渡部は、「ようこそお越しいただきました。1話も良いんですけど、2話がもっと良いです。なんでかといいますと、私がたくさん出ているんです(笑)。なので、ぜひ2話もよろしくお願いします。」とコメント。

戸ヶ里政樹を演じた感想について、「敏腕のヘッドハンター役で、小手さんがライバルなんですが、どうしても僕のほうが優秀に見えてしまうという…嘘です(笑)。楽しくやらせていただきました。」と話し、会場の笑いを誘った。

さらに戸ヶ里との共通点を聞かれ、「楽観的で諦めも早いですし、仕事好きなわりにはわりとさっぱりしているところですかね。」と明かした。

ドラマのタイトルにちなみ、仕事をする上での流儀は?という質問に、「いただく仕事は感謝しています。とにかく真面目に真剣に仕事をしようといつも思っています。」と語った。

「連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~」は、11/16(土)よりWOWOWプライムにて毎週土曜22:00~放送開始。(第1話無料放送)
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

TV

渡部篤郎 ドラマ「ルパンの娘」記者会見!

渡部篤郎出演ドラマ「ルパンの娘」記者会見が7/7(日)に行われ、キャストとともに渡部が登壇した。

同作は、2015年8月に発表され、この春にも各書店の文庫売上1位を獲得するなど、ロングセラーとなっている横関大さんの同名小説(講談社文庫刊)をドラマ化。
代々泥棒一家の娘・三雲華と代々警察一家の息子・桜庭和馬との決して許されない恋愛を軸に、家族ドラマ、「泥棒vs警察」の攻防戦やミステリー、アクション、そしてまさかのミュージカル要素までも詰め込み、エンターテインメントの粋を集積させた奇想天外なラブ&コメディー作品となっている。

渡部は、華の父・三雲尊を演じる。尊は、美術品専門の泥棒で品のあるダンディーな男。美術品のみならず、三雲家が住んでいる高級タワーマンションの他の住人からキャビアや高級ワインなども調達してくる。三雲家の指示系統の主軸的存在で、華が家業を継がないことをよく思っておらず、長男も引きこもりという現状に、“Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもと危惧している。

会見に出席した渡部は、「お集りいただきありがとうございます。なかなかこういった楽しそうな作品が少ない中、選んでいただいたことを心より感謝しております。どうぞよろしくお願いします。」と挨拶。

原作・脚本を読んだ感想について、「そのうち分かるのですが、随分原作とは違うんですよ。随分と言ったらあれですが、11話にするために、いろいろと原作をパワーアップして作っているというお話をプロデューサーから聞きました。観ている人が随分違うじゃないかとなるからね、悪い意味じゃないですからね(笑)。」と話し、笑顔を見せた。

同作では、泥棒一家が着用する“泥棒スーツ”姿も見どころの一つ。その着心地について問われ、「暑いよ、本当に(笑)。皆良いこと言っているけど、僕はもうとにかく暑いなと思って。このあいだも、ダクトを割と早く歩いてくれと言われて、一回やってみてごらんよ、と思うわけです。簡単に言うからね。何回かやるうちに、僕もう50歳を超えたんですけど、近年こんなに汗かかないよね。そのぐらい暑かったです。」と撮影の裏側を明かし、会場の笑いを誘った。

この日は七夕であることにちなみ、短冊に願い事を書くことに。『家族が元気でありますように』と書いた渡部は、「父ですから、いつも考えているのはそこだけです。皆が元気で、楽しい笑顔をパワーにしています。」と力を込めた。

ドラマ「ルパンの娘」は、フジテレビ系で7/11(木)より毎週木曜22:00~放送!
(初回15分拡大)
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

1992年
「橋のない川」(監督:東陽一)
1993年
「ナースコール」(監督:長崎俊一)
 
「虹の橋」(監督:松山善三)
★第6回東京国際映画祭特別招待作品
 
「レッスン LESSON」(監督:長谷部安春)
1995年
「復讐の帝王」(監督:成田裕介)
 
「静かな生活」(監督:伊丹十三)
★第19回日本アカデミー賞優秀主演男優賞
★第19回日本アカデミー賞新人賞
1996年
「スワロウテイル」(監督:岩井俊二)
1997年
「愛する」(監督:熊井啓)
★第25回モントリオール国際映画祭コンペティション部門出品作品
1998年
「緑の街」(監督:小田和正)
 
「JOKER 厄病神」(監督:小松隆志)
 
「落下する夕方」(監督:合津直枝)
★第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品
1999年
「heat after dark」(監督:北村龍平)
2000年
「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」(監督:堤幸彦)
2001年
「狗神」(監督:原田眞人)
★第51回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品
 
「大河の一滴」(監督:神山征二郎)
 
「最後の恋、初めての恋」(日中合作映画)(監督:当摩寿史)
★第16回東京国際映画祭特別招待作品
2004年
「ゼブラーマン」(監督:三池崇史)
2005年
「阿修羅城の瞳」(監督:滝田洋二郎)
 
「美しい夜、残酷な朝」(監督:三池崇史)
★第17回東京国際映画祭特別招待作品
 
「いらっしゃいませ、患者さま。」(監督:原隆仁)
 
「2/2」(監督:伊藤秀裕)
 
「ちゃんこ」(監督:サトウトシキ)
2006年
「水霊」(監督:山本清史)
2007年
「茶々~天涯の貴妃」(監督:橋本一)
2009年
「愛のむきだし」(監督:園子温)
★第59回ベルリン国際映画祭 フォーラム部門正式招待
 国際批評家連盟賞,カリガリ賞 受賞作品
★第11回バルセロナ・アジア映画祭 観客賞 受賞作品
★第9回ニューヨークアジア映画祭 グランプリ,観客賞 受賞作品
★モントリオール・ファンタジア国際映画祭2009
 審査員賞特別賞(Jury Special Prize),最優秀アジア映画賞(金賞)
 最優秀革新映画賞(金賞)受賞作品

★香港国際映画祭ブエノスアイレス国際映画祭
★ニッポンコネクション
★日本メディア映画祭
★ウディネ・ファーイースト映画祭
★アジアン・パシフィック映画祭
★ラゴウ映画祭
★カルロヴィヴァリ国際映画祭
★サイレントムービーシアター
★シネヨーロッパ&シネアンビグ
★ニュージーランド国際映画祭
★プチョン国際ファンタスティック映画祭
★ハワイ国際映画祭
★ メルボルン国際映画祭
★ボスニア・サラエボ映画祭
★アテネ国際映画祭
★レインダンス映画祭
★オースチン・ファンタスティック映画祭
★カルガリアンダーグラウンド映画祭
★香港アジア映画祭
★アジアン・パシフィック・スクリーニング・アウォーズ
以上、出品作品
 
「重力ピエロ」(監督:森淳一)
 
「ROOKIES-卒業-」(監督:平川 雄一朗)
 
「レイトン教授と永遠の歌姫」(声優)(監督:橋本昌和)
2010年
「誰かが私にキスをした」(監督:ハンス・カノーザ)
 
「てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜」(監督:李闘士男)
 
「ラブコメ」(監督:平川雄一朗)
 
「コトバのない冬」(監督・原案・出演:渡部篤郎)
★第46回台北金馬映画祭Gala Screenings部門ノミネート作品
★第21回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品
★第33回香港国際映画祭ワールドシネマ部門グローバルビジョン出品作品
★第11回バルセロナアジア映画祭コンペティション部門出品作品
★第10回アジアンフィルムメディアル コンペティション部門出品作品
2011年
「岳ーガクー」(監督:片山修)
2011年
「ハードロマンチッカー」(監督:グ・スーヨン)
 
「The Flowers of War」(監督:チャン・イーモウ)
(世界公開)
★第69回ゴールデングローブ賞 最優秀外国語作品賞 ノミネート
★第48回アカデミー賞 外国語映画賞 中国代表出品作品
★第62回ベルリン国際映画祭 コンペディション部門出品作品
2012年
「外事警察 その男に騙されるな」(監督:堀切園健太郎)
2013年
「探偵はBARにいる2」(監督:橋本一)
2014年
「R100」(監督:松本人志)
2015年
映画「ST 赤と白の捜査ファイル」(監督:佐藤東弥)

TV

1991年
「青春の門」(TX)
1993年
「琉球の風」(NHK)
 
「湘南女子寮物語」(ANB)
1996年
「婚約旅行」(NHK)
 
「月の船」(NHK)
1997年
「毛利元就」(NHK)
 
「ストーカー 逃げきれぬ愛」(YTV)
 
「ベストパートナー」(TBS)
1998年
「ラブアゲイン」(TBS)
 
「なにさまっ!」(TBS)
 
「ようこそミセス再出発セミナーへ」(NHK)
 
「剣客商売」(CX)
1999年
「ケイゾク」(TBS)
 
「ラビリンス」(NTV)
 
「剣客商売2」(CX)
 
「ケイゾク/特別篇」(TBS)
2000年
「ビューティフルライフ」(TBS)
 
「永遠の仔」(YTV)
 
「百年の物語」最終章“オンリー・ラブ”(TBS)
 
「三億円事件~20世紀最後の謎」(CX)
2001年
「北条時宗」(NHK)
 
「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」(TBS)
 
「明るいほうへ明るいほうへ」(TBS)
2002年
「First Love」(TBS)
 
「愛なんていらねえよ、夏」(TBS)
2003年
「幸福の王子」(NTV)
 
「恋文~私たちが愛した男〜」(TBS)
2004年
「世にも奇妙な物語 Be Silent」(CX)
2005年
「古都」(ANB)
 
「国盗り物語」(TX)
 
「大化改新」(NHK)
 
「巷説百物語・狐者異」(WOWOW)
 
「二十四の瞳」(NTV)
2006年
「里見八犬伝」(TBS)
 
「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」(NTV)
 
「白夜行」(TBS)
 
「巷説百物語・飛縁魔」(WOWOW)
2008年
「天と地と」(ANB)
 
「ROOKIES」第10話・11話(特別出演)(TBS)
 
「Room of King」(CX)
2009年
「ゴッドハンド輝」(TBS)
 
「結党!老人党」(WOWOW)
 
「外事警察」(NHK)
 
「火と汐」(TBS)
2010年
「まっすぐな男」(KTV)
 
横山秀夫サスペンス「他人の家」(WOWOW)
2011年
「美しい隣人」(KTV)
 
「再生巨流」(WOWOW)
 
「下町ロケット」(WOWOW)
2012年
「明日をあきらめない...がれきの中の新聞社~河北新報のいちばん長い日~」(テレビ東京)
 
「真備庄介霊現象探求所シリーズ「背の眼」」(BS日テレ)
 
「市長はムコ殿」(BS朝日)
 
「プラチナタウン」(WOWOW)
 
「東京全力少女」(NTV)
2013年
「女と男の熱帯」(WOWOW)
 
「ST~警視庁科学特捜班~」(NTV)
 
「クロコーチ」(TBS)
 
「恋」(TBS)
2014年
「ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~」(CX)
 
スペシャルドラマ「アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子」(CX)
 
「ST 赤と白の捜査ファイル」(NTV)
2015年
「銭の戦争」(CX)
 
「翳りゆく夏」(WOWOW)
 
「天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-」(EX)
 
「デザイナーベイビー-速水刑事、産休前の難事件-」(NHK)
 
「黒蜥蜴」(KTV)
2016年
「お義父さんと呼ばせて」(KTV/CX)
 
「沈まぬ太陽」(WOWOW)
 
「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(CX)
2017年
「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」(WOWOW)
 
「冬芽の人」(TX)
 
「犯罪症候群」(THK・WOWOW)
 
「警視庁いきもの係」(KTV/CX)
 
「パパ活」(CX)
2018年
「都庁爆破」(TBS)
 
「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」(TBS)
 
「シグナル 長期未解決事件捜査班」(KTV/CX)
 
「ハゲタカ」(ANB)

STAGE

2006年
「La pluie d' ete a Hiroshima」
演出家:エリック・ヴィニエ
※フランス人と全編フランス語による完全ふたり芝居をフランス6都市、計66公演行う
(2006年05月~12月、2007年01月~02月)
2014年
「THE 39 STEPS」
(10月~11月)

BOOK

2007年
「FRANCE 172 ATSURO WATABE」(キネマ旬報社)
(2007.08.03)

OTHER

2009年
●ゲーム
任天堂DS「レイトン教授と魔神の笛」
2011年
●ゲーム
任天堂DS「レイトン教授と奇跡の仮面」
2013年
●ゲーム
任天堂DS「レイトン教授と超文明Aの遺産」

pagetop

page top