shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

市原隼人 オムニバス映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」公開記念舞台挨拶!

市原隼人出演、オムニバス映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」が10/25(金)公開初日を迎え、ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われた舞台挨拶に市原が登壇した。

同作は、日常の出会いや別れ決意などの人間模様を季節と共に力強くそして優しくに描いた4話構成のオムニバス映画。「芦屋で映画を作ろう」という想いから企画がスタートし、町民による芦屋町映画制作実行委員会が発足、小道具や大道具作り、見物人の整理や炊き出しなど、多くの町民がボランティアとして制作を手伝い、町の全面協力のもと完成した作品だ。

市原は、「桜咲く頃に君と」で主演を務めている。

小学校教師の古賀尚也(市原)は余命幾ばくもない妻・真奈(平田薫さん)のために仕事を辞めたばかり。尚也は真奈との残り少ない時間を噛みしめるように過ごしていた。
そんな中、尚也の元へ受け持っていたクラスの生徒が行方不明になったとの知らせが届く…。

上映前に行われた舞台挨拶にて市原は、「この作品は、福岡県芦屋町の皆さんのご支援、ご協力、応援がなければできませんでした。芦屋町の風景や空気を感じ、身近に思っていただけたら幸いです。」とコメント。

さらに、「この作品に携わるきっかけが車いすソフトボールをやっている友人で、その友人を応援しに行った大会で向井宗敏監督と出会いました。そのご縁があって、何も見ずに“やらせてください”とお願いしました。その友人は自分の環境や命、身の回りのことをより大切に考える方で、その方のご縁でこの作品に参加できたことを心から嬉しく思います。」と作品との出会いに感謝した。

作品の見どころを聞かれ、「友人や家族、恋人と当たり前のように連絡が取れたり、会えるということは特別で嬉しいことだと感じていただきたいです。お芝居はどんなに頑張っても虚像ですが、自分の経験と重ねてしまうことがあります。今回も重ねてしまって涙が止まらなくなったシーンがありました。目の前からいなくなった方がいたとしても失ったではなく、何かに繋げていく、その方がいたから何かをやり遂げることができる、何かに向かう力をいただけたと感じて、その気持ちをもって帰っていただけたら嬉しいです。」と切望すると共に、「出ている子供たちが本当に元気でかわいいんです。どんな時代でも、どんな子供たちでも差別なく、すべての方にいろいろな選択肢が増えて、幸せである世の中であってほしいと思いながら現場にいました。」と思いを語った。

オムニバス映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」は、絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top