shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

滝口幸広 出演ミュージカル「TARO URASHIMA」製作発表会見!

滝口幸広出演出演ミュージカル「TARO URASHIMA」の製作発表会見が、7/8(金)都内で行われ、滝口が出席した。

同作は、おとぎ話として有名な「浦島太郎」を題材に、“たまて箱”とは何だったのか?浦島太郎はどうなったのか?という、解決されていない謎を池田鉄洋さんによる新たな解釈としてリメイクし、現代の我々にも通じる物語として日本のおとぎ話の新たなる可能性を描いた作品。

昔、むかし。世界は2つの国に分かれた。1つは、地上に都をつくり、1つは海の中に国を造った。
地上の都は京の都と呼ばれ、貴族たちが政治を行っていた。海の国は竜宮と呼ばれ、海の王が治める国となった。
ある日、浦島太郎は、漁の最中に出会ったカメと意気投合し、カメの話に出てくる乙姫に恋をする。
乙姫は、義兄の甲太子たちにいじめ抜かれながら育ち、そしてカメが嘘と本当を混ぜて作る浦島太郎のお話の中の太郎に焦がれるのだった。
海の中では、継母の策にはめられ追放させられていた深海王子がクーデターを起こし、 竜宮は混乱のまっただ中で…。

滝口が演じる竜王の次男・甲太子は、妹である丙姫にそそのかされて、乙姫へのいじめをエスカレートさせていくという役どころで、長男が追放され世継ぎは自分だと考えている。

会見にて滝口は、「今回、家族ぐるみで乙姫をいじめていくのですが、こういうのは裏での関係性が大事だと思いますので、稽古場でもいろんないたずらをたくさん仕掛けて、本気で怒られるか、事務所の人が出てきそうになったらやめたいと思います(笑)。よろしくお願いします。」と冗談も交えて挨拶。

役どころについて、「今まで性格の悪い役をやったことが無くて、どんな風になるか不安があったのですが、僕ら子供からしたら、お母さんが一番性格が悪いだろうなと思いますので、母についていけば間違いないと思っています(笑)。母の腹黒さを見て、ついていきたいと思います。」と話した。

この日は、竜宮城さながらのゴージャスな会場をステージに見立て、公演で披露されるオリジナルのミュージカルナンバーを、キャストが次々に歌い上げる演出が行われ、華やかな製作発表会見となった。

ミュージカル「TARO URASHIMA」8/11(木・祝)~15(月)明治座にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

■ミュージカル「TARO URASHIMA」

日程:2016/8/11(木・祝)~15(月)
劇場:明治座

脚本:池田鉄洋
演出:板垣恭一
音楽:伊藤靖浩

出演:
木村了/上原多香子/斉藤暁/崎本大海
和泉元彌/とよた真帆
滝口幸広/辻本祐樹/原田優一
舘形比呂一/坂元健児
土屋シオン/碕理人/森田涼花/角島美緒/二瓶拓也/高木稟/大堀こういち
竹内寿/中村太郎/月岡弘一/桝井賢斗/香山佳祐/塩川渉

公式サイト:
http://www.meijiza.co.jp/info/2016_08_urashima/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top