shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

森崎ウィン ミュージカル『ジェイミー』スペシャル歌唱パフォーマンス in Hibiya Festivalに出演!

5/9(日)に行われたミュージカル『ジェイミー』スペシャル歌唱パフォーマンス in Hibiya Festivalが東京・東京ミッドタウン日比谷にて行われ、森崎ウィンが出演した。

同作はイギリスBBCで放送された実話を基に2007年イギリスでミュージカル化され大ヒットを記録し、今年に入って映画化も決定した。ドラァグ・クイーンに憧れる16歳の高校生ジェイミー・ニュー(森崎ウィン/高橋颯さん Wキャスト)が、母親から真っ赤なヒールをプレゼントされた事を機に、高校のプロムにドラァグ・クイーンとして出席する夢を抱き始めるも、学校や教師、保護者からの猛反対を受ける。マイノリティに理解のない周囲からの心無い言葉、ジェイミーの事を理解できない父親との確執など、多くの困難を乗り越えながら、それでもなお、自分らしくあろうとするジェイミーの姿を描いていく。

今夏の日本初演に向け「Hibiya Festival 2021」にてキャストによるスペシャル歌唱パフォーマンスを実施し、「誰も知らない(原題:And You Don't Even Know It」「頭の中の壁(原題:Wall in My Head)」「スポットライト(原題:Spotlight)」「我が子(原題:He's My Boy)」「暗闇を抜けて(原題:Out of the Darkness)の5曲が披露された。

パフォーマンスを終えた森崎は、「純粋に楽しかったです。と同時に、この時期にパフォーマンスできることのありがたみ、幸せを実感して噛みしめている所存でございます」と喜びを表す。

日本初演の作品で、ジェンダー、人種、宗教など様々な問題を描く物語に、森崎は「日本語版でやるという責任の重さやプレッシャーを感じてはいるんですけど、日本で初演キャストの一員として参加できる喜びの方が今はすごく大きいですね。今、この時代に伝えるべきメッセージがたくさん詰まっていると思うので、しっかり日本のお客様に伝えられるよう、もっと頑張ろうという気持ちで必死でございます」と心境を語った。

真っ赤なヒールを履いて登場した森崎は感想を聞かれると、「今僕はこうやって『みなさん本当に今日は…』と話していますが、めちゃめちゃ足痛いです。本当に!」と苦笑いを浮かべつつ、「でも、履くとスイッチが1個入るんですよね。そのスイッチに任せてふわふわいっちゃうと怪我に繋がるので、とにかく今はトレーナーと一緒に足を鍛えております。スクワットをめちゃめちゃやっています」と明かした。

最後に、森崎は「ミュージカル『ジェイミー』日本初演ということで、楽しみに待っていただいている皆さん、あともう少しです。僕らも一生懸命稽古をして、初日を迎えられるように頑張ってまいりますので、是非ぜひ楽しみにお待ちいただけたらと思っております。劇場で会える日を本当に心より楽しみにしています。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

ミュージカル『ジェイミー』は、2021年8月に東京にて上演!
是非ご期待ください!

<公演概要>
【公演名】ミュージカル『ジェイミー』
HoriPro in association with Nica Burns presents By Dan Gillespie Sells and Tom
Macrae From an original idea by Jonathan Butterell
東京公演:2021年8月8日(日)~29日(日) 東京建物Brillia HALL
大阪公演:2021年9月4日(土)~12日(日) 新歌舞伎座
愛知公演:2021年9月25日(土)・26日(日) 愛知県芸術劇場大ホール

▼公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jamiemusicaljp2021/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top