shadow
タカギ マンペイ

高木万平

メディアMEDIA

INFORMATION

高木万平、高木心平「なりすまし」のTwitter等にご注意下さい!

最近、高木万平、高木心平本人になりすましたfacebook、Twitterをはじめとする
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの報告が多数寄せられております。
同姓同名のアカウントが実在しているようですが、
「高木万平・高木心平 オフィシャルfacebook」(https://www.facebook.com/takagimanpeishinpei
を除いては、弊社スターダストプロモーション所属の高木万平、高木心平ではございませんので、
お間違いのないようご理解の程よろしくお願い致します。

株式会社スターダストプロモーション


・・・・・・・・・・

公式facebookページオープン!
高木万平&高木心平の公式facebookページがオープンしました!是非、ご覧ください。
▼高木万平・心平 公式facebook
http://www.facebook.com/takagimanpeishinpei
▼登録方法などは下記をご参照ください。
http://nanapi.jp/4757/

・・・・・・・・・・

公式「Vine(ヴァイン)」オープン!
高木万平&高木心平の公式「Vine」が6/17(水)オープン!
アカウント名:ManShin
※Vine(ヴァイン)は、6秒の動画を投稿・再生する無料アプリです。
Vineアプリをインストール後、「ManShin」で検索してフォローお願いします。

・・・・・・・・・・

スターダストモバイルサイト「スターダストWEB」にて
スペシャル動画『STARDUST POWER PUSH!!』配信中!


『STARDUST POWER PUSH!!』とは、出演作品の紹介や、
これから活躍必須!?のタレントを紹介する特別番組。
高木万平・高木心平W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」の
見どころや撮影中の裏話などを語る「一問一答」の動画をスターダストWEBにて配信中!

▼コメント動画



▼スターダストWEB

http://stardust-web.mobi/

MOVIE

「昭和最強高校伝 國士参上!!」
2016/08/06(土)~08/11(祝・木)
渋谷ユーロライブにて上映
※万平・心平主演

TV

毎週日曜
17:30~
「遊☆戯☆王ARC-V」
テレビ東京系列
※ユート役
公式サイト

RADIO

2016/08/27(土)
27:30~
「サタデードラマハウス“美男子劇場”」
JFN PARK
※第十八弾ストーリー(全4回)「二つの下」第4話

2016/08/20(土)
27:30~
「サタデードラマハウス“美男子劇場”」
JFN PARK
※第十八弾ストーリー(全4回)「二つの下」第3話

2016/08/13(土)
27:30~
「サタデードラマハウス“美男子劇場”」
JFN PARK
※第十八弾ストーリー(全4回)「二つの下」第2話

2016/08/06(土)
27:30~
「サタデードラマハウス“美男子劇場”」
JFN PARK
※第十八弾ストーリー(全4回)「二つの下」第1話

DVD

「昭和最強高校伝 國士参上!!」第二話
発売日:2016年12月25日(日)
価格:5,076円(税込)
発売元:コンセプトフィルム
予約専用フォームはこちら>>

「昭和最強高校伝 國士参上!!」第一話
発売日:2016年10月7日(金)
価格:5,076円(税込)
発売元:コンセプトフィルム
予約専用フォームはこちら>>

「ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~」
発売日:2015年3月12日(木)
DVD価格:8,424円(税込)
Blu-ray価格:9,504円(税込)
発売元:(株)ナノック
★スターダストショッパーズで通販受付中!
通販ページはこちら>>

「疾風 虹丸組」DVD-BOX
発売日:2014年1月15日(水)
価格:7,140円(税込)
発売元:株式会社エスピーオー
★スターダストショッパーズで通販受付中!
オリジナル特典:劇中生写真
通販ページはこちら>>

CM

ケンタッキーフライドチキン「すれ違い篇」
2016/10~

ニュースNEWS

MOVIE

高木万平・高木心平 W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」公開記念トークイベント!

高木万平・高木心平W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」の公開記念トークイベントが、8/4(木)渋谷LOFT 9にて行われ、監督・共演者らと共に万平・心平が登壇した。

同作は、不可能と言われた伝説的実話を、「ビーバップハイスクール」や「さらば、あぶない刑事」などのアクション監督でもある高瀬将嗣監督がメガホンをとって映画化。70年代、東京を震撼させたツッパリ高校生の大抗争をノーCG、ノーワイヤー、早回し加工なしの大活劇で描く。

万平・心平は二人一役というユニークな設定で、主人公の「喧嘩上等」小川錦市を演じる。

小川錦市の高校時代を演じた万平は、同作への出演が決まった当時の心境について「監督に小川錦市という役のお話を頂いたのは、クランクインの半年ぐらい前で、高瀬監督というのは僕にとって凄く尊敬している監督の1人なので、嬉しかったと同時に凄く背筋が伸びました。前回、虹丸組という作品を監督とやらせてもらっているので、今の自分を見せるチャンスだなと思いました。」とコメント。

小川錦市の中学時代を演じた心平は、「初めて台本を頂いた時に、タイトルを見て驚きました。どういう作品なんだろうと想像がつかないというか、ちょっと恐いというか、それくらい迫力のあるタイトルで…。内容を読んだ時に高瀬監督という名前が目に入ってきたので、また監督からお仕事を頂けたということと、監督の青春時代を演じられるということに、俺らで演じられるのだろうかという不安はありました。前回の虹丸組で万平は監督と密度の濃い時間を過ごしたんですけど、僕は虹丸組では少しだけの出演で、監督に凄く恐いイメージがあったので、この作品は心していかないとやばいと思いました。でも、二人で一役というのはやったことがなかったので、楽しみだなという気持ちもありました。万平とは双子ですけど、生きている時間が違うので、全然違う小川錦一を演じていけたらなと、そこを僕は1番大事にしたいと思いました。」と語った。

同イベントでは、来場者からの質問コーナーも設けられ、「自身の演じた役の好きな台詞を実演してください。」というリクエストに、万平は「俺が負けたって言わないかぎり、負けはねぇーんだよ!」と劇中さながらの迫力で熱演。続けて心平も「(万平)俺、士館辞めたくねぇ。」「(心平)俺もそんな俺見たくねぇ。」と万平との掛け合いを実演し、会場からは歓声が上がっていた。

最後は、来場者に向けて、心平「今年の1月からスタートした作品ですが、監督はずっと前から準備して沢山の想いを込めてクランクインした作品です。最初は凄く不安はあったのですが、皆で作っていく中で誰一人その不安は無くなっていて、誰一人妥協もなく、今の時代の人達には忘れかけているものが沢山詰まっていて、タイトルが恐い感じですが、中身は熱くて笑えて最後はスカッとした気持ちで帰れる作品になっています。僕にとってもこの作品は宝物なので、お時間のある方は1度と言わず2回観ても3回観ても、きっと笑えるし新たな作品になっておりますので、何度も足を運んでいただきたいです。明後日の8/6(土)からぜひ皆さん応援宜しくお願いします。」万平「クランクイン前の監督の熱くて大きな想いが詰まっているところからスタートして、キャスト全員が一つになって妥協一つ無い現場で、(主演として)真ん中に立ったという事は自分にとって誇りだし、この作品は自分の役者人生とかではなく、人生において大きいものになったと思います。役者というのは作品が終わったら次の作品へと進むものなのですが、作品のためにここまでプライベートで動いたことはないぐらい動いています。沢山の人に観てほしいと思う作品です。堂々と胸張って観てくださいと言える作品はもしかしたら今の時代は少ないかもしれません。だけど、この作品はそれが言えます。だからこそ沢山の人に観てほしいです。俺は公開が始まってもこの作品が終わるまで、次に繋がるように全力で魂を込めて小川錦市として動いていきたいと思います。ぜひ皆さんこの映画の感想を色んな人に広めて、國士参上ブームを起こすために、皆さん力を貸してください!!」とそれぞれメッセージを送った。

高木万平・高木心平W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」は、2016/8/6(土)~11(祝・木)渋谷ユーロライブにて1,2話同時上映!

痛快!青春大バトル活劇をぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

MOVIE

高木万平・高木心平 W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」完成披露試写会!

高木万平・高木心平W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」の完成披露試写会が、6/1(水)渋谷・映画美学校にて行われ、監督・共演者らと共に万平・心平が登壇した。

同作は、不可能と言われた伝説的実話を、「ビーバップハイスクール」や「さらば、あぶない刑事」などのアクション監督でもある高瀬将嗣監督がメガホンをとって映画化。70年代、東京を震撼させたツッパリ高校生の大抗争をノーCG、ノーワイヤー、早回し加工なしの大活劇で描く。

万平・心平は二人一役というユニークな設定で、主人公の「喧嘩上等」小川錦市を演じる。

上映後舞台挨拶にて小川錦市の高校時代を演じた万平は、「今回撮影にあたってアイパーをかけて、監督に毎日剃りこみを入れられて、制服を現場で着ると気合いが入って、この作品を通して自分自身にも気合いが入ったし、ヤキを入れられたなと思いました。色んな意味で自分の人生において出演できて良かったと思った作品です。沢山の人に観てほしいと思うので、ぜひ宜しくお願いします。」と挨拶。

小川錦市の中学時代を演じた心平は、「中学時代のスタートからということで色々とプレッシャーもあったんですけど、良いパスを出せればなと思ったので、全力で錦ちゃんの一生懸命さを演じました。僕もツッパリが大好きなので、万平と色々と映像を見て、立ち振る舞いや喋り方を勉強しました。スタッフさん、キャストのみなさんに支えられながら、凄く刺激を貰った現場でした。(試写を観るのが)今日2回目なんですけど、やっぱり面白いなと思いましたし、昔の方々の熱い気持ちだったり、今忘れられかけているものが凄く詰まった作品だと思いました。大勢の方に観てもらいたい作品ですので、ぜひ応援宜しくお願いします。」と挨拶した。

学生役を演じるにあたっては、万平「今まで高校生役を色々とやらせてもらってきたんですけど、この歳になるとやっぱり色々と不安になって大丈夫かなと思ったんですけど、現場に行ったら凄く安心しました。(共演者が)おっさんばっかりだなと思って、これはいけると思いました(笑)。」心平「僕は高校生じゃなくて中学生ですからね(笑)。僕も現場に入って共演者を見て大丈夫だなと思いました(笑)。でも見た目どうこうじゃなくて、テンションというか気持ちで思いっきり楽しもうと思ったので、このお話をいただいた時に思いっきり中学生を演じようと思いました。」とそれぞれコメント。

最後に来場者に向けて、万平「本当に熱い作品になりました。監督の熱い気持ちで役者・スタッフ全員が1つになって出来上がった作品だと思っています。あとは結果なので、皆さんどんどん広めてください。第2弾もアクション満載、笑い満載です。とにかく熱でいっぱいの作品になっていますので、是非観てください。宜しくお願いします。」心平「本日は本当にありがとうございました。今の時代になかなか無い作品なのですが、今の時代に無いからこそ伝わるものがあると思っています。第2弾もめちゃくちゃ面白くなっているので、応援宜しくお願いします。」とメッセージを送った。

高木万平・高木心平W主演映画「昭和最強高校伝 國士参上!!」は、2016/8/6(土)~11(祝・木)渋谷ユーロライブにて1,2話同時上映!
痛快!青春大バトル活劇に是非ご期待ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

インタビューINTERVIEW

プロフィールPROFILE

MOVIE

2012年

03月

「桜蘭高校ホスト部」

04月

「センチメンタルヤスコ」
2014年

01月

「疾風・虹丸組」 ※主演

10月

「カバディーン!!!!!!!~怒黒高校篇~」
2016年

08月

「昭和最強高校伝 國士参上!!」 ※主演

TV

2007年

02月

「獣拳戦隊ゲキレンジャー」(テレビ朝日)
※深見レツ(ゲキブルー)役 レギュラー
(~2008年02月)
2008年

09月

「cafe吉祥寺で」(テレビ東京)
※皆川ひふみ役 レギュラー
(~12月)
2009年

01月

「メイちゃんの執事」(フジテレビ)
※赤羽右近役 レギュラー
(~03月)

07月

「任侠ヘルパー」(フジテレビ)
※古賀健介役 レギュラー
(~09月)
2010年

01月

「インディゴの夜」(フジテレビ)
※モイチ役 レギュラー
(~04月)
2011年

07月

「桜蘭高校ホスト部」(TBS)
※常陸院馨(双子の弟)役 レギュラー
(~09月)
2013年

10月

「都市伝説の女2」(テレビ朝日) ※第2話
※城戸祐作役
2015年

10月

「科捜研の女 第15シリーズ」(テレビ朝日) ※第3話
※岩清水修役

STAGE

2009年

01月

「風が強く吹いている」
2010年

04月

「インディゴの夜」

11月

「絆―少年よ大紙を抱け―」
2011年

10月

「絆 2011 -少年よ大紙を抱け―」
2013年

04月

「危機之介御免」 ※主演

07月

「博士と太郎の異常な愛情2013」
2014年

01月

「華アワセ~based on 華アワセ 蛟編」 ※主演

10月

「ダンガンロンパTHE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~」
2015年

07月

「虹のバッキャロー~大倉旅館編第2章~」
2016年

02月

「空のバッキャロー~大倉旅館編第3章~」

OTHER

2014年
兵庫県人権啓発ドラマ「あなたに伝えたいこと」
映文連アワード2015「ソーシャル・コミュニケーション部門」最優秀賞受賞
平成27年度人権啓発資料法務大臣表彰映像作品部門優秀賞

pagetop

page top