STARDUST SECTION3 スターダストプロモーション 芸能3部

SECTION3

shadow
ウノナルミ

宇野愛海

メディアMEDIA

INFORMATION

★宇野愛海オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/narumi-uno/
宇野愛海オフィシャルブログ

MOVIE

■「斉木楠雄のΨ難」2017年10月21日公開
 ☆公式サイト

■「映画 山田孝之3D」

■「デスフォレスト 恐怖の森 3」 内田真由役
(監督/鳥居康剛)
 2015年12月12日~12月18日 ユーロスペース(モーニングショー)

■「罪の余白」 新海真帆 役
(監督/大塚祐吉)
 2015年10月3日公開
 配給:ファントム・フィルム
 ☆公式サイト

■短編映画集『破れたハートを売り物に』
(監督/三島有紀子) ※「オヤジファイト」に出演
 公開:2015年2月28日 17時~(1日のみ)
 ☆詳細はこちら

■「燦燦―さんさん―」 鶴本沙穂役
(監督/外山文治)
 2013年11月16日より全国順次公開
 ★「第10回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013」オープニング作品

TV

■NTV「先に生まれただけの僕」
2017年10月14日スタート 毎週土曜22:00~

公式サイト

■日本映画チャンネル
矢口史靖の「映画の常識・それほんと!?」 2017年2月9日・17日
公式サイト

TX「ウルトラマンオーブ」23話 霧島ハルカ役
2016年12月10日

TX「ウルトラマンオーブ」7話 霧島ハルカ役
2016年8月20日

■TX「こえ恋」
2016年7〜9月
公式サイト

NHK Eテレ「オトナヘノベル」 2016年2月18日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年12月14日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年9月7日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年6月8日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年4月6日

CX「痛快TVスカッとジャパン」 2015年2月16日

TX 水曜ミステリー9 負け組法律事務所  大島沙良役
2015年1月28日

NHK Eテレ 東京特許許可局「特許審査13宇宙受信マシーン」 川内加奈役
 2014年9月1日

EX「警視庁捜査一課9係」第8話 清水桃子役
 2014年8月27日

BS11 乙女の天然水 2014年8月1日

■BSジャパン「なぞの転校生」再放送
 2014年4月6日〜(全12話)

■テレビ東京 「なぞの転校生」春日愛 役
 2014年1月〜3月
 ☆公式サイト

STAGE

■SEVEN FILM第一回プロデュース作品 舞台『VOTE』
【日時】2015年5月20日~24日 下北沢・B1劇場(本多劇場グループ) ※全7公演
【出演】中野マサアキ 富山えり子 根本弥生 関口アナム 布施紀行 成松修 宇野愛海
【演出】谷健二
【脚本】山本浩貴(PU-PU-JUICE)
【企画・製作】SEVEN FILM
【Webサイト】http://www.seven-film.com/VOTE/

■チェーホフ「かもめ」
 ~ 21世紀になり全面化しつつある中二病は何によって癒されるのか、
   あるいはついに癒しえないのか、に関する一考察 ~
【原作】アントン・チェーホフ(底本:神西清訳「かもめ」)
【公演期間】 2014年2月26日~ 3月2日
【会場】 渋谷 ギャラリー・ルデコ 4F
【脚本・演出】 松枝佳紀
 ◎公式サイト

■アロッタファジャイナ2013年8月番外公演
 「被告人~裁判記録より~」
 公演時期:2013年8月27日~9月1日
 公演場所:渋谷ギャラリー・ルデコ4F
 構成・演出:松枝佳紀
 ◎HP 
 ◎CoRich 

DVD

■「なぞの転校生」DVD/ Blu-ray BOX
2014年5月14日発売

■オムニバスサスペンス・ホラー
「ヒトコワ -ほんとに怖いのは人間-」
監督/児玉和土
キャスト 飛鳥凛 早織 岡本杏理 川久保拓司 宇野愛海
発売日:2012年12月5日
価格:3,990円
仕様: 本編約60分  16:9 ドルビーデジタルステレオ・日本語 カラー
品番:SDP-1046
発売元・販売元:SDP

MAGAZINE

'16.07/01 : 東京ディズニーリゾート レストランガイドブック 2016-2017
'16.06/25 : ディズニーファン8月号
'10.08/24 : 夕刊フジ
記事はこちら
'10.07/03 : ちゃお8月号「めちゃモテシアター第2弾」
'09.11/02 : なかよし12月号
Pure☆Pure vol.48

CM

■KADOKAWA・DWANGO「代ゼミNスクールPV」
 2016年1月11日~

 ☆映像はこちら

■KADOKAWA・DWANGO「N高等学校 PV」
 2015年10月13日~

 ☆映像はこちら

■セブンイレブン「ドーナツ」 2015年9月30日~

■KADOKAWA・DWANGO「通信制高校新設PV」
 2015年7月8日~

 ☆映像はこちら

■日本コカ・コーラ
「コカ・コーラ」“ネームボトル”(グラフィック)

■資生堂「SEABREEZE」
 2013年2月21日~
 http://www.seabreezeweb.com/

PV

■井上苑子「赤いマフラー」2014年11月19日発売

WEB

■ネスレシアター「わかれうた」野瀬瑞恵(高校生)役
 https://nestle.jp/wakareuta/

■Moviewarlker「今月の映画美少女」  2015年12月5日~
 ⇒ こちらから

■攻殻機動隊ARISE borderless:project
 山岡大祐監督「島村ユキは田中ケンジを忘れない」 島村ユキ役
 ☆詳細はこちら

■OCN OGグラビア「Girls!Girls!Girls!」
  http://www.ocn.ne.jp/game/og/

ニュースNEWS

MOVIE

宇野愛海 映画「デスフォレスト 恐怖の森 3」初日舞台挨拶!

宇野愛海主演映画「デスフォレスト 恐怖の森 3」が12/12(土)公開初日を迎え、渋谷・ユーロスペースで行われた舞台挨拶に宇野が登壇した。

同作は15万人以上動員した「ニコニコ超会議2015」の“超ホラーゲームお化け屋敷”で人気急騰、謎の生き物、巨大顔面怪物・ヨシエが恐怖の森を徘徊するホラーゲーム「デスフォレスト」の待望の実写映画化第3弾。森奥深くを彷徨い、死の森に迷い込んだ人間たちを喰いつくすも満たされず、前作で森から下界に降臨した怪物・ヨシエが、さらなる獲物を求めてついに東京に上陸、主人公・内田真由らと決死のサバイバルを繰り広げる。

家出計画を実行した内田真由ら高校生男女5人が深夜のバス乗り場に到着した。義父からDVを受けていた真由は、東京に住む叔父・一輝を訪ねるつもりだった。
しかし、東京行きの最終バスに駆け込もうとした瞬間、一人の薄気味悪い老婆に行く手を阻まれ、真由たちは人気のない暗い道の中、徒歩での峠越えを余儀なくされる。
一方、ヨシエの正体を探るフリー記者・内田一輝は、ヨシエによる事件の生存者たちの行方を探していた。そこへ内田の携帯に1本の電話が入る。姪の真由が家出をし、行方不明だという。
再びヨシエのデスマーチが内田の脳裏に響き始める。これはヨシエが近くに出現する危険信号。まさか、真由たちを追って、この大都会東京にヨシエが現れるというのか…。

主人公・内田真由を演じた宇野は同作が映画初主演。撮影について、「お話をいただいた時はすごく不安だったのですが、現場がアットホームで和気あいあいとした感じだったので、良い意味であまり緊張せずに、周りの方に助けていただきながら真由を演じきることができました。とても楽しかったです。」と振り返った。

また、「デスフォレスト 恐怖の森」の実況動画を見た時の感想を聞かれ、「ホラー系は大丈夫なのですが、巨大な顔面がせまってくることがなかなかないので(笑)、不思議な体験でした。撮影ではヨシエが実際にいなかったので、実況動画でせまってくる顔面を目に焼き付けて、思い出しながら演じました。」と語った。

最後に、「ホラー映画なのでもちろん怖いのですが、真由と父親との関係性など、人間関係も描かれているので、そういったところにも注目していただけたらと思います。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「デスフォレスト 恐怖の森 3」は、ユーロスペースにて1週間限定モーニングショー!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

MOVIE

宇野愛海 映画「罪の余白」女子高生試写会!

宇野愛海出演映画「罪の余白」の女子高生試写会が9/28(月)都内で行われ、大塚祐吉監督、共演の吉田美佳子さんと共に登壇した。

同作は、第三回野生時代フロンティ文学賞を受賞した芹沢央さんの同名小説を、ギャルを題材にした「Girl's Life」やヒューマンファンタジードラマ「スープ~生まれ変わりの物語~」、日仏合作映画「フレア」などの大塚祐吉監督によって映画化。妻を亡くし男手ひとつで娘を育て上げた父親が、突然訪れた娘の死の謎を追ううちに、そこに隠された真実を知っていく人間ドラマが繰り広げられる、まさに<衝撃×極限>の心理戦エンタテインメントとなっている。

高校のベランダから転落した一人娘・加奈(吉田美佳子)の死を、父親の安藤聡(内野聖陽)は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか―。事件か事故か?安藤は、行動心理学者でありながらも、娘の異変に気づかなかった自分を責めながらも真相を追いはじめる。そんな時、加奈のクラスメート・木場咲(吉本実憂)が現れる。娘の死に涙する美貌の少女…。しかし彼女は、教師、生徒、警察の心を操り、スクールカースト頂点に君臨する狡猾で残忍な悪魔のような少女だった―。

宇野は咲、加奈と同じグループのクラスメートで学校一美しい咲に憧れている新海真帆を演じる。

宇野が演じた真帆、そして吉田さんが演じた加奈は大勢のオーディションの中から選ばれた。大塚監督はオーディションの時に“覚悟は出来ています”と宇野が言ったことが印象的だったという。当時のことについて宇野は、「直観なのですが、真帆役のオーディションに参加しなかったら後悔すると思いましたし、私が参加したら絶対に面白い作品になるという自信がありました。」と強い思いをもって挑んでいたことを告白。

真帆は加奈と同様、咲に常に追い込まれる役どころ。本気で役と向き合ったからこそ生まれた感情もあったようで、その一つとして唯一、真帆がはじけたり怒鳴ったりするクラブでのシーンについて、「真帆は加奈のことが大嫌いなのですが、堂々と加奈を罵るのは咲の役目だったので、調子に乗った状態で加奈を罵れるのはとても気持ちが良かったです。半分本心です(笑)。」と振り返った。

そして最後に、「メインに描かれているのは安藤と咲のバトルですが、学校でのシーンはもしかすると身近なもので、共感していただける部分があるかもしれません。どの年代の方がご覧になっても、いろいろな視線で楽しめる映画だと思うので、ぜひ観ていただきたいです。よろしくお願いします。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

娘を亡くした行動心理学者の父親VS命を弄ぶ邪悪な女子高生の究極の心理戦エンタテインメント!
映画「罪の余白」は、10/3(土)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショー。ぜひ劇場でご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

MOVIE

2008年

05月

YOSHIMOTO DIRECTOR’S 100
ショートフィルム「Whisper~だから彼女はささやいた~」
(監督/友近) ★詳細はこちら
2009年
VIPO「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」
『きみは僕の未来』(監督/浅野晋康)
2011年
「わたしたちがうたうとき」
 (監督/木村有理子)

TV

2008年

11月

「あるがままの君でいて」(TBS)

MAGAZINE

2007年
「なかよし」 07年8月号

CM

2008年
東海漬物「きゅうりのキューちゃん~大釜篇~」

PV

2012年
ZONE「treasure of the heart~キミとボクの奇跡~」
(2012.06.06)

pagetop

page top