STARDUST SECTION1 スターダストプロモーション 芸能1部

SECTION1

shadow
ヤマダ タカユキ

山田孝之

メディアMEDIA

INFORMATION

◆最新情報は公式サイトをご覧ください。

山田孝之オフィシャルサイト
山田孝之オフィシャルサイト

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」ロングラン上映 御礼舞台挨拶!

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」のロングラン上映 御礼舞台挨拶が3/23(土)イオンシネマ港北ニュータウンで行われ、阿部進之介、藤井道人監督と共に山田が登壇した。

同作は、山田孝之が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である阿部進之介が企画・主演を務める完全オリジナル作品。そんな本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。

上映後の舞台挨拶にて山田は、「お足元の悪い中、本日はご来場ありがとうございます。さすがに舞台挨拶はないだろうと気を抜いていたせいで全く脳みそが違う方向にいっているので、何をしゃべったら良いか考えていません。(MCの)伊藤さとりさんにお任せします。よろしくお願いします。」と挨拶。

周りの反響を聞かれ、「友達から“吉祥寺に「デイアンドナイト」観にいくよ”って連絡が来たので“ありがとう”と返事をしたら、そのまま何もなく、次の日かその次の日くらいに“観たんだけど何て言っていいかわかんない”と。たぶんそこまでズシッとくるものだと思ってなかったようで、“家族のこととか仕事のこととかいろいろと考えた。良かった”と返ってきました。」と話した。

来場者は初めて作品を観る方とリピーターが半々だったが、なかには11回観たという方も―。山田は、「俺より観ています(笑)。11回観てどんな感じなんですか?違う次元にいきそう。映ってないはずのものとかまで見えてこないですか?」と質問し、会場を和ませていた。

1/26の公開時、60館ほどの上映が現在では83館まで拡大しているが、「しぶとくジワジワと広がっていったら良いなと思っていて、もっと早い段階で非劇場にセカンドラン、サードランみたいに展開していくと思っていたけど、こういったちゃんとした劇場でずっと続くとは思っていませんでした。」と喜びを滲ませていた。

この日は、映画公式サイトで募集した質問に答える一幕も。“奈々が「嘘だよロリコン!」という名台詞はどの段階で誕生したのか?”という質問に阿部が、“孝之は「なんでそんなに出てくるの?」って思うくらい台詞が沸いてくる。それだけ奈々になっていたんだと思う。脚本開発の時、僕が明石を演じて孝之が奈々を演じていたが、その時に孝之が僕に向って“嘘だよロリコン!”って言い、台詞が生まれた”と明かし、山田もうなずきながら、「そう、僕はオーディションもやっていますから。学校の同級生の男の子に声を掛けられるシーンの役を探す時に、“僕、奈々やります。おっさんですけど、想像力を爆発させて17歳の女の子だと自分を信じ込ませてやってください”って。」と自らが奈々役になってオーディションを行ったことも話した。

さらに、「あの台詞にはこだわりがあったのですが、藤井君は脚本を直している時に一度消してきたんです。“藤井君、なんでなくしたの?”って聞いたら“いります?”って言われて。これは奈々の人格を作る超大事な台詞だからって言いました。」と話すと藤井監督が、“長いなと思って消したらすごく怒られて。失礼しました!って言いました”と当時を振り返り、そのやりとりに笑いが起こっていた。

同作は国内でのロングラン上映に加え、ベルギー・アメリカ・ドイツでの映画祭で上映されることが決定。海外で上映されることについて、「テーマを台詞にしてわりと言っているんですよね。脚本開発の段階から、どこまで台詞にするかというのがありました。それこそ海外に持っていったら“善と悪は法律では決められない”なんて、そんなことは誰でもが分かっていることで、わざわざ言うことではないけど、でも国内において若い人たちにはちゃんと観てもらいたいというのがあったので、ある程度分かり易くなってしまうけど言ってあげたほうがというのがあって、僕らの中でギリギリを取りました。その辺がどう思われるのか。」と話し、藤井監督も、“そうですね。あと、海外の映画祭って本編が終わったらザワザワするのでエンドロールの奈々の歌を聞いてくれるのかなって思う”と吐露すると、「最後の歌には字幕は入るのでしょうか。奈々の気持ち、視点だというのがすごく重要だけど、それが伝わらなかったら…。」と思いを募らせていた。

同作でプロデューサーという立場を経験し、「大変だったけど楽しかったです。(今後も)映画は作りますけど、一生のうちでここまでいろんな工程に入って深く作るのはできないかもと正直思っています。プロデューサーといっても立ち位置が作品によって変わりますが、ここまではもしかしたらないかなと思いつつ、一生のうちにあと1本位ここまで入り込むのができたら良いかなくらいの感じです。」と今の思いを語った。

映画「デイアンドナイト」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。
そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていくーー。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

MOVIE

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」初日舞台挨拶!

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」の初日舞台挨拶が1/26(土)シネマート新宿で行われ、山田が登壇した。

同作は、山田孝之が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である阿部進之介が企画・主演を務める完全オリジナル作品。そんな本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。
監督を務めるのは、ドラマ「100万円の女たち」や映画『7s/セブンス』『光と血』などを手掛け、映画、ドラマ、MV、CM など様々な分野で映像表現の幅を広げ活躍する若手監督の最注目株とも呼び声の高い藤井道人氏。
同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら、昨年11月にクランクインし、秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11 月末まで撮影が行われ、遂にこころ揺さぶる人間ドラマが完成した。

上映後に行われた舞台挨拶で、藤井監督が“感無量です”とコメントした後に挨拶をした山田は、「今日は皆さん来てくれてありがとうございます。今まで秋田や鹿児島で舞台挨拶をしてきた中で“感無量”という言葉を僕は使ってきてたんですけど、いま藤井君にそれを取られて非常に動揺しているんですけど、そんなことは微塵も感じさせないような堂々としたプロデューサーとしての挨拶をしようと思っています。よろしくお願いします。」と話し、会場は和やかなムードに。

公開までの6年を振り返り、「6年…脚本開発が一番回数も重ねていますし時間を割いていたので、思い返すと脚本会議を何回もやって、外出たら“また朝だ”っていうのを何回迎えたかなっていうのが一番出てくるんですけど、あとはみんなで秋田に行って市長さんとかに会っていろいろと話をしたりとか。撮影が始まってからはすごいスピードでパーッと始まって今日まで来ちゃって…感無量です。」と心境を語った。

その後、プロデューサーに徹したことで改めて俳優という仕事をどのように感じたかを聞かれ、「あ、綺麗にまとめるやつですね。間近で俳優さんたちの本気の芝居を見て、とても感銘・感動しまして、“俳優って素晴らしいんだな、俳優ってカッコイイんだな、もっと俺も自信を持って俳優だってこれから言っていこう”と思いました。」とユニークな言い方でコメントすると阿部から、“本音かどうかわからない感じになっちゃったけど(笑)、プロデューサーとして客観的に見て本当に役者って素晴らしいと思ったと芝居が終わった後に言ってくれて、すごく嬉しかった”と撮影中の山田とのやり取りを明かした。

映画「デイアンドナイト」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。
そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていくーー。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

2002年

07月

「猫の恩返し」(東宝)※声優出演、スタジオジブリ
2003年

08月

「ドラゴンヘッド」(東宝)
2004年

06月

「ジェニファ 涙石の恋」(ウィルコ)
2005年

06月

「電車男」(東宝)※主演
2006年

11月

「手紙」(GAGA)※主演

12月

「エラゴン 遺志を継ぐ者」(20世紀フォックス)※主演・声優出演
2007年

06月

「そのときは彼によろしく」(東宝)※主演

06月

「舞妓Haaaan!!!」(東宝)

10月

「クローズZERO」(東宝)
2008年

09月

「イキガミ」(東宝)

12月

「252 生存者あり」(ワーナー・ブラザース映画)
2009年

04月

「クローズZERO II」(東宝)
 
「鴨川ホルモー」(松竹)※主演

07月

「MW-ムウ-」(GAGA)※主演

11月

「大洗にも星はふるなり」(日活)※主演
2010年

06月

「シーサイドモーテル」(アスミック・エース)

09月

「十三人の刺客」(東宝)

10月

「乱暴と待機」(ショウゲート)※主演
2011年

01月

「GANTZ」(東宝)

02月

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」(東宝)

04月

「GANTZ PERFECT ANSWER」(東宝)

09月

「アンフェア the answer」(東宝)

11月

「指輪をはめたい」(GAGA/キノフィルムズ)※主演
2012年

02月

「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

06月

「闇金ウシジマくん 劇場版」(S・D・P)※主演

09月

オムニバス映画「BUNGO~ささやかな欲望~『握った手』」※主演
 
「のぼうの城」(東宝/アスミック・エース)

11月

「悪の教典」(東宝)
 
「その夜の侍」(ファントム・フィルム)
 
「ミロクローゼ」(ディーライツ)※主演
2013年

04月

「らくごえいが(ライフ・レート)」(アールグレイフィルム)※主演

06月

「俺はまだ本気出してないだけ」(松竹)

09月

「凶悪」(日活) ※主演
2014年

02月

「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」(東宝)

05月

「闇金ウシジマくん Part2」(S・D・P) ※主演
 
「MONSTERZ モンスターズ」(ワーナー・ブラザース映画) ※主演
2015年

05月

「新宿スワン」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

10月

「バクマン。」(東宝)
2016年

01月

「信長協奏曲」(東宝)

04月

「テラフォーマーズ」 (ワーナー・ブラザース映画)

09月

「闇金ウシジマくん Part3」(東宝映像事業部=SDP) ※主演

10月

「何者」(東宝)

10月

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」(東宝映像事業部=SDP) ※主演

06月

「パラレルワールド」(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア)
2017年

06月

「映画 山田孝之3D」(東宝) ※主演

08月

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
(東宝/ワーナー・ブラザース映画)

09月

ショートフィルム「点」(SDP)

10月

「DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団」(ワーナー・ブラザース映画)

11月

「ゴッホ ~最期の手紙~」 ※声優
2018年

06月

「50回目のファーストキス」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

11月

「ハード・コア」(KADOKAWA)

TV

1999年

10月

「サイコメトラーEIJI2」(日本テレビ)
(~12月)
2000年

04月

「六番目の小夜子」(NHK)
(~06月)

08月

大河ドラマ「葵~徳川三代」(NHK)
(~09月)
2001年

04月

連続テレビ小説「ちゅらさん」(NHK)
(~09月)

07月

「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」(TBS)
(~09月)
2002年

01月

「ロング・ラブレター~漂流教室~」(フジテレビ)
(~03月)

07月

「大好き!五つ子4」(TBS)

07月

「陰陽師☆安倍晴明~王都妖奇譚~」(フジテレビ)

07月

「ランチの女王」(フジテレビ)
(~09月)

08月

金曜エンタテイメント「実録 福田和子」(フジテレビ)

12月

年末スペシャルドラマ「赤ひげ」(フジテレビ)
2003年

01月

成人の日ドラマスペシャル「はたち-1982年に生まれて-」(フジテレビ)

03月

「ちゅらさん2」(NHK)
(~04月)

07月

「ウォーターボーイズ」(フジテレビ)※主演
(~09月)
2004年

01月

「FIRE BOYS~め組の大吾~」(フジテレビ)※主演
(~03月)

07月

「世界の中心で、愛をさけぶ」(TBS)※主演
(~09月)
2005年

01月

「H2~君といた日々~」(TBS)※主演
(~03月)

12月

「スタートライン~涙のスプリンター~」(フジテレビ)※主演
2006年

01月

「白夜行」(TBS)※主演
(~03月)

07月

「タイヨウのうた」(TBS)※主演
(~09月)
2009年

05月

「BOSS」(フジテレビ)
(第4話、第5話)
2010年

04月

「わが家の歴史」(フジテレビ)

10月

「闇金ウシジマくん」(MBS/TBS)※主演
(~12月)
2011年

04月

「ANOTHER GANTZ」(日本テレビ)

07月

「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京)※主演
(~09月)

07月

「荒川アンダー ザ ブリッジ」(MBS)
(~09月)
2012年

10月

「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」(テレビ東京)※主演
(~12月)
2014年

01月

「闇金ウシジマくん Season2」(MBS・TBS) ※主演

09月

「アオイホノオ」(テレビ東京)

10月

「信長協奏曲」(フジテレビ)
(~12月)
2015年

01月

「山田孝之の東京都北区赤羽」(テレビ東京) ※主演
(~03月)

04月

「REPLAY&DESTROY」(MBS・TBS) ※主演
(~06月)

04月

「旅マイスター」(TBS)※ナレーション

06月

「サムライパイロット、頂点へ~室屋義秀・日本戦に挑む~」(NHK BS)※ナレーション

10月

「むのたけじ100歳の不屈 伝説のジャーナリスト次世代への遺言」(NHKEテレ)※ナレーション

10月

「新・映像の世紀」(NHK)※ナレーション

12月

「岩合光昭の世界ネコ歩き」(NHKBSプレミアム)※ナレーション
2016年

02月

「課外授業 ようこそ先輩~センセイの頭の中~『映画プロデューサー 川村元気』」(NHKEテレ)※ナレーション

07月

「闇金ウシジマくん Season3」(MBS・TBS) ※主演

10月

「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京) ※主演
2017年

01月

「山田孝之のカンヌ映画祭」(テレビ東京・テレビ大阪ほか) ※主演

03月

「明日世界が終わるとしても」(NHK BS1)※ナレーション

04月

「破獄」(テレビ東京)
2017年

07月

「最後の講義」(NHK BS1)※ナレーション

08月

「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」(NHK)

10月

「緊急生放送!山田孝之の元気を送るテレビ」(TX)
2018年

01月

「グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ」(NHKBSプレミアム)※ナレーション

04月

「やれたかも委員会」 オアシス役(MBS・TBS)

05月

「コンフィデンスマンJP」 #5(CX)

07月

「dele(ディーリー)」主演・坂上圭司役(EX)

09月

「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」(NHK Eテレ)

11月

「今日から俺は!!」 6話(NTV)

12月

「NHKスペシャル ロストフの14秒 日本VS.ベルギー 知られざる物語」(NHK)※ナレーション

INTERNET TV

2019年
オリジナルドラマ「全裸監督」

STAGE

2014年

01月

ミュージカル「フル・モンティ」
(2014/1/31~2/16 東京国際フォーラム ホールC)
2018年
ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」主演・ストーン役
2018年9月01日(土)~9月17日(月・祝)新国立劇場 中劇場(東京)
2018年9月21日(金)~9月22日(土)静岡市清水文化会館(マリナート)大ホール (静岡県)
2018年9月27日(木)~9月30日(日)新歌舞伎座(大阪)
2019年
ミュージカル「ペテン師と詐欺師」
2019年9月1日(日)〜26日(木)新橋演舞場

BOOK

2016年

03月

「実録山田」
2019年

02月

「菅田将暉アニバーサリーブック」

PV

2008年
「シアワセネイロ」ORANGE RANGE
 
「white sonata no.8 featuring PES」SKB(スケボーキング)
2009年
「ビルマニア」吉井和哉
2015年
「小野妹子」水曜日のカンパネラ
2016年
ミュージックビデオ初監督 TEE 「恋のはじまり」
 
「Good-bye」Superfly
2017年
「カンヌの休日feat.山田孝之」FUJIFABRIC

WEB

2011年

11月

「REPLAY & DESTROY」(LISMO Channel)※主演

WORKS

2018年
制作総指揮 ピッコマTV「聖☆おにいさん」
2019年
映画「デイアンドナイト」プロデューサー

pagetop

page top