STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow
アオキ ムネタカ

青木崇高

メディアMEDIA

AWARD

◇ 第8回 おおさかシネマフェスティバル2013 助演男優賞

MOVIE

■「ストレイヤーズ・クロニクル」監督/瀬々敬久
 2015年6月全国ロードショー

 ☆公式HP

■「王妃の館」 監督/橋本一  2015年4月25日公開
 ☆公式HP

■「Present For You」 監督/臺佳彦   2015年2月7日公開
 ☆公式HP
※第18回 釜山国際映画祭に出品決定!!

TV

■TBS 木曜ドラマ劇場『ママとパパが生きる理由』吉岡賢一 役
  2014年10〜12月
 ★公式HP

DVD

■「ママとパパが生きる理由。」DVD-BOX
発売日:2015年4月28日(火)

¥11,400(税抜)
発売元:TBS
販売元:TCエンタテインメント
★スターダストショッパーズにて通販受付中!ご購入はこちら


■『るろうに剣心 伝説の最期編』Blu-ray/DVD
『るろうに剣心 コンプリート Blu-ray BOX」
2015年1月21日(水)同時発売決定

セル発売・販売元:アミューズソフト
レンタル&オンデマンド発売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
(C)和月伸宏/集英社(C)2014「るろうに剣心 伝説の最期」製作委員会
⇒詳しくは映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』公式サイトをご覧ください。

■『るろうに剣心 京都大火編』 Blu-ray/DVD
発売日:2014年12月17日(水)

レンタル/オンデマンド同時開始
Blu-ray 通常版:3,800円(税抜)
DVD 通常版:2,900円(税抜)
Blu-ray 豪華版:[本編+特典映像]2枚組 6,600円(税抜)
DVD 豪華版:[本編+特典映像]2枚組 5,700円(税抜)
セル発売・販売元:アミューズソフト
レンタル&オンデマンド/
発売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
(C)和月伸宏/(C)集英社 2014「るろうに剣心 京都大火」製作委員会

■ドラマ「BORDER」Blu-ray&DVD
2014年9月26日発売
Blu-ray価格:24,000円(税抜)
DVD価格:19,000円(税抜)
発売元:株式会社テレビ朝日
販売元:株式会社KADOKAWA 角川書店
仕様:5枚組(仕様は変更になる可能性有)

CM

■ダイハツ工業株式会社「タント」 2013年10月~
 ★スペシャルサイト

WEB

■キネプレ
 こちらから

■シネルフレ
 こちらから

■テレビドガッチ 2013/06/18〜
 http://dogatch.jp/

■スターダストオフィシャル 2013/06/17~
 こちらから

■シネマトゥデイ
 こちらから

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「Present For You」初日舞台挨拶!

青木崇高出演映画「Present For You」が、2/7(土)公開初日を迎え、新宿バルト9にて行われた舞台挨拶に青木が登壇した。

同作は、ひとりの登場人物を、人間の役者とその役者を模した1/10サイズのパペット人形が同時に演じ、人間と人形が一体となり二つの空間がシームレスにつながった今までにない3D映像作品。『The World of GOLDEN EGGS』を手がけるPLUS heads inc.の臺佳彦監督が約5年の期間かけて制作し、昨年1月には、『ゼロ・グラビティ』『アナと雪の女王』と並び、“3D CREATIVE AWARDS”にて海外実写映画部門最優秀賞に選ばれた。

新橋の古い雑居ビルの最上階にある怪しい会社「Present For You」で健康食品を売る梶原のもとには不定期に大きな荷物が届く。社長の気まぐれで選ばれた人間が袋詰めにされて送られてくるのだ。梶原の仕事はそいつらを綺麗に消すこと。今回届いた荷物、それは渦中の大物だった―。

青木が演じるサトルという青年は、根っからの子分肌で優しさが隠したくても出てしまうタイプで、連日新橋の路地で酔っぱらって転がっていたところを梶原に誘われ、「Present For You」のアルバイトとして採用されるという役どころだ。

舞台挨拶にて、「撮影は結構前になりますが、暑い夏の季節で、とにかく棒付きキャンディーをよく舐めていたので、口の左側がすごいざらざらしていたのを覚えています。」と撮影を振り返った青木。

パペット人形については、「破れている革ジャンの隙間にも綿が入っていたりして、すごい細かいんです。スカーフの柄や革の質感とかも出ていて、持っていると手が震えてパターン!って倒れていきそうなので気を付けてます。」とコメントした。

劇中のパペット人形は自分に似ていましたか?と尋ねられると、「自分では判断できないですが……、でも、パペット人形だとほどよく距離を置いて観ることができるので、自分を模した人形が動いているアニメーション映像を観て、自分の動きって結構気持ち悪いんだなと思いました(笑)。アニメーションを撮られてる方はものすごい動きとかを研究されていて、映画のホームページで公開しているメイキング映像を観てびっくりしました。」と話すと、監督から、『アニメーションのガイド用として役者自ら演技をしてもらった映像を、アニメーターの方が参考にし制作していた』という貴重な裏話も飛び出した。

最後に、「撮影中は、これってどんな感じになるんだろうって思っていたこともありました。実際に出来上がると、こんな映画になるんだ!っていう驚きと嬉しさがあって、ご覧になった方の感想を聞くのがすごく楽しみです。この作品のような、ちょっと変わった面白い映画にこれからもどんどん関わっていきたいと思います。言い忘れていたのですが、臺監督が本当にご飯を食べるのが大好きで、ケータリングがとにかく美味しかったのと、劇中で食べているラーメンも出汁からものすごいこだわって作られてたんです。撮影所にも色んな料理のセットがあって、ラーメンとか焼き鳥とか、食べ物のシーンに関しても尋常じゃないこだわりを持った方で、人間とパペット人形の3D映像もしかり、食べ物という意味でも素晴らしい経験をさせて頂きました。ありがとうございました。」と語り、舞台挨拶は終了した。

映画「Present For You」は、新宿バルト9ほか全国3D公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。


■映画「Present For You」公式サイト
http://www.plusheads.com/pfy/
  • はてなブックマーク
  • シェア

TV

青木崇高 ドラマ「ママとパパが生きる理由。」特別試写会&舞台挨拶!

青木崇高出演ドラマ「ママとパパが生きる理由。」の特別試写会&舞台挨拶が、11/14(金)スペースFS汐留にて行われ、青木が登壇した。

同作の原案は、書籍『私、乳がん。夫、肺がん。39歳、夫婦で余命宣告。』(大和出版)。著者である芽生さんが、がんになった2012年から、闘病や家族のことについて書き綴ったブログの内容をまとめたもので、過酷な状況の中でも命をあきらめない、生命力に満ちた瑞々しい言葉と家族への愛に満ちた言葉が綴られ、読者に深い感動を与えた。
ドラマでは、著者の思いを大切にしながらも、著書には書かれていない父親、子ども、そしてその家族を見守る祖父母たちの目線もフィクションのかたちで描かれ、日々の生活に追われる大人にも、これから成長する子どもたちにも、かけがえのない“命と家族”の大切さを伝えていく。

ある朝、吉岡柊子(吹石一恵さん)は日課のジョギングを終えた後、右胸に痛みが走った。念のため近所のレディスクリニックで検査を受けると、大学病院での再検査を勧められてしまう。再検査の結果、医師からは“乳がん”と宣告され、すでに末期の症状で手術ができる状態ではないと言う。一方、夫・賢一(青木)も、受診していた人間ドックで引っかかり再検査を受けた結果、“肺がん”の宣告を受ける。柊子同様、手術はもう無理な段階だった。柊子を支え、守ってやらなければならない――強くそう思っている賢一は、誰にも自分の病気のことを言い出せなかった…。

第1話の先行上映後に行われた舞台挨拶に登壇した青木は、同作に参加することについて、「自分の周りにもがんと闘う人がいることもあり、とても身近な話でした。僕たちはこの体を使ってドラマをお届けすることができるので、他人事として切り離した役作りはせず、一生懸命このドラマを作ることで、今現在も闘っている方に対して敬意を払い、何らかの形で応援になればいいなと思っています。」と話した。

自身の役を演じるにあたり、「『生きるってことはこうだ』という自分の考えを念頭に置かず、台本やストーリーを読み、そのシーンを演じて得られること、考えられることをみんなで話しながら、家族ってこういう時に支えになるんだ、生きるってこういうことなんだ、と日々学んでいます。」とコメント。

撮影現場の雰囲気については、「最初の頃は、お互いにどういうお芝居になるかをゆっくり話しながら作っていきましたが、今はもう、『子は鎹(かすがい)』ではないですが、僕ら(青木と吹石さん)が目を合わせるというより、僕ら2人で子供たちを見る目線になっていて、それはとても夫婦に近い感覚だと思っています。」と話し、舞台挨拶中も、共演の吹石一恵さん、子役の渡邉このみさん、五十嵐陽向さんと、本当の家族のように和気藹々と会話する姿が見られた。

同作に携わり、あらためて家族という存在について考えたことを聞かれ、「病気という大変な状況になった時に、家族の応援や支えがあるからこそ頑張ろう、とプラスに働いてモチベーションになることもあります。しかし、『負担がかかるからこれを言うのはやめよう』と思ってしてしまうこともあって、それを含めて越えていければいいのですが、家族を愛するがゆえにそういった判断をしてしまうこともあることに気付きました。」と語った。

ドラマ「ママとパパが生きる理由。」は、11/20(木)より毎週木曜21:00~TBSにて放送スタート。
ぜひご覧ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

プロフィールPROFILE

MOVIE

2002年

11月

「マッスルヒート」(東宝)
2003年

07月

「バトルロワイアルII~鎮魂歌」(東映)
2004年

06月

「海猿 UMIZARU」(東宝)
2005年

07月

「フライ、ダディ、フライ」(東映)

07月

「逆境ナイン」(アスミック・エース)
2006年

05月

「LIMIT OF LOVE  海猿」(東宝)

06月

「初恋」(ギャカ・コミニケーションズ)

10月

「ただ、君を愛してる」(東映)

10月

「虹の女神 Rainbow Song」(東宝)

11月

「椿山課長の七日間」(松竹)
2007年

05月

「歌謡曲だよ、人生は」
※第1話:「僕は泣いちっち」主演
2008年

01月

「銀色のシーズン」(東宝)
2009年

04月

「ニセ札」( ビターズ・エンド)

04月

「おっぱいバレー」監督:羽住英一郎(ワーナー・ブラザース映画、東映)

08月

「RISE UP」(SDP、ビデオプランニング)
2010年

03月

「時をかける少女」(スタイルジャム)

09月

「THE LAST MESSAGE‐ザ・ラストメッセージ‐ 海猿」(東宝)
2011年

04月

「婚前特急」(ビターズ・エンド/ショウゲート)

05月

「マイ・バック・ページ 」(アスミック・エース)

10月

「一命」(松竹)
2012年

08月

「るろうに剣心」(ワーナー・ブラザーズ映画)

11月

「黄金を抱いて翔べ」(松竹)
2013年

06月

「桜姫」(SDP)
2014年

06月

「渇き。」(ギャガ) 

08月

「るろうに剣心」京都大火編 (ワーナー・ブラザーズ映画)

09月

「るろうに剣心」伝説の最期編 (ワーナー・ブラザーズ映画)

10月

「蜩ノ記」 (東宝)

TV

2005年

01月

「H2~君といた日々~」(第4話~)
(~03月)

07月

「海猿」(第1話)(CX)
2006年

03月

土曜ドラマ「繋がれた明日」(主演)(NHK)

07月

「にっぽん清流ワンダフル紀行」(NHK)
2007年

01月

水曜ミステリー9「顔のない女~久留島刑事の報告書より~
悪女か?聖女か?愛人か?射殺された女の真実は!?」(TX)

10月

連続テレビ小説「ちりとてちん」(NHK)
(~2008年03月)
2009年

01月

日曜劇場「本日も晴れ。異状なし」(TBS)

07月

「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」(フジテレビ系)
(~9月)

10月

「上野樹里と5つの鞄」第五話「ある朝、ひなたは突然に」(WOWWOW)

10月

「子育てプレイ&MORE」(CBC)(※5話~)
2010年

01月

「第21回ヤングシナリオ大賞 輪廻の雨」(CX)

01月

「SAMURAI CODE」(TX)

02月

土曜ドラマ「君たちに明日はない」第4話「旧友」ゲスト(NHK)

02月

「Bungo-日本文学シネマ- 黄金風景」(TBS系)

03月

大河ドラマ「龍馬伝」後藤象二郎役 (NHK)  
※10週(3/7)~出演
(〜11月)

07月

「日本人の知らない日本語」(NTV)
(〜9月)
2011年

12月

「真珠湾からの帰還~軍神と捕虜第一号~」(NHK)
2012年

04月

大河ドラマ「平清盛」弁慶(鬼若)役(NHK)
※第13回(4/1)~出演
(〜12月)

05月

ドラマ10「はつ恋」村上潤 役(NHK総合)
(〜7月)

09月

「瀬戸内海 清盛500キロクルーズ」(NHK BSプレミアム)

10月

ドラマ24「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」第3話 (TX)
2013年

04月

「ダブルス~二人の刑事」第1話(EX)

05月

エル・ムンド スプリングスペシャル 自転車探検部 タンザニアの旅(NHK-BS1)
2013年

08月

土曜ドラマ「夫婦善哉」(NHK)
(〜9月)
2014年

03月

特集ドラマ「生きたい たすけたい」
(NHK)

03月

開局55周年記念 ドラマスペシャル「宮本武蔵」
(EX)
2014年

04月

「BORDER」立花 雄馬 役(EX)
(〜6月)

STAGE

2012年
「ぼくに炎の戦車を-Bring me my chariot of fire-」
 作・演出/ 鄭義信
 東京公演:(全32回公演)赤坂ACTシアター(2012.11.03〜12.01)
 大阪公演:(全6回公演)梅田芸術劇場メインホール(2012.12.08~11)
 韓国公演:(全6回公演)国立劇場(ヘオルム劇場)(2013.01.30~02.03)

RADIO

2006年

08月

岩井俊二プロデュース・ラジオドラマ「円都通信 浅知恵ドライブ」(JFN)
(08月~)
2009年

05月

RBCラジオ「土曜日のたまねぎ」(2009.05.06)

DVD

2012年
「真珠湾からの帰還 ~軍神と捕虜第一号」
(2012.07.27)

BOOK

2005年
「フライ,ダディ,フライ」VISUAL BOOK~スンシンの哲学~
(2005.06.20)
2008年
NHKウィークリーステラ臨時増刊
完全保存版 連続テレビ小説ちりとてちんメモリアルブック
(編集・発行/NHKサービスセンター・編集協力/NHK) 
2010年
NHK大河ドラマ・ストーリー 龍馬伝 続編
(2010.06.30)
2012年
「NHK大河ドラマ・ストーリー 平 清盛 後編」
(2012.05.30)

CM

2009年
リプトン「ザ・ロイヤル」

PV

 
ペリドッツ「労働」(東芝EMI)
 
Gackt「ありったけの愛で」
 
ケツメイシ「男女6人夏物語」

WEB

2009年
au オリジナル携帯webドラマ「ロス:タイム:ライフ」第一弾「猫編」
 
auオリジナルドラマ「いずみと僕と彼と俺」(全4話)
2010年
リスモドラマ第20弾「婚前特急-ジンセイやっぱ21から-」(全4話)
 
BeeTV「5年後のラブレター」

pagetop

page top