shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

窪田正孝 映画「64-ロクヨン-後編」初日舞台挨拶!

窪田正孝出演映画「64-ロクヨン-後編」が6/11(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日劇にて行われた舞台挨拶に窪田が出席した。

同作は、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年「このミステリーがすごい!」第1位などに輝き、瞬く間に文壇を席巻、人間ドラマの名手として、『半落ち』『クライマーズ・ハイ』などの数々の傑作を生み出してきた横山秀夫さんによる、累計発行部数170万部突破のベストセラー小説の映画化。たった1週間で終わった昭和64年に起きた未解決の少女誘拐殺人事件(通称“ロクヨン”)を軸に勃発する県警記者クラブを巻き込んだ警察内部の対立、さらに14年を経て新たに起きる“ロクヨン”模倣の誘拐事件が、県警の広報官の葛藤とともに描かれる。
5/7(土)に公開された前編は公開から約1ヶ月ですでに119万人の動員を突破し、初日アンケートでも高い満足度を記録。そして映画は小説と違う結末ということもあり、後編へのさらなる期待が最高潮に達している。

窪田は科捜研からロクヨン事件に召集されたが、事件以降14年間引き籠っている日吉浩一郎を演じている。

舞台挨拶にて窪田は、「この作品に参加させていただいたことを、すごく光栄に思っております。14年間の葛藤を短い期間で描くのは大変だったのですが、とても刺激になりましたし、勉強の日々を送らせていただきました。今日はよろしくお願いします。」と撮影を振り返りながら挨拶をした。

映画「64-ロクヨン-後編」は、前編と共に現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top