shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

廣瀬智紀 映画「HERO~2020~」オフィシャルインタビュー解禁!

廣瀬智紀主演映画「HERO~2020~」が、6/19(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。
この度、廣瀬のオフィシャルインタビューが解禁となった。

同作は、昨年7月に上演された舞台『HERO ~2019 夏~』を映画化し、『誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かの“ヒーロー”になるという気持ちを届けてくれるハートウォーミング・コメディ。
監督・脚本を務めるのは、国内外の映画祭で絶賛された斎藤工さんの初長編監督映画『blank13』(18)の脚本を手掛けた西条みつとしさん。芸人活動、放送作家やコント作家を経て、劇作家・演出家として活躍する西条さんが、主宰する劇団 TAIYO MAGIC FILM の旗揚げ公演作品「HERO」(再演タイトルは「HERO ~2019 夏~」)を自ら映画化、長編映画監督デビューを果たす。

2年間限定の約束で始まった広樹と浅美の恋。広樹には、こんな約束を言い出さなければならない“秘密”の理由があった。そして2年後、運命の日。怪我で入院中の広樹を見舞った浅美は、彼の別れの決意が変わらないことを知って沈み込む。そんな時、ふたりの幸せを願う広樹の妹・真菜の行動が、入院患者から“死神”まで巻き込んで、とんでもない大騒動に! 果たして広樹の“秘密”とは?

廣瀬は、舞台版に引き続き、“秘密”を抱え明日に踏み出せないでいる主人公・広樹を演じる。

――2019年版では広樹役の廣瀬さんが、2012年の初演には松島竜司役で出演していたそうですが、廣瀬さんご自身が7年の間に主演クラスの俳優になったということだと思いますが、『HERO』はご自身にとってどのような作品ですか?

「2012年の自分はまだ駆け出しで、右も左もわからないくらいだったと思います。大きな舞台も踏んでいなかったですし、小劇場でのお芝居の経験も数が少ないくらいでした。そんな中でも西条さんが自分を使ってくれて、という頃だったので、当時の記憶も鮮明です。西条さんは稽古が大好きな方なので、稽古がめちゃくちゃ楽しかったです。かけがえのない時間だったと思います。
『HERO』の再演と西条さんの初の長編映画で自分をそこの立ち位置で使っていただくというのは、実力ではなく、「智紀に期待したいな」という想いでこの作品を自分にぶつけてくれたのではないかというプレッシャーもあったんですけれど、何年経っても色褪せない西条さんの作品の魅力をよりたくさんの方に知ってもらいたいなと思い、自分がその一端となれたらいいな、それが恩返しなのかな、と思いながら臨ませて頂きました。
お芝居に対しての考え方は根付いていくものがあって、そういうものの積み重ねで今の自分があるので、2012 年の時もそうですし、今回も、お芝居に対しての考え方、向き合い方を学ばせてもらっているという感覚が強いです。」

――再演ではその『HERO』の広樹役のオファーが来たと聞いて、どう思われましたか?

「この役をやれる年齢に差し掛かったんだなという感慨深さが1番にありました。」

――今回、映画化もされると聞いた時と、完成した映画を見た時の感想を教えてください。

「最初に映像にすると聞いた時は、実はそこまで画が浮かばなかったです。と言うのも、ずっと舞台で西条さんの作品を身をもって味わってきたので、舞台で引き立つ作品という想いもありました。だから、それがどういう映画になるんだろうというワクワクがありました。舞台としてこんなにもいい作品が、映像になってもっと進化したらどうなるんだろうと思いました。
自分が演じて携わっている作品を見る時は、どこか自分の芝居を追ってしまったりするんですけれど、本作を実際見たら、すんなりすっと作品の世界に入っていけたというのが新鮮でした。見てくださる方々も純粋に楽しんでもらえる作品なんじゃないかなと思いました。」

――廣瀬さんから見た西条さんはどんな監督ですか?

「普段は控えめで、決して前に出るタイプの方ではないんですけれど、西条さんとはプライベートでも仲良くさせていただいているので、いろんなお話を聞かせていただくことがあって、この作品は西条さんの全てが描かれているように思います。西条さんが人間として経験してきたもの・財産を目の当たりにしている気がします。コメディ部分は西条さんが元々お笑い芸人として活動されていたところからきていると思いますし、色々な経験をされてきた西条さんだからこそ出せるものがあるのだと思います。自分なんかが知る由もない西条さんの面も秘めているような気もします。底知れない方です。
関係者試写で僕の隣で西条さんがご覧になっていたんですけれど、映画のエンドロールの時にちらっと横を見たら、鼻をすすりながら涙を拭いている姿を見ちゃいました。役者冥利につきるというか、監督自身が作品に挑んだ結果が自然に炙り出た答えだと思い、自信が持てました。」

――浅美役の北原里英さんの魅力も教えてください。

「北原さんは、広樹という役のフィルターを通さなくても感じる位、包容力・安心感のある役者さんだと思いました。自分に対してすごく誠実に向き合ってくださるだけでなく、周りのどの人の話も聞くという人間力が素晴らしくて、浅美像をどこか感じ、そこからも役にプラスアルファさせていければなと思いました。自分の演じ方ひとつで浅美の魅力を引き立てられるということもあるかと思い、どこまでできているかはわからないですけれど、意識してやりました。」

――映画版では斎藤工さんが死神大佐を演じますが、共演していかがでしたか?

「パワーが違いますよね。死神大佐という役でもあったので、威圧感があって、「お前ならどうする?」と語りかけられているような気もして、それも相まって、逃げ出したくなるような気持ちになるくらい、お芝居に入った時のオーラをすごく感じました。」

――広樹役で難しかった部分はどこですか?

「感情的なものを作るのが難しかったです。表現者として、「自分はこうです」と説明したくなりがちですが、「自分は本当はこうなんです」と提示できないもどかしさがありました。本作では、自分はできるだけフラットにいることを心がけていました。」

――まだ見ていない方に、本作で特に注目してもらいたい部分はありますか?

「第一は、作品の構成です。自分は携わっているので無理なんですけれど、自分もできることならば、まっさらな状態で見たいという位、構成がしっかりしていて、コメディありで、繊細な心のやり取りのお芝居があり、最終的には心温まるメッセージ性もありながら、自分も 1 歩踏み出してみようと思える作品なので、ぜひ体感してほしいと思います。2回3回と楽しめる構成って面白いなと思います。」

――読者の方にメッセージをお願いします。

「『HERO』というタイトルではありますが、皆さんが想像するヒーロー像とは違ったヒーローが見つけられる映画です。見終わった後は、きっと自分も誰かのヒーローになれるのではないかという勇気をもらえる映画になっているのではないかと思います。自分のヒーロー像を探してみてください。
笑いあり、涙ありで、最後にはほっこり温かい気持ちになれる映画になっているので、肩の力を抜いて、ぜひ劇場で見てください。」
  • はてなブックマーク

pagetop

page top