shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「君の膵臓をたべたい」完成披露舞台挨拶!

北村匠海W主演映画「君の膵臓をたべたい」の完成披露舞台挨拶が7/6(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、監督・キャストと共に北村が登壇した。

同作は、2016年本屋大賞第2位、2016年年間ベストセラーランキング単行本フィクション部門 1位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞を受賞、、累計発行部数180万部を突破(2017年7月時点)した同名ベストセラー小説の映画化。
「キミスイ」の愛称で若い世代を中心に人気で、膵臓の病を抱えた高校生・山内桜良と彼女の同級生【僕】を軸に、原作にはない12年後の<現在>と、桜良と一緒に過ごした学生時代の<過去>という、2つの時間軸を交差させながら、大切な人の死、過ごした時間、伝えたかった想いなど、時を経て届く言葉を超えた想いが綴られる。

高校生のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

北村は、学生時代の【僕】を演じる。【僕】は、他人に興味がなく、いつも本を読んでいる、クラスいち地味な少年。病院で偶然「共病文庫」を拾ったことをきっかけに桜良と急接近し、桜良の「仲良しくん」としてクラスの噂の的になる、という役どころ。

上映前に行われた舞台挨拶にて北村は、「今日はお忙しい中、お越しいただきましてありがとうございます。「君の膵臓をたべたい」は僕の映画初主演作なのですが、とても愛せる作品になりました。今日はその作品が皆様のもとに届くことを楽しみにしていました。」とコメント。

浜辺さんが北村と共演した感想を、“最初にお会いした時、見たことがないようなファンキーなお洋服を着ていらっしゃったので、【僕】とは真逆な方だと思っていたが、内気な方ということが分かって安心した”と話し、それを受けて、「服装に関しては本当に申しわけなかったです(笑)。普段は内にこもっているタイプなので、それをカモフラージュするために、夏場はアロハシャツに袴パンツ、雪駄に丸いサングラスといった服装。それで初めてお会いしてしまったので、第一印象が悪かったと思います。」と打ち明け、会場の笑いを誘っていた。

自身が演じた役について、「【僕】は自分の中学校の頃と人との距離感が似ている部分があったので、演じやすさもありましたし、撮影前から月川(翔)監督と役のイメージが一致していたので、楽しく撮影させていただきました。【僕】というキャラクターは一見、理解しがたいかもしれませんが、自分自身の枠の中で演じることができる役に出逢えたことは運命的だと思いましたし、しかもそれが自分の初主演作でとても嬉しかったです。」と思いを語った。

この日は、「12年の時を超えて届く感動」という設定にちなみ、キャストたちの“12年前”の写真が登場。「7歳の時の写真です。親父が釣りを趣味でやっていて、名人級だったんです。よく釣りに駆り出されていましたが、魚はそっちのけで海で遊んでいました。この頃が一番明るくて、数年後、中1になって自分の殻に閉じこもるという(笑)。中1から中3までが【僕】に近い時代だったのですが、今となっては良い3年間だったと思います。」と振り返った。

そして最後に、「素晴らしい原作から始まり、12年後の北川さんと小栗さんの時代があるからこそ、幅広い方が観ていただける映画になったと思います。今を生きていることは素晴らしいことなんだと、僕も10代ながらに感じさせていただきました。今日は最後まで楽しんでいってください。ありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「君の膵臓をたべたい」は7/28(金)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top