shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

萩原みのり 映画「佐々木、イン、マイマイン」公開記念舞台挨拶!

萩原みのり出演映画「佐々木、イン、マイマイン」が、11/27(金)公開初日を迎え、翌11/28(土)渋谷シネクイントで行われた舞台挨拶に萩原が登壇した。

同作は、俳優志望の石井悠二と、圧倒的存在感を放つ高校時代の同級生・佐々木、その仲間たちの過去と現在を通して、青春時代特有のきらめきと、愛おしくも戻らない日々への哀愁をストレートに描き出した青春映画。

石井悠二(藤原季節)は、俳優になるために上京したものの、鳴かず飛ばずの日々を送っていた。 別れた彼女のユキ(萩原みのり)との同棲生活も未だに続き、彼女との終わりも受け入れられない。
そんなある日、高校の同級生・多田(遊屋慎太郎)と再会した悠二 は、高校時代に絶対的な存在だった“佐々木”との日々を思い起こす。 常に周りを巻き込みながら、爆発的な生命力で周囲を魅了していく佐々木。だが佐々木の身に降りかかる“ある出来事”をきっかけに、保たれていた友情がしだいに崩れはじめる——。
そして現在。 後輩に誘われ、ある舞台に出演することになった悠二だったが、稽古が進むにつれ、舞台の内容が過去と現在とにリンクし始め、加速していく。
そんな矢先、数年ぶりに佐々木から着信が入る。悠二の脳内に鳴り響いたのは、「佐々木コール」だった。

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した萩原は、「私はこの作品を観た後に、いろんな皆の表情が頭に焼き付いて離れなくて、日常生活に戻ったときにその表情を思い出すと、なんかちょっと頑張ろうと思えるというか、そんな作品になったと思うので、ぜひたくさんの表情を目に焼き付けていただけたら嬉しいです。」とコメント。

ユキを演じる上で心掛けたことを聞かれると、「自分よりも年上の役を演じることに勝手に壁を感じていたのですが、大人になっても意外と心は変わらないなとふと思いました。小学生の低学年から見た高学年はめっちゃ大人だけど、高学年になってみたら意外と変わらないなというか。ユキをやるときは変に背伸びをしないということだけを気にしました。完成した作品を観て、私が知らない悠二がたくさんいたんですよね。自分が付き合っていた人のことを知っているようで本当は全然知らなくて、でも悠二と対峙したときに大事で大事でしょうがないという感覚もずっとありました。あまり強気なことを言うのはガラじゃないんですけど、季節くんが悠二だったら、ユキは私しか絶対無理だと今でもすごく思っています。」と力を込めた。

映画「佐々木、イン、マイマイン」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top