shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』「きみのめ」を語る会!

三木孝浩 監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』の「きみのめ」を語る会が11/20(金)新宿バルト9にて行われ、三木が登壇した。

同作は、不慮の事故で、視力と家族を失った女と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男、光を失って生きてきた二人が織りなす運命のラブストーリーで、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『フォルトゥナの瞳』などを監督した三木孝浩による最新作。

目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子さん)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした――かに見えた。
ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた――。

この日は、同作の大ヒットを記念してティーチインイベントを開催。何度も映画を鑑賞したコアなファンからの質問が数多く寄せられ、さらにサプライズで主演の吉高由里子さん、横浜流星から三木への質問も届くなど、大きな盛り上がりを見せた。

今回のイベントのチケットは即完売。SNS上では公開約4週間で40回、60回を超える回数を鑑賞しているファンもいるとのことで、三木は驚きと感謝の思いを口にする。

“監督から見た吉高さんの凄いところは?”という質問に、三木は「吉高さんはパブリックイメージでは、いつも明るく楽しいキャラクターというイメージかもしれないけど、それをわざとやっている部分があって、現場を和ませることを気にしてくれてるんです。スタッフをよく見て、声をかけて、そういうところも座長として信頼しています。お芝居だけでなく現場全体のテンションを気にして現場に入るところはすごいと思います。」と称賛を送る。

一方で、同作で初めて一緒に仕事をした横浜については、「1本、1本にかける集中力がすごくて、鬼気迫るものがありました。セリフの間違いとか芝居のミスによるNGはほとんどなかった。」とその集中力の高さと熱意をたたえる。そんな横浜の意外な一面については「寒さに弱いところ」と明かしたが、「でも(キックボクサー役で)体脂肪を相当落としてるのでしょうがないんです。水浴びをするシーンは時期も時期だったのでガタガタ震えていました。」と明かした。

また、撮影に入る前に、世界観をイメージするために自分で様々な曲を集めてサントラを作り、キャスト陣やスタッフと共有することもあるという三木。同作ではBTSの「Your eyes tell」が主題歌となったが、同作にイメージしていた曲を問われると、「サム・スミスの「How Will I Know」は、このラブストーリーのテンションに合うなとロケの間もずっと聴いていました。」と明かした。

ここで吉高由里子さんからの質問が到着。“私は恋愛映画が恥ずかしいのですが、三木監督の恥ずかしいものは何ですか?”という吉高さんの質問に三木は、同作のパンフレットの中の自身の写真が「恥ずかしかった(苦笑)」と告白。映画のパンフレットでは、監督が現場で演出している様子を捉えた写真が使用されることが多々あるが、「演出の時は、無意識にキャラクターの気分で、その顔を作っていることが多い。」とのことで「(横浜に対して演出しながら)塁の顔を触っている時は、明香里の気分でいるので、改めてその写真を見ると恥ずかしいです…」と照れくさそうに語っていた。

さらに、横浜からは“恋愛映画の名手と呼ばれる三木監督ですが、実際に奥様にプロポーズした台詞が何だったのか聞いてみたいです”との質問が。三木は「そんなの個人的に聞いてくれればいいのに!映画に関係ないし」と苦笑しつつも、「すごくシンプルで“これからもずっと一緒にいてください”と言ったら、“いいです”とすごく軽い感じの返事で、“おや?もしかしてプロポーズと気づいてないのか?”と聞いてみたら“え?いまのプロポーズ?”って(苦笑)。指輪とかも用意していなかったので、気づかれなかったという恥ずかしい話でした。」とまたも照れくさそうに語り、会場は笑いに包まれていた。

続いて、横浜演じる「塁」の名前が日本人NBAプレイヤーの八村塁からとられていることは副音声上映で明かされていたが、吉高さんの「明香里」という名前の由来を聞かれると「(明香里の)明るいキャラクターを名前からも出したくて、“あかり”にしたんですが、そこに“匂い”という要素――目が見えない分、匂いも感じ取ろうとしているというのを文字でも出したかった。」と明かす。

また、”映画のタイトルバックが出てくるタイミングがなぜ、あのタイミングなのか?”かなりマニアックな質問も。三木は「塁がどこで明香里に惚れたか?という問題で、みなさん、いろいろ推察されていますが個人的にはあの瞬間、タイトルが出る直前だと思ってます。相手が盲目だとわかってて、自分の視線を気にしないとわかっていても、見つめ合って目が合った時に射抜かれた感じ――特に流星くんの表情がすごくよくて、タイトルのポイントはここだなと編集後の段階で思いました。」とその意図を明かす。ちなみにこのシーンの背景が細かい星空のような画になっている点についても、「点字をイメージしています」と細部に至るまでの細かい“仕掛け”を説明した。

また、原案となった韓国映画「ただ君だけ」が「愛してる」というセリフで終わっているのをあえて、今回の映画では変更した理由を問われると「脚本づくりで悩んだのですが、韓国語の「サランヘヨ」(※「愛している」の意だが、恋人以外にも日常的に使われる)の「愛している」とはニュアンスがだいぶ違うので、それこそ昔「月がきれいですね」という言葉で「I love you」を表現したように、直接的じゃない愛情表現で終わらせたくて、最後にひねり出しました。」と説明した。

横浜のキックボクシングのアクションが光る同作だが“監督自身がしびれた格闘シーンは?”という質問には、格闘ファンとしての血が騒ぐのか、興奮気味に「マニアックですが、塁がハイキックを2連発するところ。普通の格闘家でも、軸がぶれてしまうところで、あんなきれいなハイキックを2連発!格闘ファンとしてはアガるところです!」と熱く解説してくれた。

30分ほどのティーチインで怒涛のような質問攻めに遭った三木だが、あっという間に終了。最後に、「本当にみなさんの応援のおかげで、新作が次々と公開される中、こうして満席にしていただいています。」と改めてファンの支えへの感謝を口にし、会場は温かい拍手に包まれた。

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』は、大ヒット上映中!
ぜひ劇場でお楽しみください。

■公式サイト
https://gaga.ne.jp/kiminome/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top