shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「そして、バトンは渡された」初日舞台挨拶!

永野芽郁主演映画「そして、バトンは渡された」が10/29(金)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に永野が登壇した。

同作は、2018年2月発売直後より、感動傑作との多数の反響が大きな話題を集め、累計発行部数100万部を突破している本屋大賞受賞の感動作「そして、バトンは渡された」の映画化。

血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子(永野芽郁)は、わけあって料理上手な義理の父親、森宮さん(田中圭)と2人暮らし。今は卒業式に向けピアノを猛特訓中。将来のこと、恋のこと、友達のこと、うまくいかないことばかり…。一方、梨花(石原さとみ)は、何度も夫を替えながら自由奔放に生きている魔性の女。泣き虫な娘のみぃたん(稲垣来泉)に目いっぱい愛情を注いで暮らしているようだったが、ある日突然、愛娘を残して姿を消してしまった。そして、優子の元に届いた一通の手紙をきっかけに、まったく別々の物語が引き寄せられるように交差していく。「優子ちゃん、実はさ…。」森宮さんもまた優子に隠していた秘密があった。父が隠していたことは? 梨花はなぜ消えたのか? 親たちがついた<命をかけた嘘><知ってはいけない秘密>とは一体何なのか。
2つの家族がつながり、やがて紐解かれる≪命をかけた嘘と秘密≫。物語がクライマックスを迎え、タイトルの本当の意味を知ったとき、極上の驚きと最大の感動がとめどなく押し寄せる-。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した永野は、「今日無事に初日を迎えられることを嬉しく思います。皆さん、これから観られるということで、ネタバレに気を付けながら楽しく会話できたらいいなと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

お気に入りのシーンを聞かれると、「森宮さんとのシーンは全部好きです。なんて素敵な親子なんだろうと思って、お家のシーンも親子があんなに仲良くて、年頃の女の子とお父さんが一緒に料理なんかしちゃったりして、本当に素敵なシーンばかりなので、森宮さんとのシーンはほっこりした気持ちで観てほしいです。」と笑顔を見せた。

本作にちなみ、最近泣いたエピソードは?という質問に、「最近怖い夢を見て、起きたときに泣いていました。泣いている自分と怖かったなという思いをまた思い出して泣いてしまいました。」と明かした。

最後に、「皆さんの心に何か温かいものをお届けできたらいいなと思って、キャスト・スタッフ皆がそれぞれを想い合いながら撮影しました。これだけ愛で溢れている作品ができたことに驚きましたし、ここに自分が参加できたことを誇りに思います。この作品を観て、皆さんの心の中に何かモヤモヤしたものや、人とのつながりに対して不安な思いをされている方もいらっしゃると思いますが、それを改めて優しく包んでくれるような作品ができたと思います。ぜひ最後まで楽しんでいってください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「そして、バトンは渡された」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top