shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」初日舞台挨拶!

山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」の初日舞台挨拶が1/26(土)シネマート新宿で行われ、山田が登壇した。

同作は、山田孝之が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である阿部進之介が企画・主演を務める完全オリジナル作品。そんな本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。
監督を務めるのは、ドラマ「100万円の女たち」や映画『7s/セブンス』『光と血』などを手掛け、映画、ドラマ、MV、CM など様々な分野で映像表現の幅を広げ活躍する若手監督の最注目株とも呼び声の高い藤井道人氏。
同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら、昨年11月にクランクインし、秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11 月末まで撮影が行われ、遂にこころ揺さぶる人間ドラマが完成した。

上映後に行われた舞台挨拶で、藤井監督が“感無量です”とコメントした後に挨拶をした山田は、「今日は皆さん来てくれてありがとうございます。今まで秋田や鹿児島で舞台挨拶をしてきた中で“感無量”という言葉を僕は使ってきてたんですけど、いま藤井君にそれを取られて非常に動揺しているんですけど、そんなことは微塵も感じさせないような堂々としたプロデューサーとしての挨拶をしようと思っています。よろしくお願いします。」と話し、会場は和やかなムードに。

公開までの6年を振り返り、「6年…脚本開発が一番回数も重ねていますし時間を割いていたので、思い返すと脚本会議を何回もやって、外出たら“また朝だ”っていうのを何回迎えたかなっていうのが一番出てくるんですけど、あとはみんなで秋田に行って市長さんとかに会っていろいろと話をしたりとか。撮影が始まってからはすごいスピードでパーッと始まって今日まで来ちゃって…感無量です。」と心境を語った。

その後、プロデューサーに徹したことで改めて俳優という仕事をどのように感じたかを聞かれ、「あ、綺麗にまとめるやつですね。間近で俳優さんたちの本気の芝居を見て、とても感銘・感動しまして、“俳優って素晴らしいんだな、俳優ってカッコイイんだな、もっと俺も自信を持って俳優だってこれから言っていこう”と思いました。」とユニークな言い方でコメントすると阿部から、“本音かどうかわからない感じになっちゃったけど(笑)、プロデューサーとして客観的に見て本当に役者って素晴らしいと思ったと芝居が終わった後に言ってくれて、すごく嬉しかった”と撮影中の山田とのやり取りを明かした。

映画「デイアンドナイト」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。
そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていくーー。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top