shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

永野芽郁 ドラマ「超限定能力」出演決定!

永野芽郁が12/20(日)フジテレビで放送される、第27回フジテレビヤングシナリオ大賞「超限定能力」に出演することが発表された。

坂元裕二さん(『東京ラブストーリー』『最高の離婚』など)や野島伸司さん(『101回目のプロポーズ』『高校教師』『ひとつ屋根の下』など)といった数々の有名脚本家を輩出し、1987年の設立以来、今年で第27回を数えるフジテレビヤングシナリオ大賞。

今回、2061編の応募の中から大賞に選ばれたのは、第41回「城戸賞」佳作も受賞した実力の持ち主・青塚美穂さんによる『超限定能力』。自堕落な大学生がある日、突然、“他人の降りる駅”が見えるようになるというストーリーで、電車の中でしか使えないそんな些細な“超限定能力”と向き合うことで、周りの人を変え、自分も成長していく作品となっている。

漫然とした日々を過ごす大学4年生の秋山舜太郎(竜星涼さん)は、ある日、通学中に頭を打って目を覚ますと“人が降りる駅”が見えるようになってしまう。電車の中でしか使えない些細な“超限定能力”。とってもショボい…でも意外と使える。その能力をフル活用し始める舜太郎。しかし、そこにはとんでもない副作用があって…。
自堕落に生きてきたひとりの青年がこの“超限定能力”と向き合った時、彼の人生に大きな転換点が訪れる。就職活動がうまくいかない親友・斎藤宜秀(太賀)とのすれ違い、“降りる駅が見えない”女子高生・橋田美雪(永野)との交流といった人間関係の中で、舜太郎はどう変わっていくのか?

永野は、同作のヒロインで、キーマンとなる女子高生・橋田美雪を演じる。

出演が決定し永野は、「どういう作品なんだろうと思って台本を読んだら、とにかく面白かったですし、自分が演じたことのないタイプの役だったので、撮影がすごく楽しみでした。竜星さんも太賀さんもお仕事をたくさんされている方なので、足をひっぱらないようにしないといけない、と思いました。」とコメント。

美雪を演じるにあたり、「(美雪の抱える問題を描いた)回想シーンを撮影初日に撮ったので、そのシーンを常に忘れずに心の中にしまっているようにし、ちょっとした時に思い出して苦しくなったり悲しくなったりする感情をいつでも出せるよう意識しました。ここまで追い詰められるという役は初めてだったので、ある意味、挑戦でした。表情の動き方とか、ちょっとした言葉の強弱の付け方がわからない時もあって、そのたびに監督に聞くようにしました。物語の最後に向かって感情が変わっていくので、どうしたらその変化を表現できるか、というのが難しく、そこも挑戦でした。」と語った。

そして最後に、「今まで演じたことのない役なので少し不安もありましたが、監督を信じてみんなで頑張りましたので、ぜひ見てください。皆さんの感想を聞けるのが楽しみです!」とメッセージを送った。

第27回フジテレビヤングシナリオ大賞「超限定能力」は12/20(日)24:45~25:45、フジテレビにてO.A。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top