shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

椎名桔平 連続ドラマ「同期のサクラ」出演決定!

椎名桔平が10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「同期のサラク」に出演することが発表された。

過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。
同作は脚本家・遊川和彦氏のオリジナル脚本で、主演の高畑充希さんほか、「過保護のカホコ」制作チームが再集結する。

椎名はサクラたちが入社するゼネコン「花村建設」で、人事部長・黒川森雄役を演じる。
サクラたち新入社員は、入社式の翌日から、正式配属までの3週間、新人研修を行う。黒川森雄は、人事部長として、新入社員全員を預かり、またそれぞれの配属先を決定する重要な役柄となる。そして、サクラにとって、10年間、上司として深く関わる人物となる。
人事部長・黒川森雄は、果たしてサクラたちの味方なのか、敵なのか!?

椎名は「この度は、黒川という人事部長の役をやらせて頂くことになりました。もともと建築には興味があり、今でも都心のビルを見上げては「どうやってこんな高いものが作れるんだろう?」と子供のような気持ちになります。黒川は、そんな素朴な気持ちを忘れず、しかし、会社のために大人としての役割を担っていこうとする人だと考えています。遊川さんとは以前、スペシャルドラマでご一緒させて頂きました。独自の視点を持ち、人や社会の本質を描き切ることの出来る方と思っています。今回初めて、連続ドラマでご一緒出来る事をとても嬉しく思います。会社勤めの経験が無い私には、「同期」という感覚がありません。今回の若い方たちに対して、そんな無いものねだりの様な羨ましさを抱きながら、「同期」とは?或いは仲間、人、社会、人生とは、、、と思いを巡らせていきたいと考えています。」と意気込みを語った。

ドラマ「同期のサクラ」は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top