shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「糸」最新予告映像&場面カット解禁!

小松菜奈W主演映画「糸」の最新予告映像と場面カットが解禁となった。

同作は、長きにわたって愛されて続けている珠玉の名曲、中島みゆきさんの「糸」に着想を得た映画化作品。

監督は、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など、骨太な社会派ドラマから感動の恋愛物語まで、ジャンルを超えてその卓越した演出力を発揮、作品を成功に導いてきた人間ドラマの名手・瀬々敬久監督。原案・企画プロデュースは、『黄泉がえり』、『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの感動作を手掛けてきた平野隆さん、さらに、脚本は『永遠の0』林民夫さん、音楽は亀田誠治さんという強力布陣。平成元年に生まれた男女2人が、平成から令和を迎える31年間の中で、出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間に渡る壮大な愛の物語が描かれる。

平成元年生まれの高橋漣(菅田将暉さん)と園田葵(小松)。北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めての恋をする。そんなある日、葵が突然姿を消した。養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだった。真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行する。しかし幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。その直後、葵は、母親に連れられて北海道を去ることになった。そのことを知らなかった漣は見送ることすらできないまま、二人は遠く引き離された…。それから8年後。地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。もうすでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていたのだった。そして10年後、平成最後の年となる2019年。運命は、もう一度だけ、二人をめぐり逢わせようとしていた…。

今回解禁となった予告映像では、幼いながらも想い合い、守ろうとするも、離れ離れにされてしまう13歳の漣と葵の姿が。そして、月日は巡り、平成21年、21歳。東京で再会するも、漣は北海道でチーズ職人、葵は東京・沖縄・シンガポールへと自分の世界を広げ、互いの道を歩み始めた二人。喜び、傷つき、もがく二人の運命の行方と流す涙の意味とは―。互いの人生が進んでいても、場所が変わっても、それでも心のどこかでは互いを想い続け前向きに生きる漣と葵。「葵!」と人ごみをかきわけ探す漣の手は、はたして葵の手をつかむことができるのか―。
北海道、沖縄、シンガポール、東京の美しい景色と平成の時代を感じながら、中島みゆきさんの歌声が壮大に響き渡る予告映像は、2/21(金)より随時全国の劇場にて上映される予定だ。

さらに、漣と葵が額を重ね、涙を流す予告にもあるこの美しいシーンの場面カットも初解禁。
こちらは特大バナーポスターとして、全国の上映館にて2/21(金)より随時掲出される予定なのでチェックしてほしい。

映画「糸」は、4/24(金)全国東宝系にてロードショー。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top