shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」カメオ声優出演決定!

北村匠海が9/18(金)公開のアニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」に声優としてカメオ出演することが発表された。

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、咲坂伊緒の伝説的人気少女コミック「ストロボ・エッジ」と「アオハライド」の流れを受け継いだ<咲坂伊緒 青春三部作>の最終章で、4人の高校生男女の切なくすれ違う恋模様を瑞々しく描いた傑作青春ラブストーリー。
史上まれにみるアニメーション&実写での連動W映画化プロジェクトとして、実写版は現在大ヒット公開中、そしてアニメーション版は9/18(金)に公開される。

偶然出会ったタイプの全く違う【朱里】(浜辺美波)と【由奈】(福本莉子)、朱里の義理の弟の【理央】(北村)と由奈の幼馴染の【和臣】(赤楚衛二)は同じマンションに住み同じ学校に通う高校1年生。
理央に憧れる由奈、朱里に言えない想いを抱える理央、秘密を抱える朱里、ある秘密を目撃してしまった和臣。
それぞれの思いは複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違っていき――

この度、実写版に出演している浜辺さん、北村、福本さん、そして赤楚さんがアニメーション版に声優としてカメオ出演していることが明らかに。演じた役どころは、北村と赤楚さんが劇中での盛り上がりの一つでもある、賑わう文化祭に来ている男子生徒役を、浜辺さんと福本さんは文化祭に来ている女子生徒、さらにその文化祭で上映される劇中劇『いつか世界の片隅で』に登場する母親・チヨを浜辺さんが、その娘・アユコを福本さんが担当した。

アフレコを終え北村は、「短い時間だったので、もうちょっと遊べば良かったなって後悔しています。(笑)僕もアニメがずっと好きなので、しかも僕らが実写で演じた映画のアニメーション版に少しでも参加できたことが嬉しかったです。完成が楽しみですね。」とコメント。

さらに、「アニメーション版の映像を観て、僕の役作りは間違ってなかったなと思いました。(笑)ちょっとホッとしたというか、なんか(アニメ版の理央と)似ている感じがしました。」と話した。

実写版「思い、思われ、ふり、ふられ」は現在大ヒット公開中、そしてアニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」は9/18(金)公開。
ぜひお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top