shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小柳友 『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017』舞台挨拶に登壇!

小柳友 W主演映画「ANIMAを撃て!」が『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017』オープニング作品に選出され、7/15(土)SKIPシティ 映像ホールにて行われた舞台挨拶に小柳が登壇した。

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』は、デジタルで撮影・制作された作品にフォーカスした国際コンペティション映画祭。若手映像クリエイターの登竜門として、世界中からエンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的に2004年に誕生した。
今年は、7/15(土)~23(日)の9日間に渡り開催。オープニング作品、長編・短編・アニメーション部門のコンペティション、さらに目玉企画のひとつとして、過去に同映画祭でノミネート・受賞を経験し、現在日本映画界の新鋭として活躍する 6 人の若手監督にスポットを当てた特集もとり行われる。

映画「ANIMAを撃て!」はバレエ団に所属しつつも自分だけの踊りを模索する主人公・果穂(服部)と、かつてドラムをやっていたが今は夢を諦めてしまった青年・伊藤(小柳友)がひょんなことからコンビを組み、コンテンポラリーダンスとドラムのセッションに挑む、青春ダンス映画。夢を追う女性と、夢を諦めた男性の葛藤と成長、そして恋愛模様が、コンテンポラリーダンスとドラムという異色の組み合わせを題材に爽やかに描かれる。昨年の同映画祭長編部門にノミネートし、その後劇場公開された「いたくても いたくても」で注目された堀江貴大監督がオリジナル脚本で手掛ける。

ドラム経験のある小柳だが、同作に向けてどの程度練習したのかを聞かれ、「“コソ練”と呼んでいるのですが(笑)、コソコソ練習をしてスタジオの定員さんとすごく仲良くなりました。」と笑いも交えて回答。

自身が演じた役について、「今回、等身大に近い役を作ることができたので、特に大変だったことはなかったです。」とコメントし、「ドラムは一生続けていきたいと思っているものなので、改めてドラムと向き合きあうことができたと思います。そして、それが映像にのれば嬉しいと思いながら演じていました。」と話した。

そして最後に、「劇中にある曲があって、その曲の中に印象的なシーンあるのですが、そこは作品のスパイスとして入れられたのかなと。上手く活きているかどうかは、皆さんに判断していただきたいです。よろしくお願いします。」とPRした。

【ストーリー】
クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属する果穂は、留学支援のための試験に挑むものの、自分が本当に表現したい踊りを見つけられずにいた。
果穂は、ホール職員の伊藤がドラム経験者だったことを知り、コンテンポラリーダンスとドラムのセッションで最終試験に臨むことに決める。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top