shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

竹内結子 映画「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」主演決定!

竹内結子が2016年1月30日公開の映画「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」で主演を務めることが発表された。

同作は、累計発行部数1000万部の「十二国記」シリーズや、累計発行部数140万部の「屍鬼」などで知られる小野不由美さんの長編ホラー小説「残穢」の映画化。「一生で一度しか使えないアイデア」を用いて本格ホラーへ挑んだという小野さん渾身の小説は、読者から「あまりにも怖くて最後まで読めない」など話題となり、第26回山本周五郎賞を受賞した。そんな意欲作のメガホンを執るのは、現在公開中の「予告犯」をはじめ「白ゆき姫殺人事件」、「ゴールデンスランバー」など映像化困難といわれた作品を実写映画化へ導いた中村義洋監督で、小野さんの強い希望により同作の監督に決定した。

物語は、ミステリー小説家である「私」(竹内)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛さん)という読者から「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙が届くところから始まる。好奇心に誘われて調査を開始する二人。すると、過去にこのマンションに住んでいた人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことが浮かび上がる。彼らはなぜ、不幸な末路をたどったのか。女子大生の部屋で聞こえた音の正体は。事件は「部屋」ではなくその「土地」そのものに原因があるのか。
さらに調べを進めていくと、驚愕の真実が明らかになり、すべての事件をつなぐ“残された「穢(けが)れ」”の正体とは……。

映画「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」は2016年1月30日(土)公開。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top