shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「さくら」公開記念舞台挨拶!

小松菜奈出演映画「さくら」が11/13(金)公開初日を迎え、翌14日(土)新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に小松が登壇した。

同作は、累計60万部を突破する直木賞作家・西加奈子氏の同名小説の映画化で、さくらと名付けられた1匹の犬と、5人の家族、そして彼らにとって大切な人たちの物語。
長男の死にきっかけにバラバラになってしまった家族が悲しみを乗り越え、家族の愛と絆を再び取り戻し、生きていく姿が描かれる。

音信不通だった父が2年ぶりに家に帰ってくる。スーパーのチラシの裏紙に「年末、家に帰ります」と綴られた手紙を受け取った長谷川家の次男・薫は、その年の暮れに実家へと向かった。母のつぼみ、父の昭夫、妹の美貴、愛犬のサクラとひさびさに再会する。けれど兄の一(ハジメ)の姿はない……。薫にとって幼い頃からヒーローのような憧れの存在だったハジメは、2年前のあの日、亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。その灯火を繋ぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。それは、妹の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋……長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々、喜怒哀楽の詰まった忘れたくない日々だ。
やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大晦日に訪れようとしていた─。

小松は長谷川家の末っ子、長谷川美貴を演じている。

上映前に行われた舞台挨拶にて小松は、「自分が携わった2020年の作品で、お客様が入った舞台挨拶は今日が初めてなので、“ただいま!”という安心感があります。朝早くから映画を観ていただいてありがとうございます。」と挨拶。

薫役の北村匠海、一役の吉沢亮さんとの共演を振り返り、「最近公開されたメイキングを観させていただいたのですが、本当に低レベルな笑いで私たちは楽しそうにしていたなと(笑)。夜の撮影もたくさんあったのですが、深夜に変なテンションになって、今思えば面白くないことも全部面白く感じました。いい空気感で楽しく兄妹として演じることができたので、良かったです。」と振り返った。

薫が年末に実家に帰ってきてから年が明けるまでの数日間を描いているストーリーにちなみ、理想の年末年始の過ごし方を聞かれ、「お正月は何も考えずに過ごしたくて、お笑いを観て笑って、美味しいものをいっぱい食べて、寝て、食べて、寝ての繰り返し…泥みたいな生活です(笑)。お正月はそういった贅沢な日を過ごしたいです。」と答えた。

この日は、長谷川家の愛犬・サクラを演じたちえちゃんが登場。小松は、「映画で動物との撮影が今までなかったので不安な部分があったのですが、すぐにその不安な要素はなくなりました。不安をもってしまったことに“すみません”って思ってしまったくらい、ちえちゃんは完璧で助けてもらった部分が多く、頼もしかったです。」と絶賛した。

そして最後に、「映画を観させていただいて、辛い時でも楽しい時でも何も変わらずにずっとそばにいてくれるのが動物で、その存在の大きさや大切さに改めて気づかされました。動物を飼っている方は、より深く感じていただけるのではないかと思います。愛おしい作品です。何度でも劇場で観ていただけたら嬉しいです。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「さくら」は現在公開中。
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top