STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
ヤマダタカユキ

山田孝之

メディアMEDIA

INFORMATION

◆最新情報は公式サイトをご覧ください。

山田孝之オフィシャルサイト
山田孝之オフィシャルサイト

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクト発表記者会見!

山田孝之が、9/16(水)東京国際フォーラムにて行われた「MIRRORLIAR FILMS」(ミラーライアーフィルムズ)プロジェクト発表記者会見に出席した。

役者を目指す全ての人に「学び」と「チャンス」を提供するため、山田孝之、阿部進之介、伊藤主税らが発起人となり、2017 年にスタートしたサービス「MIRRORLIAR」。
今回、新たな企画として、若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合し映画を作り上げるプロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」を立ち上げ、年齢・職業問わず一流監督から一般クリエイターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作し、1stシーズンを2021年夏に全国劇場公開する。シーズン2、3、4 と 3 ヶ月ごとに公開していき、4シーズン公開後には映画祭を開催。グランプリ作品に500万円の賞金を贈呈する。

会見に登壇した山田は、「MIRRORLIARを4年ぐらい前に立ち上げまして、その中でMIRRORLIAR FILMSというものをやることになりました。多分立ち位置的にはプロデューサー的なところです。よろしくお願いします。」と挨拶。

グランプリ作品に贈られる賞金の話題が挙がると、「ショートフィルムの映画祭では、かなり金額が多い方だと思うんですけど、僕らとしては最初の段階で制作費を出すことはできませんが、グランプリをとってそれを次の作品の制作費にあててもらって、新たなクリエイターと素敵な作品が生まれたらいいなというところから、こういう金額を選定させていただきました。」と明かした。

また、「今SNSなどで日常的に動画を撮って表に出すことは根付いていると思うので、そこにストーリーと台詞を作って撮ってみる。台詞や音が無い作品でもいいわけですし、そういうものが気軽で身近になってほしいと思って企画を立ち上げたので、主婦の方が“500万円貰えるからやりましょうよ!”とか、帰ってきた息子に“部活もいいけど、ちょっと動画撮って!”とか、旦那さんにも“あなたも何か撮りなさいよ”というようなことが起きたらいいなと思っています。」と語った。

全36本の作品の中には、著名な俳優・映画監督24名によるオリジナル作品も含まれ、その中の12 名を会見にて発表。監督として参加するのは、山田と阿部のほか、安藤政信、井樫彩、紀里谷和明、志尊淳、柴咲コウ、野崎浩貴、福永壮志、藤井道人、水川あさみ、山下敦弘という錚々たるメンバー。選定方法については、「一般公募に関しては結構前から発表していて、チェックしている方々がお声掛けしてくださった場合もありますし、僕らの方から“映画に挑戦してみませんか?”とお声掛けした方もいます。“やりたい”というノリノリの人もいるし、“ちょっと怖いな”という人たちには、背中を押して“サポートしてくれるならやってみる!”と言ってくれた方もいます。」とコメント。

自身の監督としての意気込みを聞かれると、「(委員会メンバーなので)賞金は貰えないからなぁ…(笑)。何でもやってやろうという感じですが、何を撮ろうというのはまだ決めていなくて、5分から15分で予算も限られていて制限があるからこそアイデアで乗り越えて、何か面白い刺激的な作品をつくれたらいいなと思っています。他の方々がどういった作品をつくるのか分からないですが、そんなことは考えずにみんな好きなことをやって、とっ散らかった面白いものになれば、それはそれで良いと思います。」と意気込んだ。

最後に、「皆さんが生きていく上で人に話したいと思ったことを我慢して文字に起こして短編を作ってみたら意外と面白いショートフィルムになることもあると思います。表現の仕方がポジティブでもネガティブでもいいので、そういったものを出す場の1つとしてショートフィルムが確立されていったら面白くなるんじゃないかなと思うので、ぜひぜひ皆さん日頃から色々なものに目を向けてネタを探してちょっと短編撮ってみてください。」とメッセージを送り、締めくくった。

「MIRRORLIAR FILMS」1stシーズンは、2021年夏全国公開予定(全4シーズン)。
12枠が一般公募となっており、応募締め切りは2021/2/28(日)まで。
ぜひチェックしてください。

【公式サイト】
https://mirrorliar.com/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

山田孝之 主演映画「ステップ」大ヒット記念オンライントークショー!

山田孝之主演映画「ステップ」の大ヒット記念オンライントークショーが、7/24(金)行われた。

同作は、『とんび』『流星ワゴン』など大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた作家・重松清氏による同名小説が原作。30歳の若さで妻に先立たれた主人公・健一とその娘・美紀が、周囲との交流を通して成長していく姿を描いた感動作だ。

突然の生活の変化の中、悲しみや不安を抱えながらも、一歩一歩ゆっくりと歩んでいく家族の姿は、この不安定な時代に生きる人々の心を包み、励ましてくれる物語となっており、すでに映画を鑑賞した観客からは、「冒頭から涙腺への刺激が容赦なく何度も泣かされた」「ひたすらに心温まる2時間」「悲しさより、寂しさより人間の優しさが涙を誘う」など、SNSを中心に感動のメッセージが爆発している。

この日のオンライントークショーでは、山田と飯塚健監督がスタジオに集合し、國村隼さん、白鳥玉季さん、角田晃広(東京03)さん、そしてスペシャルゲストに主題歌「在る」を提供した秦基博さんがそれぞれリモートで登場する形で、“『ステップ』ファミリー”が集合しトークを繰り広げた。

男手一つで娘を育てる等身大のシングルファザー・健一を演じた山田は、開口一番「こんにちは!」と大きな声で元気いっぱいに挨拶。「まだ観ていない方はぜひ観に行ってください。」と作品をアピール。

ゲスト陣が出演したシーンを紹介するコーナーでは、山田、國村さん、角田さんの3人が並んで寿司屋で食事をするシーンを実際に上映しながら、撮影当時を振り返えることに。
山田は撮影当時を振り返りながら、「テストの時に、何をどのタイミングで食べるかすごく考えないといけないから、緊張します。」と食事のシーンの難しさをコメント。

トークショーの後半には、視聴者から映画公式TwitterとIntagramで募集した質問に、ゲスト陣が回答するコーナーを実施。「最近言われて嬉しかった言葉は?」という質問に山田は「やっぱり『ステップ』を観た方々が、『素敵な映画だね』って言ってくれたことが、非常に嬉しかったです!」とカメラ目線でばっちりコメントし、笑いを誘った。

また、あらためて本作を振り返った山田は、妻を亡くした健一の役作りに真摯に取り組んだ結果、撮影期間中はずっと健一として辛い思いを抱えていたことを明かし、試写でも「健一の辛かった過去をもう一度見せつけられた気がして、客観視できなかった」という。「何人か他の役で人生を経験していけば薄れていくので、時間はかかるけど観られるかもしれません」と語り、飯塚監督に対して「どうします?いきなり5年後ぐらいに、『ステップ観ましたよ!』ってすごい熱いメールが来たら!」と笑わせた。

最後は、「僕は健一としてその期間を生きたので辛かったんですけど、この映画は愛の物語です。辛い涙というよりは、彼らの愛情を観て、嬉しくなって、涙が出てるんじゃないかと思います。とても良い映画らしいので(笑)。もしタイミングが合えば、劇場という集中力の高い空間で、この作品とまっすぐ向き合っていただけたら嬉しいです。」と熱いメッセージを贈った。

映画「ステップ」は、大ヒット上映中!
ぜひご覧ください。


【ストーリー】
健一はカレンダーに“再出発”と書き込んだ。始まったのは、2 歳半になる娘・美紀の子育てと仕事の両立の生活だ。
結婚 3 年目、30 歳という若さで突然妻を亡くした健一はトップセールスマンのプライドも捨て、時短勤務が許される部署へ異動。何もかも予定外の、うまくいかないことだらけの毎日が始まった。そんな姿を見て、義理の父母が娘を引き取ろうかと提案してくれたが、男手一つで育てることを決める。妻と夢見た幸せな家庭を、きっと天国から見ていてくれる妻と一緒に作っていきたいと心に誓い、前に進み始めるのだ。美紀の保育園から小学校卒業までの 10 年間。様々な壁にぶつかりながらも、前を向いてゆっくりと<家族>への階段を上る。泣いて笑って、少しずつ前へ。
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

2002年

07月

「猫の恩返し」(東宝)※声優出演、スタジオジブリ
2003年

08月

「ドラゴンヘッド」(東宝)
2004年

06月

「ジェニファ 涙石の恋」(ウィルコ)
2005年

06月

「電車男」(東宝)※主演
2006年

11月

「手紙」(GAGA)※主演

12月

「エラゴン 遺志を継ぐ者」(20世紀フォックス)※主演・声優出演
2007年

06月

「そのときは彼によろしく」(東宝)※主演

06月

「舞妓Haaaan!!!」(東宝)

10月

「クローズZERO」(東宝)
2008年

09月

「イキガミ」(東宝)

12月

「252 生存者あり」(ワーナー・ブラザース映画)
2009年

04月

「クローズZERO II」(東宝)
 
「鴨川ホルモー」(松竹)※主演

07月

「MW-ムウ-」(GAGA)※主演

11月

「大洗にも星はふるなり」(日活)※主演
2010年

06月

「シーサイドモーテル」(アスミック・エース)

09月

「十三人の刺客」(東宝)

10月

「乱暴と待機」(ショウゲート)※主演
2011年

01月

「GANTZ」(東宝)

02月

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」(東宝)

04月

「GANTZ PERFECT ANSWER」(東宝)

09月

「アンフェア the answer」(東宝)

11月

「指輪をはめたい」(GAGA/キノフィルムズ)※主演
2012年

02月

「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

06月

「闇金ウシジマくん 劇場版」(S・D・P)※主演

09月

オムニバス映画「BUNGO~ささやかな欲望~『握った手』」※主演
 
「のぼうの城」(東宝/アスミック・エース)

11月

「悪の教典」(東宝)
 
「その夜の侍」(ファントム・フィルム)
 
「ミロクローゼ」(ディーライツ)※主演
2013年

04月

「らくごえいが(ライフ・レート)」(アールグレイフィルム)※主演

06月

「俺はまだ本気出してないだけ」(松竹)

09月

「凶悪」(日活) ※主演
2014年

02月

「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」(東宝)

05月

「闇金ウシジマくん Part2」(S・D・P) ※主演
 
「MONSTERZ モンスターズ」(ワーナー・ブラザース映画) ※主演
2015年

05月

「新宿スワン」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

10月

「バクマン。」(東宝)
2016年

01月

「信長協奏曲」(東宝)

04月

「テラフォーマーズ」 (ワーナー・ブラザース映画)

09月

「闇金ウシジマくん Part3」(東宝映像事業部=SDP) ※主演

10月

「何者」(東宝)

10月

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」(東宝映像事業部=SDP) ※主演

06月

「パラレルワールド」(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア)
2017年

06月

「映画 山田孝之3D」(東宝) ※主演

08月

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
(東宝/ワーナー・ブラザース映画)

09月

ショートフィルム「点」(SDP)

10月

「DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団」(ワーナー・ブラザース映画)

11月

「ゴッホ ~最期の手紙~」 ※声優
2018年

06月

「50回目のファーストキス」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

11月

「ハード・コア」(KADOKAWA)

TV

1999年

10月

「サイコメトラーEIJI2」(日本テレビ)
(~12月)
2000年

04月

「六番目の小夜子」(NHK)
(~06月)

08月

大河ドラマ「葵~徳川三代」(NHK)
(~09月)
2001年

04月

連続テレビ小説「ちゅらさん」(NHK)
(~09月)

07月

「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」(TBS)
(~09月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室~」(フジテレビ)
(~03月)

07月

「大好き!五つ子4」(TBS)

07月

「陰陽師☆安倍晴明~王都妖奇譚~」(フジテレビ)

07月

「ランチの女王」(フジテレビ)
(~09月)

08月

金曜エンタテイメント「実録 福田和子」(フジテレビ)

12月

年末スペシャルドラマ「赤ひげ」(フジテレビ)
2003年

01月

成人の日ドラマスペシャル「はたち-1982年に生まれて-」(フジテレビ)

03月

「ちゅらさん2」(NHK)
(~04月)

07月

「ウォーターボーイズ」(フジテレビ)※主演
(~09月)
2004年

01月

「FIRE BOYS~め組の大吾~」(フジテレビ)※主演
(~03月)

07月

「世界の中心で、愛をさけぶ」(TBS)※主演
(~09月)
2005年

01月

「H2~君といた日々~」(TBS)※主演
(~03月)

12月

「スタートライン~涙のスプリンター~」(フジテレビ)※主演
2006年

01月

「白夜行」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「タイヨウのうた」(TBS)※主演
(~09月)
2009年

05月

「BOSS」(フジテレビ)
(第4話、第5話)
2010年

04月

「わが家の歴史」(フジテレビ)

10月

「闇金ウシジマくん」(MBS/TBS)※主演
(~12月)
2011年

04月

「ANOTHER GANTZ」(日本テレビ)

07月

「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京)※主演
(~09月)

07月

「荒川アンダー ザ ブリッジ」(MBS)
(~09月)
2012年

10月

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」(テレビ東京)※主演
(~12月)
2014年

01月

「闇金ウシジマくん Season2」(MBS・TBS) ※主演

09月

「アオイホノオ」(テレビ東京)

10月

「信長協奏曲」(フジテレビ)
(~12月)
2015年

01月

「山田孝之の東京都北区赤羽」(テレビ東京) ※主演
(~03月)

04月

「REPLAY&DESTROY」(MBS・TBS) ※主演
(~06月)

04月

「旅マイスター」(TBS)※ナレーション

06月

「サムライパイロット、頂点へ~室屋義秀・日本戦に挑む~」(NHK BS)※ナレーション

10月

「むのたけじ100歳の不屈 伝説のジャーナリスト次世代への遺言」(NHKEテレ)※ナレーション

10月

「新・映像の世紀」(NHK)※ナレーション

12月

「岩合光昭の世界ネコ歩き」(NHKBSプレミアム)※ナレーション
2016年

02月

「課外授業 ようこそ先輩~センセイの頭の中~『映画プロデューサー 川村元気』」(NHKEテレ)※ナレーション

07月

「闇金ウシジマくん Season3」(MBS・TBS) ※主演

10月

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京) ※主演
2017年

01月

「山田孝之のカンヌ映画祭」(テレビ東京・テレビ大阪ほか) ※主演

03月

「明日世界が終わるとしても」(NHK BS1)※ナレーション

04月

「破獄」(テレビ東京)
2017年

07月

「最後の講義」(NHK BS1)※ナレーション

08月

「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」(NHK)

10月

「緊急生放送!山田孝之の元気を送るテレビ」(TX)
2018年

01月

「グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ」(NHKBSプレミアム)※ナレーション

04月

「やれたかも委員会」 オアシス役(MBS・TBS)

05月

「コンフィデンスマンJP」 #5(CX)

07月

「dele(ディーリー)」主演・坂上圭司役(EX)

09月

「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」(NHK Eテレ)

11月

「今日から俺は!!」 6話(NTV)

12月

「NHKスペシャル ロストフの14秒 日本VS.ベルギー 知られざる物語」(NHK)※ナレーション

INTERNET TV

2019年
オリジナルドラマ「全裸監督」

STAGE

2014年

01月

ミュージカル「フル・モンティ」
(2014/1/31~2/16 東京国際フォーラム ホールC)
2018年
ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」主演・ストーン役
2018年9月01日(土)~9月17日(月・祝)新国立劇場 中劇場(東京)
2018年9月21日(金)~9月22日(土)静岡市清水文化会館(マリナート)大ホール (静岡県)
2018年9月27日(木)~9月30日(日)新歌舞伎座(大阪)
2019年
ミュージカル「ペテン師と詐欺師」
2019年9月1日(日)〜26日(木)新橋演舞場

BOOK

2016年

03月

「実録山田」
2019年

02月

「菅田将暉アニバーサリーブック」

PV

2008年
「シアワセネイロ」ORANGE RANGE
 
「white sonata no.8 featuring PES」SKB(スケボーキング)
2009年
「ビルマニア」吉井和哉
2015年
「小野妹子」水曜日のカンパネラ
2016年
ミュージックビデオ初監督 TEE 「恋のはじまり」
 
「Good-bye」Superfly
2017年
「カンヌの休日feat.山田孝之」FUJIFABRIC

WEB

2011年

11月

「REPLAY & DESTROY」(LISMO Channel)※主演

WORKS

2018年
制作総指揮 ピッコマTV「聖☆おにいさん」
2019年
映画「デイアンドナイト」プロデューサー

pagetop

page top