shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

豊嶋花 映画「都会のトム&ソーヤ」公開記念舞台挨拶!

豊嶋花出演映画「都会のトム&ソーヤ」が7/30(金)公開初日を迎え、翌31日(土)TOHOシネマズ日比谷にて行われた舞台挨拶に豊嶋が登壇した。

本作は、シリーズ累計200万部を超える大人気の推理小説シリーズ「都会(まち)のトム&ソーヤ」(講談社YA!ENTERTAINMENT刊)が原作。ごく普通の中学生だが、実は類稀なるサバイバル能力を持つ内藤内人と、一大財閥“竜王グループ”の御曹司で学校一の秀才である竜王創也の対照的な二人が、天才ゲーム・クリエイター集団「栗井栄太」が仕掛ける、街中を舞台にしたリアルRPGゲーム<エリアZ>に出現する数々の「謎」を解きゲームクリアを目指すため、都会の様々な場所を舞台に推理と冒険を繰り広げていく物語。映画版は原作では描かれていないオリジナルストーリーを展開する。

平凡な中学生・内藤内人は下校途中に、クラスメイトで大企業の御曹司・竜王創也が突然姿を消すのを目撃する。小さな路地の前には創也の秘密の場所へと繋がる鍵が落ちていた。鍵を拾った内人がたどり着いた先は創也がゲームを作っている秘密基地のような空間の「砦」。そこで正体不明のゲームクリエイター“栗井栄太”が新作ゲームのテストプレイヤーを募集しているという不思議な画面を見た内人。「不敵にほほ笑む創也に誘われ、翌日2人は地下道を進み、奥にある扉を開ける。そこには天才ゲームクリエイター“栗井栄太”の4人がいた。2人は“栗井栄太”に挑発され、新作ゲーム「エリアZ」に挑むことに。しかしその会場で恐ろしい姿をしたZが次々と参加者を襲い始める。「この街はエリアZとして封鎖されました!……街を救うことができなければ世界政府の手によって街ごと爆破されてしまうのです!」。内人と創也は「エリアZ」をクリアして、街を救うことができるのか…。

豊嶋は、内藤内人のクラスメイト、堀越美晴を演じる。しっかりものだけど、ときどき天然でおっちょこちょい。内人が密かに思いを寄せているが気づかず、創也に憧れている、という役どころ。

上映後に行われた舞台挨拶にて豊嶋は、「今日はお越しいただきましてありがとうございました。いろいろなことがありましたが、ご覧いただける機会ができたことを嬉しく思います。」とコメント。

撮影を振り返り、「他の撮影とは違って、みんなで台本の内容を練習して積み上げるリハーサルの時間があったので、より仲を深めることができたと思っています。いつも撮影では(内人役の城)桧吏と(創也役の酒井)大地が私たちを笑わせてくれました。ほかには、みんなでゲームをしたりディズニーに行ったりもして楽しかったです。」と話した。

この日は、舞台挨拶に参加することができなかった本田翼、中川大志からのビデオメッセージが上映された。豊嶋は、「撮影中にお二人のすごいなと思ったことが印象に残っていて、それを踏まえ、メッセージをいただくことができて一生の宝物になりました。」と笑顔で話した。

映画「都会のトム&ソーヤ」は現在公開中。
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top