shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

滝沢カレン 第34回「ベストジーニスト2017」受賞!

滝沢カレンが第34回「ベストジーニスト2017」を受賞し、10/2(月)に開催された授賞式に登壇した。

「ベストジーニスト」は、1984年にスタートし、日本ジーンズ協議会が、ジーンズを着る楽しさを多くの人々に知って頂くという趣旨で開催。
今年で34回目を迎える本賞では、“最もジーンズが似合う有名人”として全国からの一般投票で選ばれた「一般選出部門」、 主催者が推薦・選出した「協議会選出部門」、さらに我こそは『ベストジーニスト』と自薦・他薦で応募し、公式サイトでの投票結果をもとに選出された「一般新人部門」とそれぞれの部門別に選考される。滝沢は「協議会選出部門」で、“ジーンズ・スピリット=壮大な夢を追い、希望を絶対に失わない不屈の精神”に相通ずるとされ、第34回「ベストジーニスト2017」を受賞した。

受賞を受け滝沢は、「あまり目立たないようにジーンズを選んできたのですが、それが皆さんに伝わる日がやっと来ました。今日で私のジーンズへの愛が分かってしまいます。とにかく、ここに来られて本当に良かったです。ありがとうございます。」とコメント。

ベストジーニスト賞について、「皆さんは知らないかもしれませんが、デニムとかジーンズって、感情があるんです。私たちの人生よりも長く歴史を見てきたものだと私は思っています。その中で、ジーンズというのは、悲しいジーンズもあれば笑っているジーンズもありますし、怒っているジーンズもあると思っています。」と持論を展開し、「そんなジーンズを私は8割履いています。お店にニットを選びに入ったのに、結局ジーンズを選んでしまう自分がいて、店員さんと揉めてしまいます(笑)。」と話すと、会場から笑いが起こった。

さらに、「これだけのメンバーの端っこに自分がいるということが、私の中で本当に嬉しくて、隣にいる梨花さんも大先輩であり、それぞれご活躍されている皆さんがいる中で、私がいることが申し訳ないと思いつつ、とても嬉しい気持ちです。」と改めて受賞の喜びを語った。

また、自身にとっての“ジーンズ・スピリット”を、「私のモットーは、“今が後世だったらどうする?”です。皆さんは後世に頼っていると思うのですが、それはやめてほしいです。“今日、ジーンズを履くのも最後かもしれない、だったらジーンズを可愛く履いてあげよう“ということを私は思っています。明日はもちろんありますが、何が起こってもこれで良かったと言えるような人間になってほしいです。」と話した。

その後、“冒険開始”と本日の気持ちを四字熟語で表した滝沢は、「今日、私はあるものをゲットしました。これ(盾)です。私は、人生が冒険だと言っているのですが、今日で本当の冒険が始まると思っています。手に入れたものをまたひとつ強くして、冒険を開始させてみようという気持ちを表しました。」と説明。

そして、本日のファッションポイントについては、「このジーンズは面白い人が作ったようで、丸(ボタン)にかなりインパクトがあります。そして、(ジーンズの裾の)線によって中心はここと決まっていて、ちゃんとチャックもついているので、暑かったら開けていただいて冬は閉めていただく簡単な作りです。」と語ると、登壇者から“そのジーンズはどんな感情か”と聞かれた滝沢は、「このジーンズは新品同様なので、先ほど私が言った“冒険開始”にふさわしく、どこにも傷がなく、これから傷を負う予定です。」と真剣な様子で話した。

最後に、選考基準である“壮大な夢を追い、希望を絶対に失わない不屈の精神”にかけ、自身にとって夢を追い求め挑戦している人は誰かという質問に、“高橋英樹さん”と回答し、「青春時代に、おばあちゃんと毎日テレビを観ていて、そのドラマにいたのが高橋英樹さんです。私は少し渋めのドラマを観てここまできました。その時にいつも高橋さんがいました。また、高橋さんの笑顔、特にバラエティーで大きく笑うところが好きで、今も高橋さんを見ると家族を彷彿とさせます。」と語った。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top