shadow

prev

next

ニュースNEWS

OTHER

森崎ウィン 実写ムービーゲーム「Death Come True」プレス発表会!

森崎ウィンが出演する実写ムービーゲーム「Death Come True」のプレス発表会が、2/6(木)新宿バルト9で行われた。

同作は、日本初となる映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」で、具体的には、プレイヤーの選択によってストーリーが展開し、それに伴い、複数のエンディングが存在するという新感覚作品となっている。

舞台は、とあるホテル。主人公、カラキマコト(本郷奏多)は連続殺人事件の犯人として指名手配されている。しかし男には一切の記憶がない。そんな状況の中、男には死ぬと「タイムリープ」して過去に戻る不思議な能力がある。犯人として、追われながら、男は誰を信じて、誰を疑う?そして、自分自身の本当の正体とは?選択と死を繰り返しながら、男は真実を目指す。

森崎は、特殊捜査課の若手捜査官・クジノゾムを演じる。ひょうひょうとしていてマイペースだが、いくつもの難事件を解決しているエリート。連続殺人犯のカラキマコトを追っているらしい。という役どころだ。

プレス発表会に登壇した森崎は、「当時の撮影を思い出すと過酷でした(笑)。台本でページを飛ばして読むということが初めてで、(プレイヤーが)この選択を取るとこっちのページに飛ぶんだということが、たくさん書いてあって”あぁ!!”みたいな(笑)。でも、本当に素敵な作品が出来上がったと思っています。予告編を観て、この場所に立てていることが更に嬉しく思えました。」とコメント。

台本を初めて読んだ時の感想を求められると、「素直に出た感想が本当に面白いという言葉でした。この言葉を連呼してしまいたいぐらいに面白くて、色々な仕掛けがたくさんあって、これは是非やっていただきたいです。子供の時の自分に戻って漫画を読んだ感覚というか、次の展開を妄想しながらワクワクした感覚の台本は初めてで、それをやれるという嬉しさが滲み出た台本でした。」と語った。

自身の演じる役については、「正義感が強くて難事件を次々と解決しているエリートです。だけど、若くしてエリートになっているのでチャーミングな部分もあったり、演じていてすごく楽しいキャラクターでした。自分でもやったことのないような動きをやったり、アクションもちょっとあったりして、楽しかったです。クジ君でいれて幸せでした。」と回想。

最後に、「色々なプラットフォームで、このゲームを楽しんでいただきたいです。新しいことをするってやっぱりこんなに大変なんだなと思うと同時に、新しい道を切り開いていくことに自分も参加出来ていることが嬉しいです。皆さんの応援でこれからどんどん広がっていくと思うので、発売を楽しみにしていただけたらと思います。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

実写ムービーゲーム「Death Come True」は、2020年6月リリース予定。(価格:1,900円対応デバイス:iOS/Android/Switch/PS4/PC 予定)
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top