shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

宮本龍之介 ドラマ「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」出演決定!

宮本龍之介が2021年1月よりスタートするドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」(カンテレ・フジテレビ系)に出演することが発表された。

同作は、学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原竜也さん)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。

主人公・嶋田隆平は、警視庁捜査一課の敏腕刑事で常に冷静沈着で毒舌家。そんな彼が、東京都の中学校で導入されることとなった日本で初めてのスクールポリスに志願する。
嶋田が配属される赤嶺中学校は、表向きはどこにでもある中学校だが、スクールポリスが配属されてからさまざまな事件があぶりだされていくことに。SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、盗撮事件、教師のマタニティハラスメント、セクシャルハラスメントなど、世間を騒がせ社会問題ともいえるテーマに嶋田は、「守ってやるが、容赦はしない」という言葉通り、教師でも生徒でも、法に触れれば容赦無く逮捕し、想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。
さらに、子どもたちに対し、冷酷で容赦ない面と命の危険から子どもたちを守る面の両方の顔を持つミステリアスな存在の嶋田の“秘められた過去”が次第に明らかに。スクールポリスは、敵なのか、味方なのか!?そして、警視庁捜査一課の敏腕刑事からスクールポリスとなった目的とは!?

赤嶺中学校 3年1組の生徒・楠田大地(くすだだいち)を演じる宮本は、「僕の演じる楠田大地という役は、鈴木悠仁さんが演じる菊池京介と同じバレーボール部員です。ストーリーの中で大地自身の中学生ならではの心情が揺れ動く姿がよく見られます。そんな楠田大地を是非注目してみてください。」とコメント。

脚本を読んだ感想を「突然きた警察官(嶋田隆平)に最初は、困惑したり戸惑いを隠せなかった生徒たちが徐々に変化していく様子を見てて面白いなぁって個人的に思っています!それと『この学校、事件多くない?』って時折、台本を見ながら思いました。」と語った。

また、視聴者の皆様に向けて「中学校で様々な事件が起こるというサスペンス系でもあり、藤原竜也さんや真木よう子さんとのコミカルなやり取りががあったりと、見所たくさんのドラマです。火曜9時、是非ご覧下さい!」とメッセージを送った。

ドラマ「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」は、カンテレ・フジテレビ系にて2021年1月より放送スタート!(毎週火曜よる9時)
是非ご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top