shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 映画「ヒメアノ~ル」大ヒット御礼舞台挨拶!

濱田岳出演映画「ヒメアノ~ル」の大ヒット御礼舞台挨拶が、6/11(土)TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、森田剛さん、吉田恵輔監督と共に濱田が登壇した。

同作は、『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』の人気漫画家・古谷実による衝撃の問題作「ヒメアノ~ル」の映画化で、5/28(土)の全国公開以降、“作品の世界から抜け出せない、引きずる映画”、“安易に勧められない危険な映画だけど、また観てしまう”など、“ヒメアノ~ル”中毒者が続出。また、高い満足度と評価を得ており、その評価の高さが口コミで広がり、ヒットを記録している。

この日は、森田さん、吉田監督、そして濱田が客席に潜んで観客と一緒に作品を鑑賞するサプライズが。上映後、MCからその旨が告げられ、3人が立ち上がると会場は大きな拍手と歓声に包まれた。

平凡な日常を過ごしていたが、高校時代の同級生である森田正一との再会で事件に巻き込まれる青年・岡田進を演じた濱田は、「こんばんは。森田さんの狂気、ムロ君の変態っぷり、そして僕のもち肌、いかがでしたでしょうか(笑)。皆さんと観ることができて、本当に貴重な時間でした。ありがとうございました。」と笑いも交えて挨拶。

改めて観客と一緒に作品を鑑賞しての感想を聞かれ、「笑ってくれたり、ザワザワとする感じがあって良かったです。」と満面の笑みを浮かべた。

その後舞台挨拶は、鑑賞された方からの質問に答える形で進行され、“森田剛さん演じる森田ばかりが悪いとみられているが、一番恐ろしいのは岡田なのかと。そんな岡田をどう思いますか?”という質問を受け、濱田からすると少し意外な感想だったようで、「責められているの?確かに現実的で(ムロさん演じる)安藤さんをだまそうともしますし。そう言われてみれば岡田も悪いヤツのような気がしてきました。認めます。」と物語を回想しながら答えた。

さらに、“ジャパンプレミアでムロツヨシさんとの合言葉は「原作を超えよう」だったとおっしゃっていましたが、原作は超えられたと思いますか?”との質問には、「合言葉というか、あれだけ強烈なマンガがあるので、そうありたいねという感じでした。でも役を作りながら撮影をしていた矢先、(佐津川愛美さん演じる)ユカちゃんの友達が出てきまして…。原作をお読みになられた方はお分かりだと思うのですが、いとも簡単に目の前で原作を超えてきたので、“これはやられたぞ、ムロ君。俺たちはかなわない”と言って、そこから自分たちのオリジナリティで頑張ろうと、踏ん切りを付けさせてくれたのが彼女でした。マンガにはマンガの、映画には映画の素敵さがあって、映画オリジナルという部分では、自信をもってお送りできるのではないかと思います。」と太鼓判を押した。

最後に森田さんへ“一番印象に残った監督の言葉は?”という質問があがり、 “撮影の途中から監督が「俺はノッてる」と。これはついて行くしかないと思ったし、それを感じた”と森田さんが回答。濱田にも同様の質問がなされ、「監督は僕とムロ君ブロックには現場に来なくて、演出された記憶がないんです。」と話すと吉田監督が、「やっておいてって(笑)。オンオフが大事ですから。」とざっくばらんに答えると、「なるほど。正直に言い過ぎです。オフっちゃダメです。」とノリツッコミをし、笑いを誘っていた。

映画「ヒメアノ~ル」は現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田進(濱田岳)。同僚の安藤勇次(ムロツヨシ)に、想いを寄せる阿部ユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田剛)と出会う。
ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。

(敬称略)
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top