shadow

prev

next

ニュースNEWS

LIVE

Little☆E 初ワンマンライブ「Happy Place(ハピプレ)~Welcome to Little☆E Land~」開催!

Little☆Eが8/7(日)渋谷CLUB CRAWLにて初ワンマンライブ「Happy Place(ハピプレ)~Welcome to Little☆E Land~」を開催した。

Little☆Eは、EBiDAN39&KIDS選抜メンバー、中学2年生のインテリ担当・歩輝、中学2年生の特攻隊長・亨汰、中学2年生のやさしさ担当・SHIN、中学1年生の天然担当・マモル、小学6年生の盛り上げ担当・洸聖、小学5年生のスマイル担当・理樹、小学5年生のグローバル担当・ナイト、小学4年生のファンキー担当・寛太からなる8人グループ。一流のアーティストを目指すべく歌やダンス、そしてコント(?)も勉強中。モデルや俳優などソロでも活躍しエンターテインメントの未来を担うため、日々奮闘中のメンバーだ。

「初めてのワンマンライブ、始まるよ!」という元気な掛け声と共に、ライブは『恋心』で幕開け。歌い終えると各メンバーへの声援が続き、興奮なりやまぬ中、『百年後の空と意地』へ。歌とダンスを融合させながらパフォーマンスをする姿に大きな拍手が起こっていた。

「初めてステージに立たせていただいた時から1年、上は中学2年生、下は小学4年生の8人で活動しています。ここまでこれたのは応援してくださる皆さんと、支えてくれるスタッフさんのおかげです。」と感謝の気持ちを伝える一方で、「僕たちの力なんて、ほんの9割だよね!」、「多いわ!」とノリツッコミも飛び出し、ステージを盛り上げていくメンバー。その後、各自の自己紹介へと進んだが、準備の間、マモルが時間を繋ぐこととなった。

「こんにちはマモルです。みんなが準備をしている間、繋ぎ芸“マモルのサイレントクイズ”をやります!」と話し、一種独特なモノマネを披露。助っ人として歩輝に参加してもらいながら客席とのコミュニケーションを楽しんだ。

自己紹介の後は、オリジナル曲『無限大の絆』へ。元気にジャンプをしてタオルを振りながら歌い上げると、「合いの手完璧です。完璧すぎます。ありがとうございます!」と客席に語りかけた。

この日は、いままで兄チームの歩輝、亨汰、SHIN、マモルが歌っていた『Believe yourself』と弟チームの洸聖、理樹、ナイト、寛太が歌っていた『宝物』をチームチェンジして披露された。『Believe yourself』を歌い終え弟チームの理樹は、「マイクを持ってダンスを踊るのが初めてだったので緊張したけど、できたので良かったです。」、寛太は、「お兄さんチームの曲は初めて踊ったので、難しかったけどできたので良かったです。」とそれぞれコメントした。一方『宝物』を歌い亨汰は、「弟チームのように身軽さがないから大変でした(笑)。」、SHINは、「この曲はずっと前から好きで踊りたかった曲だから楽しかったです。」、歩輝は、「振りがハードで大変だったのですが、楽しめたので」と感想を語っていた。

途中、CMという名の小コント、ナイトのボイスパーカッション、マモルに引き続き洸聖そしてマモル&寛太によるサイレントクイズが再度行われたほか、PrizmaXの『Mysterious Eyes』を歌唱するなどワンマンライブならではの挑戦も。最後は、「残りの時間も楽しんでいきましょう!」という呼びかけで、オリジナル曲『Dream☆Energy』、そして『恋のDingDong』を熱唱し、あっという間に本編が終幕した。

アンコールの声に応え、再び登場したメンバー。「最後にもう一度、皆さんの声を聞かせてください!」と話し、力いっぱいに『無限大の絆』を披露。「今日はありがとうございました。まだまだ未熟な僕たちですが、頑張っていきますので応援お願いします。」と感謝の気持ちを述べ、何度も手を振りながら名残り惜しむかのようにステージを後にした。

【ライブを終えてメンバーにインタビュー!】
<歩輝>
「初めてのワンマンライブで、本当にできるのかなってかなり心配でした。でも、思った以上にお客さんがノッてくださったので、楽しく勢いよくライブをすることができました。今後はマイクスタンドで歌っている曲とかでも振り付けを加えたりして、観ても楽しめるライブにしたいなと思います。ぜひライブが決まったら来てください!」

<亨汰>
「緊張しましたが、本番になると楽しもうという気持ちが大きくなって、お客さんも応援してくださってとても嬉しかったです。今回のライブを通して学ぶことがたくさんあったので、それをもっと発揮して、成長した姿を見せていけたらと思います。今日はありがとうございました!」

<SHIN>
「緊張して上手くいくか分からなかったのですが、お客さんにいっぱい集まっていただき、始まった時からお客さんの熱が伝わってきて、自分も頑張ることができました。お客さんからのパワーをもらいました。今後も楽しんでいただけるようなライブやイベントをやっていけたらと思っているので、ぜひ遊びに来て下さい。」

<マモル>
「自分が一番出るサイレントクイズのコーナーが、場の雰囲気とかどうなってしまうんだろうとか正直すごく不安だったのですが、皆さんが温かくてとても嬉しかったです。まだまだ課題もいっぱいあるので、次のライブをやることができたらもっとレベルアップした自分たちを見せることができるように頑張りたいと思います。」

<洸聖>
「始まる前は結構緊張していましたが、ステージに立ったらみんなが“キャー”とか言ってくれて、緊張がなくなりました。いっぱい観に来てくれてとても嬉しかったです。次にライブをすることができたら、ダンスやトークが上手くできるように頑張ります!」

<理樹>
「初めてのワンマンライブだったのですごくドキドキしていました。でもファンの方々がいっぱい盛り上がってくれたので、僕もすごく楽しかったし、途中で今までライブをやってきたことや練習してきたことを思い出して感動してしまいました。大きい会場でライブができるように頑張りたいです。その時はぜひ来てください!」

<ナイト>
「上手く話せるかとか、歌えるかなとか思って緊張しましたが、無事終わって良かったです。次にライブをやることができたら、楽しいライブにしたいと思っているので、遊びに来ていただきたいです。」

<寛太>
「お客さんがたくさんいて緊張してしまったけど、練習の成果を発揮できたので良かったです。もっとかっこよく踊れるようになりたいです。これからも頑張ります!」
  • はてなブックマーク

pagetop

page top