shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北川景子 映画「パンク侍、斬られて候」出演決定!

北川景子が6/30(土)公開映画「パンク侍、斬られて候」に出演していることが発表となった。

原作は芥川賞作家・町田康が2004年に発表した傑作小説「パンク侍、斬られて候」の映画化。江戸時代を舞台にしながらも、今っぽい口語による滑稽な会話の応酬、次から次へと登場する特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開、そしてド肝を抜く大団円…。発表から十数年経った今でも色あせないどころか、混沌深まる現代の写し鏡の様な世界観で、多くの熱狂的なファンを持つ作品だ。

この破天荒な原作を映画版に脚色するのは、希代のストーリーテラー・宮藤官九郎。
そして、『狂い咲きサンダーロード』(1980)や『爆裂都市 BURST CITY』(1982)でなどの不世出の鬼才、石井岳龍監督がメガホンをとる。

同作は、“超人的剣客”にして“テキトーなプータロー侍”・ 掛十之進(綾野剛)が、自らが蒔いた種よって生まれる大惨事に七転八倒する活劇。撮影はすでに終了しており北川は、「石井監督と綾野剛さんとご一緒できると聞いた時はとても嬉しかったです。石井監督の世界観にとことん染まろう!という気持ちで組に飛び込んでいきました。お芝居の面では綾野さんが引っ張ってくださり、楽しい現場でした。」と話すとともに、「猿を抱いた謎の女性、ろん役です。パンク侍は私のことかもしれません。最後まで見ていただければわかります。ぜひ映画館でご覧ください。」とコメントを寄せた。

映画「パンク侍、斬られて候」は6/30(土)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top