shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 第33回東京国際映画祭にて映画「ゾッキ」舞台挨拶に登壇!

六本木ヒルズ、日比谷エリア他で開催中の第33回東京国際映画祭にて、TOKYOプレミア2020 (※)選出、映画「ゾッキ」の上映が11/8(日)に行われ、山田が登壇した。

同作は、”孤高の天才”と称される大橋裕之さんの同名漫画を実写映画化。
そんな大橋さんの傑作漫画「ゾッキ」に竹中直人さんが惚れ込み、「絶対、実写映画化したい!」と強く熱望したことから今回の映画化が実現。映画監督として山田と齊藤工さんにオファーし、共同映画制作がスタートした。
大橋さんの生まれ故郷・愛知県蒲郡市でロケを敢行し、多彩なキャスト・音楽などそれぞれのこだわりや人脈を集結させて制作。初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」は、およそ30編の傑作短編作品が収録されており、本作はその中から多数エピソードを織り交ぜて構成し、脚本を舞台演出家・劇作家の倉持裕さんが書き上げた、ありふれた日常に巻き起こる、不思議な笑いに包まれた、なんだかわからないけど、きっとあなたの明日を楽しくする、唯一無二のヒューマンコメディーだ。

舞台挨拶にて山田は、「観ていただいてありがとうございます。特に何か大きな事が行われる映画ではないので、皆さんの心が大きくは変化していないでしょうけども、何か少しの変化が起きていたらいいなと思っています。」とコメント。

出演した松田龍平さんから現場で山田が終始ニヤニヤしていたという話が挙がると、「僕が長編映画初監督でモニターに松田龍平が映っているわけですよ。もう嬉しくて。ずっと見ていたいなと思ってニヤニヤしていました。他の方々に関しては龍平君ほどではないので、『この野郎!ここはこうやるんだよ!』と物こそ投げないですけど、厳しめにやりました。」と話し、笑いを誘った。

どんな気持ちで撮影に臨んだか問われると、「基本的に松田龍平を撮るという。それ以外の方に関しては僕が初監督ということでナメてくると分かっていたので、第一印象が大事なので、まずマウントを取らないとと思い、恐怖で潰してやろうと『やれよ!この野郎!』とそういう感じでやりました。」と冗談めかして語った。

また、キャスティングについては、「原作を何度も何度もずっと見続けて、『あの人だ!』となっていって選んでいきました。学生パートの回想シーンでは南沙良さん以外は全員オーディションさせていただいて、喋った瞬間に『この人だ!』という感じでした。」と明かした。

映画「ゾッキ」は、2021年春全国公開。
ぜひご期待ください。

※TOKYOプレミア2020
世界から旬な新作を集め、まとめて一気に紹介していく今年の特別部門
  • はてなブックマーク

pagetop

page top