shadow

prev

next

ニュースNEWS

LIVE

超特急・グループ史上最大規模のオンラインライブを開催!

超特急が、12月25、26、27日の3日間にわたりオンラインスペシャルライブ『Superstar』を開催した。グループ史上最大スケールのオンラインライブとして、配信ライブの概念を打ち破る規模のセット・演出で行われた本公演は、3日間すべてが異なる構成・メニューのうえ、演出や衣装に至るまでメンバー自身がプロデュース。また、最終日となった27日の終演後には、来年6月に東西アリーナツアー『Hoopla!』を有観客で開催することも発表し、8号車と呼ばれる超特急ファンを、一足早いお年玉で驚喜させた。

総合演出を務めるユーキを筆頭に、メンバーも深く制作に関わった今回の『Superstar』。開演前の映像はリーダーのリョウガが担当し、ファンクラブ会員用には彼考案によるメンバー慰安旅行の模様が、一般視聴者用には抜き打ちクイズに答える映像が流れて、開演前から8号車たちのテンションをブチ上げた。また、カイは初日の、タクヤは2日目の、タカシは最終日の衣装を全面プロデュース。各公演のテーマに沿って、それぞれのセンスを存分に発揮し、メンバーヴィジュアル面からの世界観の構築に一役買ったのも注目したい。

その公演テーマだが、初日の12月25日は結成9周年の記念日ということで、“テーマパーク”をコンセプトに、変幻自在の“Bullet Train World”へと観る者をエスコート。15曲20分にわたるノンストップメドレーで彼ら特有の破天荒ソングをパワフルに連投しつつ、観覧車でのスイートなひと時からミステリアスなお化け屋敷、絶叫必須のジェットコースター、ノスタルジックなメリーゴーラウンドと、彼ら特有の振り幅広すぎるアトラクションで楽しませくれた。

翌日の12月26日、デビュー曲の「TRAIN」で幕開けたDAY2は、“超特急のキズナ物語”がテーマ。芝居仕立てのアクションも交えて1時間のパフォーマンスを一続きのものとし、これまで彼らが歩んできた道のりとそこで紡いできた8号車とのキズナを、ストーリー性豊かに描き出していった。アンコールでは初期から歌われてきた「Superstar」を3年ぶりにニューバージョンで披露して、その先の進化をしっかりと見せたのも特筆すべき点だろう。

そして、2020年最後のライブとなった12月27日のDAY3は、超特急の多彩すぎる楽曲ラインナップの中でも、“クール&セクシー”をテーマに大人びた側面をフィーチャー。“ダサかっこいい”を封印して、ひたすらにカッコよさだけを見せつけるという、まさしく前代未聞のチャレンジに挑んでみせた。開演時刻になると超特急ライブでは聞いたことがないほどオシャレなSEが鳴り、画面には艶やかな黒にイメージカラーを取り入れたジャケット&パンツのフォーマルな装いへと身支度するメンバーが映る。が、次の瞬間には「Fantasista」のイントロをBGMに、なんと黒塗りのリムジンに乗ってくつろぐ5人が! 12月16日にリリースされた最新シングル「Asayake」のカップリングとして発表されるや、クール&スタイリッシュなたたずまいで大好評を博したR&Bナンバーで身体を揺らし、グラスシャンパンを飲みかわす姿も堂に入って、オープニングから8号車の度肝を抜きまくる。さらにリムジンを降りると、気持ちのいいくらいリズムにピタリと合ったダンスで8号車の目も心も鷲掴みに。続いて「『Superstar』最終公演、2020年最後のライブ、皆さん最高に盛り上がっていきましょう!」というリーダー・リョウガが号令をかけると、今度は「Hey Hey Hey」のブラス音を合図に、目の前のレッドカーペットをファンクに歌い踊りながら進んでライブ会場に入場。花道先のセンターステージに上がって、そのままパフォーマンスを続けるという斬新な展開は、これまでの超特急ライブとは間違いなく一線を画すものだ。続く「ON & ON」でも、イントロのブレイクでゆっくりと脱いだハットをステージ上から一斉に投げる、その光景のクールなことといったら! その後も大人びたグルーヴに身体を揺らし、宙へと蹴りを繰り出して“生きてる証を この世界に刻みこめ”と高らかに謳う姿の雄々しさ、そして艶っぽさには、まさしく脱帽するほかない。

「今日この時間、僕たち超特急と8号車みんなで、このライブを駆け抜けていきたいと思います」というカイの台詞から、クール&セクシーの度合いはますます上昇。「Full moon」のイントロが鳴って全員ジャケットを脱ぎ捨てれば、フロアから起き上がって腰を揺らすセクシーなムーブに、波間をたゆたうようなタカシの絶妙に柔らかい歌唱が溶け合って、恍惚の世界へと観る者を誘う。「Fashion」でもタカシの透き通るように儚いファルセットが冴えわたり、ダンサー陣も幻想的な曲世界に入り込んで、花道を使ってのソロパートでは“君”への情熱が全身からダダ漏れに。さらに、カメラに向かって手を伸ばす仕草から切ない表情まで、配信ライブならではの接写が、彼らの表現力の高さをしっかりと映し出してゆく。一転、「DJ Dominator」では小粋なステップと自由闊達なフェイクで、ソウルフルなムードを満開に。歌とダンスの見事なコラボレーションに酔いしれることができるのも、それぞれのハイレベルな進化の賜物だろう。

ここからは秋に発表した5週連続配信曲が立て続けに登場して、センターのメンバーがそれぞれの演出とプロデュースにより史上初のソロパフォーマンス。赤いフードを被って砂漠の砂に吹かれたユーキは、グルーヴィーな「Jasper」でなめらかに躍動し、自らのラップを合図に上空で火花を爆発させる。背景のモニターを活用して自身を無限に増殖する映像効果も見事で、指の隙間から鋭い眼光を覗かせる締めくくりといい自己理解力満点だ。「Never Mine」でカイは笑顔でネックレスを差し出すイメージ映像も交えながら、届かなかった想いへの苦悶をストーリー性豊かに表現。白のオーバーシャツをひらめかせながら水の張ったステージ上で狂おしく舞い、最後に儚い笑みを浮かべて水の中に倒れ伏すと、コメント欄に「ヤバい」の文字が並ぶ。さらに鎖で金網に繋がれたタクヤは、激熱ロックチューン「凱歌」で自由を求めてもがき、叫ぶという、衝撃的な情景を実現。ついに鎖を引き千切ると美しい筋肉もあらわに、歌詞の通り拳をあげ、歯を食いしばりながら、クールの奥に秘められた熱い想いを謳い上げた。最後に、ゲームに夢中なリョウガが「So Crazy」でステージにせり上がると、LEDモニターに流れるワームホールのような幾何学模様をバックに、レーザー光線を操るようなアクションを披露。細身の身体と指を駆使したダンスはしなやかで、なるほど、これまたクール&セクシーと納得させる。ユーキいわく、このブロックだけはそれぞれに演出を任せたということで、ソロ曲を丸々ソロでパフォーマンスするのは、この9年で初の試みということ。いずれも自らの持ち味を存分に活かした出来に、総合演出担当として「個性がメチャクチャ出てて感動しました!」と高ぶっていたが、それも無理はない。

そして草原に寝そべるタカシの映像からステージに画面が切り替わると、巨大LED画面に映る青空をバックに彼が歌い始めたのは、5週連続配信の最後にリリースされた「My Answer」だ。5曲の中でセンターメンバーが唯一設定されていない“全員センター曲”だが、“迷わず行け”と背中を押してくれる真っ直ぐなメッセージはタカシのピュアな人となりと相性抜群。ちなみに彼がプロデュースした本日1着目の黒スーツには、希望にあふれた花言葉を持つ花の刺繍もあしらったとのことで、ここから着替えたメンバーカラーの鮮やかなジャンプスーツといい、衣装にまで明るい未来への希求を込めているのがタカシらしい。曲後半にノリノリのラップを入れるダンサー4人も加わって5人が揃うと、全員で元気いっぱいの掛け声を入れる「What’s up!?」へ。観る者をチアするポーズも繰り返し振りに組み込まれ、にこやかに“大丈夫!”と歌いかけるポップなアッパーチューンは、実は3日間とも披露された数少ない曲のうちの一つだ。シングル「Asayake」のカップリングとして発表されたばかりの新曲という以上に、今、想定外の危機に見舞われている世界に一番伝えたいメッセージが満載で、聴く人すべてを無条件に元気にできる曲は、まさに毎日贈るべきものでもある。

さらに、ライブタイトル『Superstar』のロゴが大写しになったモニターを背に5人でクラップすると、メンバーカラーの音玉が打ちあがり、新たに生まれ変わった「超Superstar」を昨日に引き続き披露。それぞれの個性を反映したソロダンスリレーでは、モニターの色も踊るメンバーのカラーに変わり、タカシは“最後尾 みんな見守る”という従来の歌詞を“最後尾 みんな乗せていく”とリニューアルして決意表明する。事実、ここ数年でシンガーとして目覚ましい成長を遂げている彼の進化は今回の公演でも明らかで、ハッとするようなフェイクやアレンジを聴かせてくれることも3日間でしばしば。時と状況に応じて柔軟に声色や技法を変え、リアルな感情を落とし込むたくましさは、歌い手にとって大きな武器だ。加えて、アッパーなダンスチューンにより、ダンス&ボーカルグループとしての本領も全開に。躍動的なビートで獲物目がけて投げキスを贈る「Kiss Me Baby」では、ユーキが鮮やかなバク転を決め、タクヤとのペアダンスでも注目を集める。続いてglobeのカバー曲「Love again」と、熟れた恋心を巧みな身体コントロールで鮮やかに表現してゆけるのは、超特急として9年歩み続け、成長し続けてきた今の5人だからこそだろう。

だが、どうしても“カッコいい”だけに徹しきれないのが超特急。「お前らまだまだいけるのか!? ついてこいよ!」とタクヤが煽ってからはセンターステージに揃って飛び出し、コミカルに振り切れた超特急らしいパワーチューンでクライマックスを駆け上がっていった。これまた3日連続登場となった「超えてアバンチュール」ではユーキがオタ芸を打ち、ヘドバンタイムを繰り広げ、「画面の向こうでも思いっきり声出してください!」と満面の笑顔でカイが誘った「Drawイッパツ!」では超特急と8号車に全力でエールを贈る。どんなにクールにキメても、やっぱり“これぞ超特急”なのである。10周年を控えた今だから見せられるクール&セクシーと、8号車と培ってきた全力&カオス。そのすべてをひっくるめた、まるで3日間の集大成のようなライブの終わり――つまり2020年の終わりに、「この不思議な年に、超特急が歩みを止めずに進んでこれたのは8号車に愛されている、必要とされていると実感したから」とカイは感謝を述べた。リョウガも「無観客の配信ライブで直接会えないというマイナスな部分も、超特急と8号車が今まで築いてきたキズナがあったからこそ、全く感じずやることができました」と伝え、タクヤも「今年は8号車の存在が大きいなと感じました。この固いキズナを胸に、2021年は飛躍の年にしていきたいです」と宣言。タカシに至っては、2020年の経験の大きさを語り、「やっぱり僕は改めて歌が大好きだなって思いました。なので2021年、グループとしてもっと最強な、“Superstar”なグループに変身していきたい」と、頼もしい言葉をくれた。

最後は「最高のメンバーと8号車の皆さん、どんなに辛いときがあっても僕たちがヒーローになります」というユーキの言葉から、「Asayake」のカップリング曲「Hero」を初披露。ファンクラブ盤のみに収録された、いわば最も8号車に向けて歌われた曲を3デイズのラストに持ってきたのは、これからも超特急が8号車の希望であり続けてゆくという5人の決意の表れだろう。サビ前の振りつけには超特急ポーズも組み込まれ、シンクロ率の高いパフォーマンスで“離れていてもつなぐ想い”を表す彼らの頭上には金吹雪が。美しく胸迫る光景に、8号車も“泣ける”“大好きだよ”と想いを寄せてゆく。当然コメント欄には“超特急!”コールが並び、それに応えて上昇するLEDモニターの向こうから、光を浴びて現れた5人が贈ったのは「Asayake」。全人類が闇の中にいるとも言える今、夜明けの輝きを歌ったこの曲で締めくくるのは、なんともニクい。そして超特急の夜明けは、もう、すぐそこまで近づいていた。

「2021年も8号車と一緒にみんなの“Superstar”になれるように走っていきたいと思います」とリーダーが告げ、「良いお年を!」と5人が手を振ると画面が切り替わり、そこで流れた映像が告知したのは、なんと東京と横浜を3デイズずつ回る東西アリーナツアー『Hoopla!』の開催。今年初春のファンクラブツアー以来、実に1年4ヶ月ぶりとなる有観客ライブの決定に、コメント欄の8号車は“絶対に行きたい!”“目標ができた”と興奮を露わにする。3日間のライブでセットリストの楽曲をほとんど被らせず、多彩すぎる引き出しを提示して、配信ならではエンターテイメントを創り上げた超特急だが、やはり観客との一体感こそ彼らのライブの醍醐味。となれば“騒げ!”という意味を持つツアータイトルの通り、2020年に叶わなかった熱狂の大空間を味わえる日が、今から楽しみで仕方がない。


セットリスト
(12月27日)
M1:Fantasista
M2:Hey Hey Hey
M3:On & On
M4:Full moon
M5:Fashion
M6:DJ Dominator
M7:Jasper
M8:Never Mine
M9:凱歌
M10:So Crazy
M11:My Answer
M12:What’s up!?
M13:超Superstar
M14:Kiss Me Baby
M15:Love again
M16:SAY NO
M17:超えてアバンチュール
M18:Drawイッパツ!
M19:Hero
EN1:Asayake

2021年アリーナツアー決定!!
▼2021年アリーナツアー詳細
BULLET TRAIN ARENA TOUR 2021 SPRING 「Hoopla!」
2021年6月4日(金) ぴあアリーナMM 開場18:00 / 開演19:00
2021年6月5日(土) ぴあアリーナMM 開場14:00 / 開演15:00
2021年6月6日(日) ぴあアリーナMM 開場14:00 / 開演15:00
2021年6月10日(木) 神戸ワールド記念ホール 開場18:00 / 開演19:00
2021年6月12日(土) 神戸ワールド記念ホール 開場14:00 / 開演15:00
2021年6月13日(日) 神戸ワールド記念ホール 開場14:00 / 開演15:00

詳細は特設サイトをご確認ください。
ツアー特設サイト:
https://bullettrain.jp/hoopla/

ツアー ティーザーURL
https://youtu.be/uMxKDK-Q7ww
  • はてなブックマーク

pagetop

page top