shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

本郷奏多 映画「キングダム」初日舞台挨拶!

本郷奏多出演映画「キングダム」が4/19(金)公開初日を迎え、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に本郷が登壇した。

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す 若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、4/19に発行された最新54巻までの累計発行部数が4000万部超を記録。迫力のあるスペクタクルな映像。この大ヒット漫画を原作とするエンターテインメント映画『キングダム』がいよいよ公開となる!

本郷が演じるのは、嬴政の異母兄弟・成蟜(セイキョウ)。実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり、王にふさわしいと考え反乱を起こす。

上映後に行われた舞台挨拶にて本郷は、「映画はいかがでしたでしょうか。観ていただいた皆さんは分かるかと思うのですが、我々一同、自信を持ってお届けできる日本最大級の超エンターテインメント超大作になっていると思います。たくさんの人に観ていただきたいと思います。よろしくお願いします。」とコメント。

本郷演じる成蟜は絵に描いたような悪役で、試写を観た方からは“ハマリ役”と絶賛の声があがっていたようで、MCよりそういった声をどう思っているかと聞かれ、「アンケートを取ってみましょう。成蟜を嫌いな人?」と観客に質問。するとたくさんの手があがり、「そういったお芝居をしたので、嬉しいことです。でも、本当は僕、イイ人ですよ。成蟜は嫌な小憎たらしい奴で、普通に生活している時にあのような言動をすると友達がいなくなってしまうので、映画の中でしかできないと思って楽しんで演じさせていただきました。こんな素晴らしい方々がみんなで力を合わせて僕ごときを倒しに来てくれるんですよ。すごく幸せなことです。」と話すと、客席から笑いが起こった。

この日は、同作のテーマである“夢”に合わせて、自身の“夢”を新元号の発表風に披露。本郷は、「“続編”です。『令和』のように漢字二文字で作品にからめると“続編”しかないと思いました。成蟜は、実はすごくイイ奴。映画では描かれていませんでしたが、今後の漫画では活躍するんです。続いてくれたらちょっとは高感度が得られるかな…と思ったので、続編をお願いしたいです。」と懇願していた。

映画「キングダム」は、現在大ヒット公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top