shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」出演決定!

市原隼人が、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演することが発表された。

同作は、戦国時代に男の名で家督を継いだ、遠江(とおとうみ/静岡県西部)井伊家の当主・井伊直虎の波乱万丈な生涯を描いた物語。

時は戦国。ところは遠江・井伊谷。駿河の今川、甲斐の武田、三河の徳川と3つの大国に囲まれたちいさな「くに」は、曽祖父の代から戦に負け続け、とうとう「くに」を継ぐべき男子が皆失われてしまった。
お家断絶を目前にした、この絶体絶命の危機に、井伊家を背負って立ったのが尼となっていた一人娘・おとわ。
世俗を離れた尼の立場から、弱肉強食の乱世のただ中へ。「直虎」と名乗って井伊家の城主となった彼女は、資源も武力も乏しい井伊谷で、幼い後継ぎの命を守ってたくましく生き延びると共に、己の知恵と勇気、そして仲間と力を合わせ、その後の井伊家の発展の礎を築くのだった―。

市原は龍潭寺の僧侶で、出家したおとわにとっては兄弟子にあたる人物。武芸に秀でており、時にボディーガードの役割も果たし、城主・直虎を陰で支える傑山(けつざん)を演じる。

出演が決定し、「この度“大河ドラマ”という歴史と重みのある素晴らしい枠に携われる事を心から光栄に思い感謝しております。実は、以前オファーを頂いた時にタイミングが合わず、その年の作品に参加出来なかった悔しい思いをずっと胸に抱えていました。その気持ちも添えて作品の良きスパイスとなる様、何かを残せる様に初心に戻り、多くの事を学び、敬意を払い真摯に現場や役と向き合う事に精進して参ります。」とコメントを寄せた。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、2017年1月放送スタート!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top