shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 映画『今夜、世界からこの恋が消えても』監督決定!

三木孝浩が映画『今夜、世界からこの恋が消えても』の監督を務めることが決定した。

原作は、電撃小説大賞の2019年受賞作品。応募総数4607作品の頂点にして、冒頭からは全く予想できないストーリー展開と結末に全選考委員が涙したという傑作。その涙は国内に留まることなく、すでに韓国では20万部超えの大ヒットを記録しており、その感動を世界に広めつつあるタイトルだ。

クラスメイトのいじめを止めるため、同級生の女子・日野真織(福本莉子さん)に嘘の告白をした主人公・神谷透(道枝駿佑さん)。嘘の告白と分かりながらも、「放課後まで話しかけない」「連絡は簡潔にする」「お互いを本気で好きにならない」という3つのルールと合わせ、真織はOKの返事をする。
好きにならないと約束を交わすもお互いを知るにつれ、いつしか惹かれ合う二人。透がついに想いを抑えられなくなった頃、真織から出た言葉は予想もしないものだった。
「私。前向性健忘っていって、夜眠ると忘れちゃうの。一日にあったこと、全部」
毎日、記憶と経験をリセットされる彼女は日記に1日の出来事を書き留め、朝早く起きて復習することで記憶をつなぎとめていた。そんな彼女に少しでも幸福な日々を届けたいと献身的に向き合う透。
しかし、そんな日常は長く続かなかった。透が真織の幸せを守るために仕組んだ“ある作戦”とは―?怒涛のクライマックスと儚い優しさが、世界をふたたび、温かい涙で包む。

映画化にあたり三木は、「『記憶』という、人が生きていく上で前へ進むための大切な基盤でもあり、時に大きな足枷ともなりうる不確かで曖昧なもの。この映画は、そんな『記憶』を1日ごとに失ってしまう少女とある『記憶』に縛られて動けない少年の少しおかしくて切なくて愛おしいラブストーリーです。誰かをどうしようもなく好きになったこともいつか忘れてしまう。すくった瞬間手のひらからこぼれていくその想いは、ずっと同じカタチのままで留めておけないからこそ美しいのかもしれません。道枝駿佑くんと福本莉子ちゃん。眩しさの真っ只中にいるフレッシュな二人だからこそ表現できる想いの儚さ尊さを、この作品で大切に描けたらと思います。」とコメントを寄せた。

記憶にまつわる号泣必至のラブストーリー 映画『今夜、世界からこの恋が消えても』は、7/29(金)全国東宝系にて公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top