shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

夏帆 ドラマ「珈琲いかがでしょう」出演決定!

夏帆が2021年放送のドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)に出演することが発表された。

同作は、“幸せを運ぶ珈琲物語”を描いた、「凪のお暇」などで知られるコナリミサト著の名作漫画「珈琲いかがでしょう」のドラマ化。
店主・青山一がさりげない言葉で人々を癒し、優しくもほろ苦い人情珈琲群像劇を描いた同作は、2014年~2015年にかけて『WEBコミック EDEN』で連載され、2018年にはアニメ化。まるで癒しとほろ苦さが共存する至高の珈琲のようなストーリー…かと思えば想像もつかない急展開を見せる、今なお高い支持を誇る人気漫画だ。

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。
店主は街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく――

夏帆は、誠実・丁寧・義理・人情がモットーの不器用女子代表、垣根志麻を演じる。志麻は、仕事では要領のいい後輩に出し抜かれ、上司にも認めてもらえず、人の失敗の尻拭いをさせられる毎日に心が折れていたが、そんな中で偶然出会った「たこ珈琲」に癒されていく、という役どころ。

出演にあたり夏帆は、「実写化するんだ、という驚きと、想像していなかった監督の組み合わせに、心が躍りました。
そして主演の中村倫也さんが、漫画から飛び出してきたようにピッタリだと感動しました!」とコメント。

台本を読んだ感想を、「さらっとしてるようで、エグみがあって、意外性のあるストーリーに引き込まれました。
原作に忠実さもありつつ、ところどころに心に残る荻上さんの台詞が散りばめられていて、ほっこりするけど、少しほろ苦い、そんな素敵な台詞たちを大切にしたいと思いました。」と話した。

そして、「一生懸命でどこか憎めない魅力的な垣根さんをきちんと再現できるように頑張ります。
繊細であり大胆であり、とっても不思議な世界観でわたしも完成が楽しみです。ぜひ、珈琲とともにご覧になっていただければ嬉しいです。」とメッセージを送った。

ドラマ「珈琲いかがでしょう」は2021年テレビ東京系にて放送。さらに、地上波放送終了後、動画配信サービス『Paravi』で配信される。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top