shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中川大志 NHK大河ドラマ「真田丸」出演者発表会見!

中川大志が、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」に出演することが発表され、9/24(木)NHKで行われた出演者発表会見に出席した。

2016年の大河ドラマは、戦国時代最後の名将・真田幸村(本名・真田源次郎信繁/堺雅人さん)を主人公に、真田信繁が戦国時代最後にして最強の砦『真田丸』を作り上げるまでの人生と、戦国の荒波に揉まれ続けた小さな家族船『真田丸』での長い長い航海の道程をドラマ化。脚本は、大河ドラマ『新選組!』(2004年)以来2度目となる三谷幸喜さんが執筆する。

真田家が豊臣家に仕えた時、人質として大坂に送られ、その青年期を豊臣秀吉の家族と家臣の中で過ごす信繁。
中川は父・秀吉亡き後、豊臣家が弱体化する中で、淀の溺愛を受けて成長し、徳川との最終決戦・大坂の陣を信繁と共に戦う豊臣秀頼を演じる。

会見にて中川は、「秀頼は秀吉の息子として若い頃から大きなものを背負って戦った人物だという印象があります。僕自身もまだ17歳なので、等身大で秀頼を精一杯演じたいと思います。よろしくお願いします。」とコメント。

役作りについて聞かれ、「三谷さんの作品に出させていただくのが初めてなので、これから台本をいただくのをとても楽しみにしています。僕自身、歴史について詳しくないので、これから勉強をして作品に入りたいと思っています。」と答えた。

さらに、三谷幸喜さんの作品に出演することについて、「小さい頃から三谷さんの作品を観させていただいて、いつか出たいという思いがあったので、夢が叶って嬉しい思いです。大先輩の皆さんに囲まれてこの場に立たせていただくということで昨日は眠れず、そいういった意味でもテンションが上がっています。」と心境を語った。

NHK大河ドラマ「真田丸」は、2016年1月10日放送スタート!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top