shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

竹内結子 映画「長いお別れ」プレミア試写会!

竹内結子出演映画「長いお別れ」プレミア試写会が、5/15(水)よみうりホールにて行われ、監督・キャストとともに竹内が登壇した。

同作は、直木賞受賞作家・中島京子さんの同名小説を映画化。『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太さんが監督を務め、認知症の父と過ごす7年間の日々を時に泣き、笑い、悩みながら前に進んでいく東家を丁寧に描く。
父、昇平の70歳の誕生日会。久しぶりに集まった娘たちに告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった―。日に日に記憶を失っていく昇平の様子に戸惑いながらも向き合うことで、自分自身を見つめ直していく家族たち。そしてある日、家族の誰もが忘れかけていた“愛しい思い出”が昇平の中に今も息づいていることを知る…。

竹内は、東家の長女・麻里を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した竹内は、「皆さん、こんばんは。山﨑努さん、松原智恵子さん、蒼井優さん、北村有起哉さんとこの作品で同じ場所に立てたことが嬉しく、出演できたことが幸せです。皆さんがこの作品を観て、“家族って温かいな”と思えるような時間を過ごしてもらえたら有難いです。どうぞごゆっくりお楽しみください。」と挨拶。

演じる上で心掛けたことについて、「ドラマでも映画でも、“家族”を描く作品に入る前は、それぞれがどういう関係性なのかな、など考えますが、撮影が始まったら考えないようにして、その空間に入って“私はお姉ちゃんなんだ”などと体感するのを楽しみにしているというスタンスです。この作品では、クランクイン前に父の誕生日会のリハーサルがあって、変化した父を目の当たりにしてショックで泣いてしまたんです。そこで監督が“そういうときに泣くのは妹のほうかな”と言ってくださったり、気持ちも含めて役柄を作っていきましたね。」と語った。

物語にちなみ、家族間のルールについて問われると、「カレーの日でも、シチューの日でも、おでんの日も味噌汁がつきます。周りの方に聞くと、そういうお宅は少ないらしいので、竹内家ならではですかね。そのルールは受け継いでいませんが(笑)」と笑顔を見せた。

映画「長いお別れ」は、5/31(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top