shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小柳友 映画「ANIMAを撃て!」完成披露試写会!

小柳友 W主演映画「ANIMAを撃て!」の完成披露試写会が3/15(木)神楽座にて行われ、堀江貴大監督、服部彩加と共に小柳が登壇した。

同作は、若手映像クリエイターの登竜門として埼玉県で2004年から続いている、デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』の2017年度オープニング作。東京藝術大学大学院の修了制作作品「いたくても いたくても」が、『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2016』にノミネートされ、これが初の商業用映画監督デビュー作となる新鋭・堀江貴大がメガホンをとる。

クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳)だった。伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする。

公開を間近に控えた心境を小柳は、「一年前の撮影だったのですが、こうして今日から「ANIMAを撃て!」が皆さんの心の中に残っていくということが凄く嬉しいです。」とコメント。

自身の役柄を、「これまでに約20本ほど映画に出演していますが、公務員の役は初めてでした。SKIPシティ内にあるホールの職員という設定で、もともとドラムをやっていたという役どころ。いつもシャツを着ているような、普段の僕ではありえないような役です(笑)。久々に新しい役をやらせていただいたという感覚でした。」と語った。

服部のコンテンポラリーダンスについて、「ずっと回っているので凄いなと思いました。人間の構造上、これが可能なのかという驚きの連続でした。やはり服部さんではなかったら出来なかっただろうという圧倒される映像がずっと続いていくので、そこが見どころだと思います。」と話した。

また、撮影で大変だった事を、「僕はドラムを5年振りくらいに叩いたのですが、役の成長として“5年振りに叩いた人ってどうなのかな”とか、“5年振りに叩いて徐々に触れていった時に、どうやったら進化したように見えるかな”というのを考えながら演じていました。そこは苦労した部分でしたが、楽しんで出来たと思います。」と振り返ると共に、「撮影の一ヶ月程前から、演技の稽古、ドラムとダンスのレッスンを受けていました。僕は演奏する曲が決まっていたのでとにかく練習をしていましたが、服部さんは本番も含めて基本的にその場で先生に作っていただいた振り付けを表現していたので、それはもう大変そうでした。」と語った。

続いてこの日は、舞台芸術賞寺山修司賞、第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した近藤良平氏が主宰するダンスカンパニ―・コンドルズからオクダサトシさん、山本光二郎さんがゲストとして登壇し、コンテンポラリーダンスの魅力が語られた。

最後に、「今回伊藤瑛という役で、夢を諦めてまた別の新しい夢に向き合うことを描ければと思っていました。この映画を観て、夢との付き合い方にはいろいろな形があるのだと感じていただきたいです。そして、がむしゃらに頑張って輝いている服部さんに注目していただければと思います。この作品が、沢山の方に観ていただけることを願っていますので、皆さんぜひ宣伝をよろしくお願いいたします。」とメッセージを送った。

映画「ANIMAを撃て!」は3/31(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top