shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

春名真依 舞台「剣が君-残桜の舞-」再演 開幕!

春名真依出演舞台「剣が君-残桜の舞-」再演が6月2日(水)こくみん共済 coop ホール /スペース・ゼロにて開幕した。

七重役を演じる春名は「私にとって初めての舞台。初めはとても緊張していましたが、素敵なキャストの皆さんやスタッフの皆さんに出会い、共に「剣が君」の世界を作っていくこと、物語を紡いでいくことが本当に楽しくて、この作品に携わることができ本当に幸せだと感じています。
初めての舞台が「剣が君」でよかった。そう心から思っています。
私の演じる七重は、鼓法眼を一途にまっすぐ想う素敵な女性です。七重を演じられる喜びを感じつつ、彼女の"強さ"と"弱さ"を最大限表現できるよう、最後まで突き詰めていきます。
見終わった後、心になにかずっしりとしたものが残る物語になっています。キャラクターから滲み出る多くの感情がすっと心の底まで染み入るような、そんな心地よい重みをぜひ感じてください。」と初舞台への意欲を語った。

舞台「剣が君-残桜の舞-」再演 は、6月6日(日)まで、こくみん共済 coop ホール /スペース・ゼロにて上演。
また、6月6日(日)12:00公演と16:00公演はライブ配信されることが決定している。
ぜひお楽しみください。


【ストーリー】
一六三三年
妖怪を滅する力を持つ伝説の刀、「天下五剣」を授かる「剣取り」こそが武士道(真の侍)と賞賛される時代。
各地では、「剣取り御前試合」が開催され、強者が次々と名乗りを挙げていった。
御前試合で一番刀になった侍には、官や称号、望むがままの褒美が与えられ、そして、「天下五剣」である「鬼丸国綱、童子切、大典太、三日月宗近、数珠丸」を授けられるのであった。
時は早春。
今年も江戸城で剣取り御前試合が開催される季節となり、全国から名誉や富を求める若者達が江戸に集まっていた。
そんなある日、江戸に暮らす料理茶屋の娘・香夜は、瓜二つだという久姫の代わりに偽の姫として花嫁行列を演じることとなる。
駿府城を目指す東海道の旅。護衛となった六人の侍達との数奇な運命が幕を開けた。
身命と等しき、この剣 君が為に振るう。


★ライブ配信情報!
対象公演:6月6日(日)12:00公演、6月6日(日)16:00公演
受付URL:https://www.confetti-web.com/kengakimi2-streaming


★舞台公式サイト
http://www.39amipro.com/kengakimi2/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top