MOVIE

小笠原海 映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」初日舞台挨拶!


小笠原海出演映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」が7/19(金)公開初日を迎え、丸の内ピカデリーで行われた舞台挨拶に小笠原が登壇した。

「東京喰種」は、2011年より連載がスタートし2018年7月に「東京喰種トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックス。また、2017年7月に実写映画「東京喰種 トーキョーグール」が世界29ヶ国で公開され、今もなお拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。そんな同作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編「東京喰種 トーキョーグール【S】』としていよいよ公開。原作の中でも特に高い人気を誇る〈月山編〉の〈喰種レストラン〉を舞台に、史上最悪な喰種との戦いが繰り広げられる。

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田正孝)。
葛藤を抱えながらも、トーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店「あんていく」の仲間たちと、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。
そんなある日突然現れた男・月山習(松田翔太)により、【喰種レストラン】に招待されるのだが、彼は美食家(グルメ)と呼ばれる、史上最悪の喰種だった―。
カネキの香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。その魔の手は、次第に周りにも及び始め…。
果たして、大切な仲間たちを守り抜くことができるのか!?
喰種VS喰種の壮絶なバトルが、いま、始まる!!!

小笠原は主人公・カネキの親友、ヒデこと永近英良を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて小笠原は、「グールファンとして公開されたことはすごく嬉しいことですし、皆様に楽しんでいただけたら嬉しいです。」とコメント。

その後、様々な意味の込められた同作のタイトル【S】にちなみ、今まで話すことができなかった【S】ecretな話を登壇者が発表することに―。小笠原は、「ただのグールファンすぎて、自分が出るシーンではないのにラストの協会のシーンの撮影に静岡まで行きました。」と話すと窪田が“そうだ!第一声が何しに来たの?だった(笑)みんなでお昼を食べたよね”と回顧。それを受け小笠原は、「全員に言われました(笑)。スタッフさんにも“なんでいるの?!”って言われて。永江(智大)プロデューサーと廃墟ツアーをやったりして、すごく楽しかったです。」と笑顔で振り返った。

映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」は現在絶賛公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク