shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

葵わかな 映画「くちびるに歌を」Blu-ray&DVD 発売記念イベントに出席!

葵わかな出演映画「くちびるに歌を」のBlu-ray&DVD発売記念イベントが、9/2(水)タワーレコード渋谷店にて行われ、監督・共演者らと共に葵が出席した。

同作は、2008年にNHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』の作者、アンジェラ・アキさんのテレビドキュメンタリーをもとに中田永一さんが書き下ろし、読書メーターおすすめランキング第1位にも輝いたベストセラーの映画化。青春映画の名手・三木孝浩監督がメガホンを執り、ピアノを弾けなくなり臨時教師になったピアニストが、合唱コンクールを目指す長崎県・五島列島の中学生たちと出会い、深い悩みを抱えながらも前へと進んでいく姿を描き、あらゆる世代に勇気を与える感動作として話題をよんだ。

物語の舞台は長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったと噂される臨時教員の柏木先生が、東京からやってくる。合唱部の顧問となった彼女は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた…。

葵は合唱部のメンバー・関谷チナツを演じた。

イベント前にマスコミ向けの囲み取材が行われ、撮影での思い出を聞かれた葵は、「15才・中学3年生という役を演じて、自分が15歳の時に感じた事を思い出す事も多く、撮影した2ヶ月間だけ、15才を過ごした気分でした。こういう機会が無ければ15才について深く考えることは無かったと思います。みんなで(15才の時は)何を考えていたのかを話し合いながら演じていました。」と振り返った。さらに、2回目となる柴田杏花との共演について、「12・3才で共演して、今回は15・6才になり、仲がいいのは変わりませんでしたが、良い意味で刺激を受け合って切磋琢磨できたと思います。」と話した。

この日行われたイベントには、同作のBlu-ray、DVDの購入者を招待。
劇場公開から約半年振りに劇中の制服を着て登壇した葵は、「みんなで頑張りたいと思いますので、短い時間ですが楽しんでください。」と挨拶。

おすすめのシーンについて、「私が見てほしいのは、合唱の練習を主にしていた音楽室でのシーンです。“部室”と書いてある紙とかが凝っていていて本当に部室という感じですし(笑)、五島列島に着いてからそこで練習をさせていただいていました。もちろん私たちはお借りした中学校の生徒ではありませんが、合唱練習をしてきたという感じが滲み出ているのではないかと思います。」とアピールした。

イベント終盤では、音楽教師・柏木ユリを演じた新垣結衣さんから応援メッセージと、最後の課題として劇中で感動の嵐を呼んだ『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』のラスト合唱を命じる動画コメントが流れた。葵は劇中や数々のキャンペーンで指揮をしていたが、この日はアルトパートを担当。名残惜しさも残しつつ、久しぶりとは思えない見事なハーモニーと笑顔溢れる合唱に、会場から温かい拍手が沸き起こった。

最後に、「この作品は中学生と先生のお話なのですが、誰しもが通る15才という人生の中の大事な時期に思った事とか考えてた夢を思い出すきっかけになればいいなと思います。今、何か辛いことがあっても、頑張れるきっかけを作れるような作品です。辛くなくても、いつでも見てください(笑)」とメッセージを送った。

映画「くちびるに歌を」Blu-ray&DVDは、現在好評発売中!
なお、同作は邦画作品で初となるDTS Headphone:X仕様!お手持ちのヘッドフォン、イヤフォンでマルチサラウンドが体感でき、劇場にいるような臨場感で楽しめる仕様など、豪華特典が満載となっている。ぜひお手にとってお楽しみください!

■「くちびるに歌を」Blu-ray&DVD
【愛蔵版(初回限定生産2枚組)】
Blu-ray価格:6,700円(税抜)
DVD価格:5,800円(税抜)
【通常版】
Blu-ray価格:4,700円(税抜)
DVD価格:3,800円(税抜)

★スターダストショッパーズ特典付!通販受付中!
購入特典:葵わかな、柴田杏花、佐野勇斗、高橋奈々 劇中生写真付き
※【愛蔵版】Blu-ray&DVDのみの取り扱いとなります。
★ご購入はこちら
  • はてなブックマーク

pagetop

page top