shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

栁俊太郎 ドラマ「トーキョー製麵所」完成披露トークイベント!

栁俊太郎出演ドラマ「トーキョー製麵所」完成披露トークイベントが9/6(月)に行われ、栁が登壇した。

同作は、ちょっぴり問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台に、脚本・宮本武史(「バイプレイヤーズ」シリーズ他)×監督・近藤啓介(「直ちゃんは小学三年生」他)でおくる完全オリジナルストーリー。うどんチェーンで働く5人の男女の奮闘記をシニカルかつコメディタッチで描きながら、思わずお腹が空いちゃう!?飯テロならぬ『うどんテロ』を誘う、青春グルメ群像劇となっている。
讃岐うどん専門店「丸亀製麺」全面協力のもと、キャストが実際にトレーニングを受けて撮影に挑む他、実際の店舗や器具を使用。本編内のうどんも「丸亀製麺」監修のもので行うという、超・本格派のグルメドラマ。飲食店でバイトをする現代の若者たちにエールを込めながら、彼らの夢や現実、信念のあり方を見つめる本作。笑って観ていたら思わず胸をつく展開も…!?毎話に登場する深夜の『うどんテロ』を誘うこだわりの一杯も見どころとなっている。

栁は、バイトリーダーの青井春翔を演じる。学生時代から「トーキョー製麺所」でアルバイトをしていて、大黒柱的存在だが、どこか冷めているフリーター。スタッフには内緒にしているが、30歳を目前に人生の決断を迫られている夢追い人である。

イベントに登壇した栁は、「皆さん、本日はお忙しいところお集りいただきありがとうございます。短い時間ではございますが、このドラマを少しでもいろんな方々に観ていただけるように楽しい会にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。」と挨拶。

役作りで意識したことを聞かれると、「大黒柱と言われるのですが、そんなにちゃんとしていないというか、別にやりたいことがあってその夢を追う中で、単純に生活費を稼ぐためにバイトをしていたらリーダーになっていたという、そんなに責任感のあるキャラクターではないんですけど、そこに変な店長が来て、2話以降いろんなドラマがあります。でもとてもピュアで、不器用ながら店を回していこうと、その中でいろんな仲間に支えられてという役柄で、現場でも皆さんに支えられながら楽しく演じることが出来ました。」と語った。

同作のキャッチコピーである“うどん、レボリューション”にちなみ、身近で起こしたいレボリューションは?という質問に、「なんだろう…、桃が好きなので桃を一年中食べたいです。」と話し、共演者から“かわいい~!”と言う声が上がった。

また、“私が食べたい○○うどん”と題し、自身が食べたいオリジナルうどんを発表することに。「あの…おすすめのうどんと勘違いしてしまいまして…。釜玉うどん&天ぷらです。一緒に食べると最高です。」と笑顔を見せていた。

ドラマ「トーキョー製麵所」は、MBSにて9/7(火)より毎週火曜深夜0:59~、TBSにて9/7(火)より毎週火曜深夜1:28~放送!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top