shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中林大樹 スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」出演決定!

中林大樹が11/24(日)フジテレビ系で放送される、フジテレビ開局60周年記念・アニメ「サザエさん」放送50周年記念スペシャルドラマ企画「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」に出演することが発表された。

同作は、“日本一有名な家族”であるサザエさん一家の、これまで一度も描かれたことのない20年後を、オリジナルストーリーで描いたスペシャルドラマ。

20年後の磯野家の人々は…カツオは野球選手、漫画家など、夢見ては挫折するのを繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。
ワカメはアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。
タラオは就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。
また、波平は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守るフネ。
マスオは出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。
もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエは奮起。盆踊り大会に家族みんなで集合!と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。サザエは磯野家に明るい太陽を照らすことができるだろうか―。

中林は、ワカメの恋人でドラマオリジナルのキャラクターとなる貝塚タケシを演じる。
貝塚は、ワカメよりも2つ年上の敏腕営業マン。ワカメが勤めるアパレル会社と取引があり、仕事でアパレル会社を訪れた際にワカメと出会い、貝塚が一目惚れ。貝塚の真面目で誠実な人柄に、ワカメも貝塚に好意を抱くようになり、2人は付き合うことになる。
順調に交際は1年が過ぎ、ある日、ワカメと待ち合わせた貝塚は「大事な話がある」と言い、おしゃれなレストランへ―。貝塚は海外に転勤を言い渡されたこと、そしてワカメに一緒についてきて欲しいと告白。仕事か結婚か―ワカメは、人生最大の岐路に立つことに・・・。

出演が決定し、「サザエさん!?ワカメちゃんの恋人!?驚きとうれしさと不安で、正直ごちゃごちゃでしたね。やはり『サザエさん』は国民的アニメですからイメージがしっかりあるので、どうしたらあの世界観に溶け込めるかなと。」と思いを募らせた中林。

撮影を振り返り、「貝塚はドラマのオリジナルキャラクターなので、話し方や特徴が原作にない分、色々と考えて現場に入ったんですが、ワカメを演じる松岡茉優ちゃんが、本当に20年後のワカメちゃんとしてそこに居て、その説得力に驚きました。そのお陰もあり、お芝居をした瞬間に貝塚役がスッと自分に落ちた感じがしましたね。」と話した。

そして、「各世代それぞれの悩みや、幸せの在り方。私達が普段の生活の中で直面することを磯野家の人々を通して見る事が出来ると思います。時が過ぎると共に家族の在り方も変わっていく中で、ずっと変わらないものもあったり、あったかい気持ちになれる作品になっています。ぜひご家族揃って観ていただきたいですね。」とメッセージを送った。

フジテレビ開局60周年記念・アニメ「サザエさん」放送50周年記念スペシャルドラマ企画「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」は、フジテレビ系にて11/24(日)20:00~21:54放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top