shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

瀧本美織 映画「HOKUSAI」オンライントークイベント!

瀧本美織出演映画「HOKUSAI」が5/28(金)公開初日を迎え、同日オンライントークイベントが行われた。

代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が2020年2月に新たに刷新された新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト・葛飾北斎。19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった世界で最も有名な日本人で、米LIFE誌“この1000年で偉大な功績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれている北斎の知られざる生涯を初めて描く同作がいよいよ公開される。

瀧本は、北斎の妻・コトを演じる。

このイベントは、“今だからこそ映画『HOKUSAI』をニッポンに届けたいスペシャル!!”と題し、同作に出演する柳楽優弥、玉木宏さん、メガホンをとった橋本一監督、そして瀧本が出演。MCの赤ペン瀧川さんによるスライドを使用した「3分でわかる『HOKUSAI』プレゼン」からスタートし、「謎多き絵師・葛飾北斎」「レジェンド絵師大集合」「歩み続けた男の一生」などのワードから映画の魅力に迫った赤ペン瀧川のプレゼンに瀧本は、「まるで1本の映画を観た気分!あ…それじゃダメか。皆さん映画を観てください!」と天然コメントで笑わせた。

また「超厳選!! 私の好きな『HOKUSAI』イチ推シーン!!」のコーナーでは、キャスト陣それぞれがお気に入りの場面を紹介。コトが青年期の北斎(柳楽)に子供を身篭ったことを告げるシーンをおススメに挙げた瀧本は、柳楽とのキスシーンもあることから「自分で選んでおきながら…恥ずかしい!」と赤面も「でもすごくいいシーン」と自信たっぷりにコメントを寄せた。ちなみにこのキスシーンは瀧本曰く「当初は台本にはなくて、撮影地の京都に着いた当日に監督と話し合って生れました」と知られざる舞台裏を紹介した。その相手役となった柳楽は「このシーンには女性の強さを感じる。今の時代でも共感できる場面だと思います」と納得していた。

そして最後に、「辛い状況はまだ続きますが、この映画はそんな状況をも乗り越えられるような生き抜く力をくれる作品」とアピールした。

映画「HOKUSAI」は、現在公開中。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top