shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

高梨臨 映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」初日舞台挨拶!

高梨臨出演映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」が6/25(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に高梨が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される伝説的なSF小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

高梨は、謎の鍵を握る男、佐藤太郎の妻・佐藤みどりを演じる。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した高梨は、「やっと皆さんにこの映画がお届けできるということで、ワクワクして今日は来させていただきました。短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

同作の見どころについて、「この作品が2025年の近未来なのですが、設定が絶妙で4年後はこんな感じになっているかもしれないなと思って、有るものと未来のものとの融合がすごくて、そこも皆さんに楽しんでいただけたらと思っています。」と語った。

同作の副題「―キミのいる未来へ―」にちなんで、理想の未来を聞かれると、「今日は無事に舞台挨拶をできていますが、本当は満席でコロナウィルスも無く、無事にオリンピックなども盛り上がるような未来が見られたらいいなという気持ちがあるので、この先こういう事が無い未来が良いなというのが1番ですが、皆さんの面白い話を聞いていて思いついたのは、私は全自動風呂機みたいな物が欲しいです。すごく疲れて帰ってきた時に今からお風呂入って髪洗ってメイク落としてというのが大変なので、それが何年後にできているのか知りたいです。」と話した。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」は、大ヒット公開中!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top